Help

万葉集 巻10-1829:古名:あずさ(梓)(安都佐)キササゲ(木大角豆)  ノウゼンカズラ科

Photos: 万葉集 巻10-1829:古名:あずさ(梓)(安都佐)キササゲ(木大角豆)  ノウゼンカズラ科

Photos: ナツツバキ(夏椿) 別名:シャラノキ(娑羅樹) ツバキ科 Photos: 万葉集:巻20-4448 アジサイ(紫陽花) ユキノシタ科

原文:梓弓 春山近 家居之 續而聞良牟 鴬之音

読み:梓弓 春山近く 家居れば 継ぎて聞くらむ 
   鴬の声

仮名:あづさゆみ はるやまちかく いへをれば 
   つぎてきくらむ うぐいすのこえ
 
意味 :春の山辺に建てた家にいると
    たえまなく鶯の鳴く声が聞こえることだ
    まだ寒さが、弓矢のように突き刺すけれども


万葉集 巻10-1829

Albums: Public

Tag: 万葉集

Favorite (2)

2 people have put in a favorite

Comments (3)

  • ☆トミー

    穂の国さんへお気に入り有難う御座います。

    06-05-2015 17:53 ☆トミー (43)

  • 宙そら

    山里で鶯の鳴く頃は、まだ、肌寒い頃ですね。
    朝方によく聞きました。

    06-08-2015 10:37 宙そら (33)

  • ☆トミー

    宙そらさんへコメントお気に入り有難う御座います。
    鶯が鳴くころはまだ寒いですね。

    06-09-2015 05:34 ☆トミー (43)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.