シュガーダディで被通報回数を確認する方法|通報方法も紹介

シュガーダディで被通報回数を確認する方法|通報方法も紹介

※本記事では、アフィリエイト広告を掲載しています。

「シュガーダディの被通報回数の見方は?」
「シュガーダディは自分が受けた通報の回数は確認できる?」

このように通報回数について疑問をお持ちの方が多いです。

シュガーダディの通報回数は、パパ活を安全に行っていく上でとても重要なものです。

そこで今回は、シュガーダディの通報回数について詳しく解説していきます。

気になる相手の通報を受けた回数を見る方法自分が受けた通報の回数は見れるのかなど紹介するので是非参考にしてください。
また、男性会員だけが利用できる被通報回数を隠す裏ワザもお伝えします。

シュガーダディ(SugarDaddy)の運営から警告メールが届いた方、安全な相手か気になる方必見です!

パパ活アプリ
BEST
4
特徴

Love&
(ラブアン)

【男性からの支持率No.1】
女性のプロフィール動画が見れる
男性月額料金が安くコスパ良し
・近くにいる相手と即マッチ可能
・20代前半女性の割合が高い
\無料登録で異性のプロフ見放題/
無料登録はこちら

paters
(ペイターズ)

【会員数No.1のパパ活アプリ】
会員数200万人でパパと出会いやすい
男性の半数以上が経営者・役員の太パパ
・ご飯のみでも稼ぎやすい
・運営の監視体制バッチリで安心◎
\無料登録で異性のプロフ見放題/
無料登録はこちら

ワクワクメール

【運営歴23年の老舗サイト】
・会員数が多く地方でも出会いやすい
検索機能が充実で理想の相手◎
・掲示板があるので誘いやすい
無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「Pappy(パピー)」
Pappy
(パピー)

【新しいパパ活アプリ!】
・ライバルが少なく出会いやすい
・他のアプリで出会えなかった人におすすめ

無料登録はこちら
2〜3個併用すると出会える確率UP
サービス名SugarDaddy(シュガーダディ)
会員数非公開
運営歴2015年2月〜
女性料金完全無料
男性料金
(税込)
プレミアム会員
1ヶ月プラン:8,000円
3ヶ月プラン:7,500円
6ヶ月プラン:7,000円
12ヶ月プラン:6,000円
ダイヤモンド会員
1ヶ月プラン:30,000円
3ヶ月プラン:25,000円
6ヶ月プラン:20,000円
12ヶ月プラン:15,000円
年齢層男性:30〜50代
女性:20〜30代
男女比3:7
年収証明あり
登録方法電話番号
身バレ対策あり(ステルスモード)
運営会社シナプスコンサルティング株式会社
〒060-0042 札幌市中央区大通西17丁目1-14 旭堂第2ビル2F
011-676-8388
資格・インターネット異性紹介事業届出 認定番号 3015002400
・総務省 第二電気通信事業 届出番号 J-29-631
・商標登録 SugarDaddy/ シュガーダディ 第 5767787 号
公式サイトhttps://sugardaddy.jp/
引用:SugarDaddy(シュガーダディ)公式サイト
SugarDaddy(シュガーダディ)のメリット
  • 女性はすべての機能が完全無料で使える
  • マッチングなしでメッセージが送れる
  • 10年以上の運営実績があって信頼性が高い
  • 会いたい日からパパを探せる
  • 24時間365日で運営が管理しているから安心
  • 年収証明をしている男性が多く太パパを見つけやすい
SugarDaddy(シュガーダディ)のデメリット
  • 初心者向けのパパ活サイトだから足元を見られる可能性がある
  • 顔写真なしで使えるから顔がわからない会員が男女ともに多い

\ 無料登録だけで相手のプロフィールが見れる /

目次

シュガーダディの通報・被通報機能について

では、まずシュガーダディ(SugarDaddy)の通報・被通報機能がどのようなものなのか解説します。

シュガーダディの通報・被通報機能について

通報とは

まず、通報とはどういう機能(意味)なのかを説明します。

シュガーダディの通報は、異性の迷惑(不快な)行為を運営に報告することです。
後述でもお伝えしますが「詐欺」や「業者」などの悪質ユーザーが通報対象となります。

なお通報は、利用規約を守り常識的に利用していれば通報されることはほぼありません。

被通報とは?

では次に、被通報についてお伝えします。

被通報とは、異性から通報されたことを意味します。
そして、シュガーダディではその被通報の回数を第三者にわかる仕組みになっており危険な人物か見分けることができるのです。

すなわち、第三者に迷惑行為を行った人物であることを知らせるもので、利用者が安全に利用できるための安全対策機能ということです。

シュガーダディの通報のやり方

シュガーダディ(SugarDaddy)で、迷惑な会員を通報する手順を説明します。

シュガーダディの通報のやり方

通報の手順

シュガーダディの通報は以下の手順で行います。

通報したい異性のプロフィールを開ける

通報したい相手のプロフィールを開けてください。

右上の「…」をタップする

画面右上に表示された「…」をタップしてください。

違反報告をタップする

違反報告をタップしてください。

​​なお、間違えて通報してしまった場合は取り消しができないので、通報する相手を間違えないように気を付けましょう。

通報の注意点

では、シュガーダディの通報についての注意点を紹介します。

サイト内以外のトラブルは対処できない場合がある

シュガーダディでは、悪質なユーザーを運営に報告することができますが、サイト内以外のトラブルは対処できない場合があります。
すなわち、通報しても全て対処してもらえるとは限らないということです。

以下のような、サイト内以外のトラブルは対処が難しいです。

対処が難しいトラブル
  • 外部のアプリ/サイトに移動してから発生したトラブル
  • お会いしている際に発生したトラブル
  • 通話等の記録に残らない連絡で発生したトラブル

このようなトラブルに関しては、運営も対処できない場合があるので注意しましょう。

特に、お手当など当事者間のやりとりに関しては、シュガーダディ側が介入することはできないのでトラブルを未然に防ぐ対策をしっかり行っておくことをおすすめします。

また、シュガーダディは通報内容の事実確認を行う観点からサイト内でのやりとりを推奨しています。

仲良くなるとLINEなどでやりとりを行うようになりますが、なるべくシュガーダディ内でのやりとりを行いましょう。

制限回数がある

通報は、回数の制限が定められているので、短期間のうちに何度も通報することはできません。
嫌な思いをしたからといって、全ての人に通報できないということです。

なお、回数は一定期間経過すると回復し再び通報ができるようになりますが、通報回数や回復期間については開示されておりません。

コンタクトのない相手には通報できない

シュガーダディでは、間違いを防ぐためにメッセージで一度もやりとりのない相手への通報はできない仕組みになっています。
そのため、不審な会員を見つけた場合は、シュガーダディのお問合せフォームから連絡しましょう。

なお、やりとりのある相手の違反報告を行う場合は、お問合せフォームからはできません。

前述でお伝えした通報手順で行ってください。

シュガーダディで通報を受けるとどうなる?

では次に、シュガーダディ(SugarDaddy)で通報されるとどうなるのか解説していきます。

いいねが減る・マッチング率が下がる

シュガーダディでは、異性の被通報回数が確認できるので通報される回数が増えてくると危ない人物と判断さます。
そのため、異性からのアプローチ(いいね)が減ったり、アプローチしてもマッチングが成立しづらくなります。

通報回数が多い相手は問題があると見なされるので、異性との出会いに大きく左右します。

以前よりいいねが減ったりアプローチしてもマッチングしにくくなった場合は、通報されていると思った方が良いでしょう。

イエローカードが表示される

通報された回数が一定数溜まると、運営から警告メールが届きイエローカードが3日間表示されます。
イエローカードが表示されている間は、マッチングはほぼ不可能と考えた方が良いでしょう。

なお、行動を改めないとイエローカードより厳しいペナルティを受けることになるので、通報を受けるようなことはしないように心掛けることが大切です。

強制退会を受ける場合がある

通報された回数が一定数溜まるとイエローカードが表示されるとお伝えしましたが、イエローカードを受けても同じ行動を繰り返すとさらに厳しいペナルティを課せられパパ活ができなくなる可能性があります。
なぜなら、通報数が上限を超えると、強制退会処置を受けてしまうからです。

なお、通報回数の上限は開示されておりません。

シュガーダディでは、強制退会を受けると再登録はできないので通報を受けるような行動は控えましょう。

相手の被通報回数を見る(確認)方法!どこで見れる?

それでは、シュガーダディ(SugarDaddy)の相手の被通報回数を見る方法を紹介します。

被通報回数とは、通報された回数です。

被通報回数の見方

シュガーダディの被通報回数は、異性のプロフィール画面の「会員データ」から確認することができます。

また、通報された回数だけでなく理由も知ることも可能です。

被通報回数を見れる条件

性別条件
男性ダイヤモンド会員
女性本人確認済み

シュガーダディで被通報回数が確認できるのは、ダイヤモンド会員(男性)と本人確認済みの女性会員のみです。
そのため、男性の無料会員、プレミアム会員(有料)、本人確認を行っていない女性会員は被通報回数は見ることはできません。

なお、ダイヤモンド会員はシュガーダディの全ての機能を使うことができる最高ランクの男性会員のことです。

こちらの記事では、シュガダのダイヤモンド会員が使える機能やダイヤモンド会員になる条件について詳しく解説しています。

被通報回数は一定期間でリセットされる

【追記】

2023年5月通報ルールの変更により、通報数のリセットは廃止されました。
1ヶ月間通報がなくても通報数はリセットされません。

シュガーダディの被通報回数は、最後に通報されてから1ヶ月通報がない場合は通報数がリセットされます。

リセットはされますが、通報を受けるようなことを行わないのが一番です。
なぜなら、通報が多い人物は強制退会を受ける可能性があるからです。

自分の被通報回数を見る(確認)方法

では次に、自分の被通報回数を見る方法を解説していきます。

自分の被通報回数は見れない

シュガーダディ(SugarDaddy)では、自分の通報回数は見ることはできません。

なぜなら、被通報回数(通報された回数)は第三者に開示されるものだからです。

マッチング相手に見せてもらう

シュガーダディは、利用しているアカウントから自分の被通報回数は確認できないですが、マッチングした相手に自分のプロフィール画面を見せてもらい確認することはできます。

通報の話題を出し、お互いに見せ合うような流れにできれば確認することが可能です。

ただし、女性の場合、相手(男性)がダイヤモンド会員でなければ確認することができません。

異性の友人にシュガダに登録してもらう

異性の友人にシュガーダディを登録してもらい、自分の被通報回数を確認する方法もあります。
しかし、男性に登録してもらう場合は、ダイヤモンド会員になるための年収証明を行う手間がかかるので難易度は高いです。

女性の友人にお願いする場合も、無料とはいえ本人確認で公的身分証明書を運営に提出してもらわないといけないので抵抗なく行ってくれる人を探す必要があります。

シュガーダディで通報される原因

では、シュガーダディ(SugarDaddy)で通報を受けないようにするためにも、どのようなことが原因で通報されるのか見ていきましょう。

ビジネスの勧誘や業者

シュガーダディの会員の中には、男女の出会い目的ではなくビジネスや風俗などの勧誘目的で登録している人(業者)もおり、以下のようなパパ活以外の目的でパパ活アプリを利用しています。

パパ活以外の目的
  • ネットワークビジネス(マルチ商法)や情報商材の販売
  • 他のアプリ/サイトへの誘導
  • セミナー、宗教、投資の勧誘
  • メールアドレス、電話番号などの個人情報を聞き出す

このような行為は、シュガーダディの利用規約で禁止されており通報対象となっています。

パパ活アプリを利用者は、このような勧誘や業者がいることを知っているので、ビジネスの勧誘目的でなくても勘違いされるような発言は控えるのがベストです。
なぜなら、勧誘や業者に敏感になっている人は、すぐに相手を怪しむ傾向にあるからです。

下品・卑猥なメッセージ

男性の通報される原因に多いのが、いきなり大人の関係求める内容やいやらしい内容のメッセージです。

メッセージで、下ネタなど品のないメッセージを何度も送る執拗な男性は通報回数が多い傾向にあります。

下品・卑猥なメッセージは、相手が不快に感じるだけでメリットは全くありません。

そもそも、常識的・紳士的な男性会員であれば、女性に対してこのようなメッセージは送ったりしません。

メッセージを無視

下品や卑猥な気持ち悪いメッセージに対して、反応せずに無視していると通報を受けることがあります。

通報を受けないようにそのようなメッセージにも対応しないといけないのかと思うかもしれませんが、不快に感じる内容ならこちらから通報してブロックすれば大丈夫です。

仮にそのような相手から通報されたとしても、運営が調べればどちらが悪いのかははっきり分かるでしょう。

約束した条件と異なる

パパ活では、約束した条件と異なる場合、通報を受けることがあります。
例えば、お手当を支払わずに逃げてしまうパパや、体の関係ありの条件で行為を行わずお金だけを騙しとるパパ活女子の場合です。

このように、お手当や約束に関する通報はありますが、パパ活において条件は個人間の約束なので運営は対応できません。
そのため、通報しても問題は解決されないので、トラブルを未然に防ぐための自己対策(先払いなど)が必要です。

なお、パパ活は条件を基に成り立っている関係なので、約束は必ず守るようにしましょう。

ドタキャン

ドタキャンは、通報でよくある原因のひとつです。

顔合わせの約束をしていたのに、連絡もなく来ない場合があります。
無断ドタキャンは明らかな迷惑行為で、パパ活でなくても連絡なしのドタキャンはマナー違反です。

仕事の事情や体調不良などやむを得ない理由があってキャンセルする場合は、必ず連絡することが必要です。

中には、ドタキャンして相手をブロックする悪質なユーザーもいます。

プロフィールの詐称

職業や年収など嘘の申告をしていた場合プロフィール写真と違い過ぎていた場合も通報されることがあります。

また、確率的には少ないですが相手が18歳未満(高校生)で年齢を偽ってパパ活アプリを利用していた場合で通報されることもあります。

パパ活マッチングアプリは、18歳未満の利用は禁止されているので通報を受けるだけでなく公文書偽造など運営側から厳しい措置がとられる可能性もあるのでやめておきましょう。

犯罪行為(窃盗・詐欺・暴力)

窃盗・詐欺・暴力などの犯罪行為は通報の原因になりますが、パパ活サイト内だけで済ませる問題ではなく警察も関わる内容です。

相手に暴力を振るわれた、お金や装飾品を盗まれた、ストーカーされているなどこのような被害は実際にあります。
パパ活は、グレーな面もあるので泣き寝入りするしかないのではと考えますが、パパ活で詐欺に遭った場合は警察署に被害届を出すことはできます。

なお、このような被害に遭わないように、警戒心を持ち貴重品は持っていかないといった対策をしておくことをおすすめします。

勘違いや逆恨み(晒し行為)

何も悪いことをしてない、心当たりがないのに通報されていたなんてことがある場合もあります。
そのような場合は、話の食い違いや単純に逆恨みが多いです。

丁寧にお断りしても、大人の関係を断られた、お手当を要求された、メッセージの返信がないなどの理不尽な理由で通報する人がいます。

また、自分の思い通りにならず逆恨みで晒し行為を行う人もいます。
そのような行為も、晒された相手から通報を受ける原因になります。

シュガーダディで通報を受けないコツ【男性編】

シュガーダディ(SugarDaddy)で、通報を受けないためのコツを男女別に紹介していきます。

約束は必ず守る

男性がシュガーダディで通報されないコツは、女性との約束を必ず守ることです。
特に女性は、お手当を払わない男性の存在を警戒しており敏感になっているので、お手当の未払いは即通報を受けてしまいます。

実際に、男性が通報されるケースとして約束したお手当をきちんと支払わない原因が多いです。

パパ活は男性女性の約束関係で成り立っており約束を守るのは基本なので、事前に約束したお手当は必ず支払いましょう。

そして、お手当の先払いはパパ活の常識です。
それが、あなたとの時間を安心して過ごせる女性への配慮にもなります。

嫌がることはしない

パパ活に限らずですが、女性が嫌がるようなことは絶対にやめておきましょう。
なお、シュガーダディの利用規約では、誹謗中傷や嫌がらせは禁止行為に該当します。

女性に対して下品なメッセージを送ったり、暴言を吐く行為は通報される可能性が高いです。

第11条【禁止行為】
・他の会員あるいは第三者のプライバシーを侵害する行為、個人情報や肖像の掲載、会員の誹謗中傷、いやがらせ、侮辱、差別等名誉を傷つける全ての行為。

シュガーダディ「利用規約」より引用

無理に大人の関係を求めない

強引に肉体関係を求めると、通報されやすいです。
なぜなら、パパ活女子は、食事のみで大人の関係を持ちたくないと考える人が多いからです。
そのため、相手のプロフィールから「出会うまでの希望」をチェックすることをおすすめします。

交際タイプを「食事を楽しみたい」にしている女性は、肉体関係を持ちたくない派なのでそのような相手には大人の関係を求めるのは控えてください。
大人の関係が期待できるのは、「相手に合わせる」「積極的」を選択している女性です。

パパ活以外の目的で利用しない

シュガーダディ(SugarDaddy)の会員は、パパ活目的で利用している人がほとんどです。
そのため、ビジネス目的や勧誘などのパパ活目的以外で使うと通報されます。

業者などの存在は知られており警戒する女性も多く成功する確率も低いので、利益目的でシュガーダディに登録するくらいなら別のサービスを使うほうが賢明です。

シュガーダディで通報を受けないコツ【女性編】

では次に、女性のシュガーダディ(SugarDaddy)で通報を受けないコツを紹介していきます。

ドタキャンをしない

ドタキャン行為は、パパ活女子に多い通報です。

男性側も忙しいスケジュールを調整してくれているので、ドタキャンをされるといい気はしません。
急遽用事ができた場合や体調不良の場合は、必ずパパに一報を入れるようにしましょう。

また、連絡なしのドタキャンは完全にアウトです。
即通報されてしまいます。
自分がされて嫌なことは、絶対にしないことが大切です。

金銭的な問題を起こさない

パパ活は、お金が関わる関係なので金銭トラブルに繋がりやすいです。
金銭トラブルを起こしてしまうと、通報されるだけでなく訴えられるリスクもあります。
そのため、金銭トラブルは起こさないようにしましょう。

条件交渉の時点で折り合いが付かない場合は、やり取りを長引かせるとトラブルになってしまうこともあるので別のパパを探す方が賢明です。

コミュニケーションをとる

女性がシュガーダディで通報されないコツとして、パパと会うまでしっかりコミュニケーションを取っておくことです。

パパとしっかりコミュニケーションを取り、お互いの条件を明確にしておくことが大切です。
なぜなら。条件やお手当の金額などを事前に決めておかないと、トラブルになり通報される可能性があるからです。
特に、どういう交際・関係を望んでいるかはっきりさせておかないと、パパが勝手に期待してしまい会った時に話が違うと怒りトラブルになることがあります。

また、パパへの気遣いも重要です。
お手当を貰う以上、男性に対して感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

稀にですが、「若い女の子がおじさんと遊んであげているんだから」といった感じで上から目線になっている女の子もいます。
そういった考えの女の子は、傲慢さから通報を受けることに繋がるので注意しましょう。

シュガーダディで通報を受けた場合の対処法

シュガーダディ(SugarDaddy)で通報を受けた場合の対処法について徹底解説していきます。

ダイヤモンド会員になる

シュガーダディのダイヤモンド会員は、自分の被通報回数を女性に隠すことができます。
そのため、女性はダイヤモンド会員の被通報回数は確認することができません。

また、ダイヤモンド会員は、強制退会を無効化することも可能です。

通報回数が心配な方や警告メールが届いたことがある方は、ダイヤモンド会員になることをおすすめします。

ただし、ダイヤモンド会員で通報された回数を知られることがないからと言って違反行為をしていいわけではありません。

なお、女性はダイヤモンド会員の被通報回数を見ることはできませんが、悪質なダイヤモンド会員を通報することは可能です。

他のパパ活アプリを利用する

シュガーダディで通報を受けると、危険人物と判断されアプローチ減ったり、マッチングが成立しにくくなります。
そのため、通報数がリセットされるまでペイターズやラブアンなど他のパパ活マッチングアプリを利用すると良いでしょう。

また、通報回数がリセットされた後も、複数のマッチングアプリ・パパ活アプリを利用することをおすすめします。
なぜなら、出会えるチャンスが格段に増えるからです。

退会して再登録する

自分の被通報回数が多いかもしれないと心配な方は、1度退会して再登録してみましょう。
退会すると情報がリセットされるので、最も手っ取り早い対処法です。

なお、退会すると全てのデータが削除されるので登録していたプロフィール情報(自己紹介など)やマッチングしていた相手とのメッセージのやり取りは見れなくなります。
そのため、気に入った相手の名前などメモしておくと良いでしょう。

ただし、再登録してリセットしても再び通報されたら同じ状況になってしまうので、通報されないよう行動することが大切です。

こちらの記事では、シュガーダディの退会方法を詳しく解説しているので参考にしてください。

行動を自粛する

通報回数がリセットされるまで行動を自粛することも大切です。
なぜなら、通報がリセットされるまでにまた通報されてしまうといつまで経っても通報回数をゼロにすることができないからです。
自粛期間に、通報された理由を考えしっかり反省しましょう。

そして、当然のことですが、通報を繰り返さないためには通報を受けないような行動を心掛け異性への接し方を改めることが必須です。

シュガーダディの通報・被通報に関するQ&A

では、シュガーダディ(SugarDaddy)の通報・被通報についてよくある質問にお答えしていきます。

シュガーダディはブロックされたら通報できない?

シュガーダディは、ブロックされても通報は可能な場合があります。

そもそも、シュガーダディのブロック機能は通報を防ぐものではありません。

シュガーダディは通報理由を知ることはできる?

シュガーダディは、通報回数に加え通報理由も知ることができます。

シュガーダディの被通報回数が見れない

シュガーダディの被通報回数は、ダイヤモンド会員(男性)と本人確認を行った女性会員しか見れません。

男性の無料会員・プレミアム会員・本人確認・プロフィール写真の登録を行っていない女性会員は、見れない仕組みになっています。

シュガーダディの通報回数(通報・被通報)についてのまとめ

今回は、シュガーダディ(SugarDaddy)の通報・被通報について紹介しました。

シュガダの通報・被通報まとめ
  • シュガーダディの通報は、異性の迷惑行為を運営に報告すること
  • 被通報とは、異性から通報されたこと
  • シュガーダディは、異性の被通報回数が分かる
  • シュガーダディは、自分の被通報回数は見れないが方法はある
  • ダイヤモンド会員は被通報回数を隠すことができる
  • 通報回数は、一定期間でリセットされる(2023年5月に廃止されました。)
  • 通報できる回数に上限がある
  • 通報回数が多いと、強制退会になる場合がある

シュガーダディには通報機能がありますが、常識的に利用していれば通報を受けることはありません。
そして、被通報回数が多い会員は男女共に警戒され、うまくパパ活ができなくなるので異性に迷惑行為をしないように心掛けることが大切です。

利用規約や相手との条件・約束を守り、楽しいパパ活ライフを送りましょう。

シュガーダディは会員数も多く口コミの良い人気のパパ活マッチングサイトなので素敵な相手が見つかること間違いなしです!

コメント

コメントする

目次