ペイターズは既婚者でも安全な理由!リスクや見分け方など丸わかり

ペイターズは既婚者でも安全な理由!リスクや見分け方など丸わかり

※本記事では、アフィリエイト広告を掲載しています。

「ペイターズは既婚者でも利用できる?」
「既婚者とパパ活すると不倫になる?」
このように、ペイターズでの既婚者のパパ活について疑問や不安をお持ちの方がいらっしゃいます。
現在さまざまなマッチングアプリがあり、恋活・婚活を目的とするマッチングアプリの場合は、既婚者の利用は禁止されています。
しかし、ペイターズは同じように男女の出会いをサポートするマッチングサービスですが、パパ活を目的とした既婚男性の利用者が多いのが現状です。
そこで今回は、ペイターズでの既婚者のパパ活について徹底解説していきます。
ペイターズで既婚者とパパ活をするリスク主婦もパパ活ができるのかなど紹介するので是非参考にしてください。
パパ活のリスクが心配な方、ペイターズ(paters)で独身者と出会いたい方必見です。

目次

ペイターズ(paters)は既婚者でも利用できる?

ペイターズ(paters)の既婚者の利用について解説していきます。

ペイターズは既婚者でも利用できる?

利用規約違反ではない

現在、マッチングアプリには、さまざまな目的のものがあり大きく分けると以下のような目的に分類できます。

種類目的内容
婚活結婚を前提とした相手(結婚相手)を探す
恋活フィーリングの合う恋愛対象(恋人)を探す
デートデートや食事などをする相手を探す
出会い系金銭・体を目的とした相手を探す

ペイターズは、上記のデート・出会い系のパパ活マッチングアプリ当てはまり、デートや金銭、体を目的とした出会いを見つける場所で、最近ではゴルフコースを一緒に回りたい、ジムに一緒に通いたいなど築きたい関係、行きたい場所など目的別に相手を探せるようにもなっています。
また、ペイターズを人脈作りや話し相手探しなどパパ活以外の目的で利用している人もいます。
このようにペイターズは、パパ活にとらわれない、さまざまな目的で相手を探せるマッチングアプリですが、ペイターズ(paters)の公式ページでは以下のように記載されているので、表向きはパパ活マッチングアプリではありません。

<ペイターズ(paters)の公式ページより>

パパ活や援助交際等といった金銭のやり取りを前提とした出会いを推奨するサービスではありません。また性的な欲求を満たすためだけの利用は禁止しております。

しかし、ペイターズ(paters)は男女共にパパ活目的で利用している方がほとんどで、既婚者の利用者が多いのが現状です。
そのため、婚活・恋活を目的としたマッチングアプリは原則既婚者の利用はNGですが、ペイターズは既婚者でも利用は可能ということになります。
なお、ペイターズの利用規約にも既婚者の利用を禁止しているという旨の記載はなく、以下のような表現で記載されています。

第5条(利用資格)
18歳以上の男女の方が利用可能なサービスとなります。年齢および独身の判断は、当社が会員登録の申し込みの際に利用者より提供された生年月日、交際ステータス、本人の自己申告等を元に合理的な範囲で行うものであり、全ての本サービスの利用者が常時18歳以上かつ独身であることを当社が保証するものではございません。

ペイターズ「利用規約」より引用

ペイターズの既婚者の割合

ペイターズに登録している男性(パパ)の年齢は、30代〜60代くらいの年代が多いです。
ペイターズ利用者の既婚者の具体的な割合はわかりませんが、年齢的に既婚者の割合は多いと考えることができます。
ペイターズ(paters)は、ラブアンのように相手の婚姻状況や男女別の会員数の公表はしていないので確かな割合を出すことは難しいです。

しかし、ペイターズは年収の高いハイスペックな男性の利用者が多く、年齢層から見ても既婚者である割合が高いと言えるでしょう。
そのため、独身者もいますが、既婚パパに出会う可能性の方が高いです。

ペイターズの公式サイトはこちら

ペイターズで主婦(既婚者)もパパ活できる?

ペイターズは、主婦(既婚者)もパパ活ができるのか解説していきます。

主婦のパパ活事情

パパ活は、20代前半の大学生を中心に行われているので、主婦でもパパ活はできるの?という不安があると思いますが、女性も男性と同様に未婚・既婚関係なく活動することができます。

実際、30代、40代の女性も主婦も活躍しています。

そのため、主婦でも稼ぐことができるのか躊躇してしまう人は多いですが、主婦だからといってパパ活をためらう必要はありません。
パパ活は、主婦にも身近になってきており、やる気にさえなれば主婦の方でもパパ活は十分行えます。

主婦がパパ活で稼げる理由

主婦だからという不安とは裏腹に、主婦を求める男性(パパ)が増えてきています。

理由はいくつかありますが、パパ活を行う男性は女性に若さや独身女性だけを求めているわけではないからです。
そのため、パパ活で稼いでいる女性はたくさんいます。

稼げる理由は以下の点があげられます。

主婦がパパ活で稼げる理由
  • 包容力がある
  • 精神的に自立している
  • 割り切った関係でいられる
  • 主婦(既婚者)ならではの強みがある

包容力がある

主婦(既婚者)は、子供がいることが多いので包容力のある人が多いです。
そして、包容力のある女性は寛容的で優しく包み込んでくれるので、男性からすると一緒にいて居心地の良い相手になります。

そのため、主婦は男性が求める要素を持っているので需要度が高いです。
また、既婚者女性は、人生経験があるので落ち着いており、変にキャピキャピしていないので好まれる傾向があります。

精神的に自立している

主婦は、仕事や子育て、家事などを両立しており忙しい毎日を過ごしているので、強い精神力が身についている場合が多いです。
その強さは精神的な自立にも繋がっており、主婦がモテる要素にもなっています。

なぜなら、精神的に自立していない女性は他人に依存しがちでトラブルのもとになる可能性が高く、男性としては避けたい相手なので精神的に自立した女性が好まれるからです。

割り切った関係でいられる

独身でパパ活をしていると、恋愛関係に発展してしまったり面倒なことになる場合がありますが、主婦の場合は家庭があるので恋愛に発展しない割り切った関係を築きやすいです。
そのため、主婦は男性から需要があります。

程よい距離感を持って接してくれる主婦は、パパにとっては楽なお付き合いができる条件の良い相手です。

主婦(既婚者)ならではの強みがある

年齢や経験にもよりますが、主婦の場合、大人の魅力(色気)やスキル(夜のテクニック・聞き上手)があり礼儀作法なども身についています。
そのため、主婦であることは障害にならずむしろ独身女性と差別化できる武器になっています。

主婦の強みを活かせば、良いパパに出会えるチャンスは十分にあります。

しかし、パパ活は1対1で行うものなので子連れでのパパ活をするのは難しいです。
子供が保育園や学校に行っている時間に合わせて活動しましょう。
パパ活で稼げるからといって、子どもとの時間を犠牲にしないことが大切です。

ペイターズでの主婦のパパ活お手当相場

パパ活のお手当は、主要都市と地方とでは差がありますが、主婦だからといって相場は変わりはありません。
ただし、容姿の良い女性や男性(パパ)がリッチだと相場以上のお手当を貰えることがあります。

内容相場
顔合わせ5千円~1万円
食事のみ1万円~3万円
都度デート(体なし)2万円~3万円
都度デート(体あり)3万円~10万円
定期デート(体なし)5万円~30万円
定期デート(体あり)10万円~50万円

悪魔でも相場は目安なので、明確な金額が決められているわけではありませんが、このような相場になります。

なお、主婦だからというわけではなく、食事デートだけでは稼げなかったり、なかなかマッチングできないこともあります。
なぜなら、大人の関係(体あり)を求めている男性がほとんどなので、食事のみの女性は男性から選ばれにくいからです。

やはりパパも男なので、大人の関係ありきで相手を探しいることが多いです。
しかし、中には大人の関係なし(体なし)食事のみでOKな男性もいるので、無理に体の関係を持たなくても大丈夫です。

また、主婦であることに負い目に感じて相場より低いお手当で妥協する人もいるようですがその必要は一切ありません。
「主婦だから…子持ちだから…」という考えではなく、「主婦だからこそ出せる魅力や強みがある」という風な考えを持ちましょう。

実際、主婦(既婚者)の魅力に惹かれるパパは沢山います。
そのようなパパに出会うためにも、自分磨きは大切です。

こちらの記事では、ペイターズのお手当相場について詳しく解説しているので参考にしてください。

ペイターズで既婚者とパパ活をするリスク

では、ペイターズ(paters)で既婚者とパパ活をするリスクについて解説していきます。

ペイターズで既婚者とパパ活をするリスク

相手の配偶者に訴えられる

既婚者とパパ活をすると、場合によっては相手の配偶者から訴えられることがあります。
どのような場合訴えれるかというと、肉体関係を持ったことが相手の配偶者にバレた時です。
既婚者との性行為(大人の関係)は、民法上不法行為(不貞行為とみなされ不倫)に該当します。
刑法上の違法ではないので、逮捕されたり刑事罰はありませんが、相手の妻、もしくは夫から訴えられる場合があり慰謝料を請求されることがあります。
しかし、相手が既婚者とは知らずにパパ活を行っていた場合は慰謝料を請求されないケースもあります。
肉体関係があっても知らなかった場合は、慰謝料を支払う責任はありません
また、肉体関係がない場合でも交際状況によっては慰謝料を支払わなくてはいけない可能性もあるので注意が必要です。
頻繁にデートを繰り返したり、メールで性的なやり取りをしたりすると、そのような関係自体が「婚姻生活の平穏を害するもの」とみなされ、慰謝料を支払う責任を負うことがあります。
訴えらえるリスクをなくすためには、既婚者とわかった時点で丁寧にお断りすることをおすすめします。
こちらの記事では、パパ活が違法・犯罪になるケースを紹介しているので参考にしてください。
事前にパパ活のリスクになる情報や対処法知っておくとトラブルの回避に繋がります。

家族にパパ活がバレる

前項でお伝えした通り、既婚者とのパパ活は相手の配偶者から訴えらえるリスクがあり、そのような事態になった場合、裁判沙汰になり家族にパパ活をしていたことが家族にバレることがあります。

また別れ話からトラブルが発生して家族だけではなく、職場にバレることもあるので注意が必要です。

ペイターズで既婚者の見分け方

既婚者とのパパ活のリスクがわかったところで、次はペイターズ(paters)の既婚者の見分け方について解説していきます。
中には、既婚者であっても独身と偽ってパパ活をしている人もいるので、自己防衛のためにもリスクを回避する方法を知っておきましょう。

直接聞く

ペイターズで相手が既婚者かどうか見分ける手取り早い方法は、既婚者かどうか直接聞くことです。
マッチング後に、メッセージでのやりとりや初回顔合わせの時に相手に直接聞いてみましょう。

しかし、ペイターズに登録している男性は既婚者が多いので既婚者を避けてばかりではパパ活で稼ぐことができません。
そのため、あえて既婚者がどうか確認しないという方法もあります。
既婚者と知らなければ、知らなかったで済ますこともできることがあるからです。
このようにあえて聞かないことで、不倫による慰謝料を請求されるリスクを減らすこともできます。

プロフィールをチェックする

ペイターズ(paters)には、異性のプロフィールに婚姻状況がわかる項目はありませんが子供の有無はわかるようになっています。
子供の有無が、婚姻状況を示すものではありませんが子供ありの場合は既婚者の可能性が高いので判断材料として確認すると良いでしょう。
また、ペイターズはフリーワードで異性を検索することができるので「独身」と入力し、プロフィール内に(自己紹介文)独身と記載している相手(独身者)を見つけることが可能です。

連絡できる時間が限られている

相手とのメッセージのやり取りでも既婚者かどうか見分けることが可能です。

既婚者の場合、土・日・祝日は返信が遅かったり、なかったりします。
なぜなら、仕事以外の日は家族と一緒だったり家族サービスをしていることがあるので連絡が簡単にできないからです。

また逆に、平日は相手からのメッセージが多かったり返事が早いようであれば既婚者である可能性が高いと言えます。

このように、家庭があることで連絡がとりにくい時間帯に連絡できるかどうかで、既婚者を見分ける方法は効果的です。

休日に会えない

 土・日・祝日やクリスマス、年末年始、お盆休み、GWなどのイベントや大型連休に会えない場合は既婚者の可能性が高いです。
忙しいから会えないという理由の人もいるかもしれませんが、家族サービスをしているのが大半です。
特に、平日の夜しか会えない相手は既婚者と思って良いでしょう。

旅行に行けない

 パパ活は、仲良くなると一緒に旅行やお泊まりデートをすることがありますが、既婚者の場合は家庭があり疑われることを避けるために旅行やお泊まりが難しいです。
仮に行けたとしても、席を外して電話をした場合は既婚者であると疑った方が良いでしょう。
なぜなら、奥さんからかかってきた電話はその場で出るわけにはいかないので席を外すことが多いからです。

指輪の跡

既婚者は、左手の薬指に結婚指輪を付けています。
しかし、パパ活で既婚者であることを内緒にしている人は、女の子と会う時だけ外す人もいます。

指輪は取ったり付けたりするものではなくずっと付けているものなので、指輪を外すと指にへこみ跡や日焼け跡が残ります。そのため、左手の薬指に指輪の跡がある男性は既婚者である可能性が高いです。

既婚者かどうか見分けるために、さりげなく左の薬指を確認してみましょう。

居住地が離れている

居住地が離れている相手にアプローチする人は、既婚者である可能性が高いです。
なぜなら、既婚者は自分の生活圏内でパパ活をすると奥さんにバレるリスクを警戒するので、出張先や隣接県でパパ活を行う人が多いからです。

そのため、居住地が遠い相手にわざわざアプローチする場合は既婚者の可能性があると考えられます。

アプローチを受けたら、まず相手のプロフィールの居住地をチェックしましょう。

ペイターズ(paters)で既婚者と安全にパパ活する方法

ペイターズ(paters)での既婚者とのパパ活はリスクがありますが、稼ぐためには既婚者とのパパ活は避けれません。
では、どのように既婚者とパパ活をすればリスクを回避して安全にパパ活ができるのか方法(対策)を知っておきましょう。

ペイターズで既婚者と安全にパパ活する方法

既婚者か確認する

相手が既婚者かどうか確認することで、最悪のケースの回避に繋がりますしバレないように対策をしておくことができます。
バレないように対策をとっておくと、危険リスクを軽減でき安全にパパ活で稼ぐことが可能です。
そして、相手が家庭持ちであることを理解することで、お互いが不利益を被らない大人の付き合いが可能になります。

食事のみにする

最悪なケースを回避するためにも、一番安全なパパ活方法は体の関係を持たないことです。
そのため、食事のみのパパ活に徹底することをおすすめします。
パパからホテルなどに誘われても、「奥さんに申し訳ないですし、そこまでの勇気はないのでホテルはいけません。」と丁重にお断りすれば相手も大人なので理解してくれるでしょう。

また、このようにお断りすることが苦手で流されやすいと自覚している場合は、自分のプロフィールに独身男性のみと記載しておくと良いでしょう。
そうすれば、既婚男性からのアプローチは減る可能性が高いのです。

相手の居住地から離れた場所で会う

相手の居住地や勤務先など、行動範囲からは離れた場所で会うようにしましょう。

都市部(東京・大阪・名古屋など)であれば人が多いので、そうそうに奥さんに見つかることはないとは思いますが、念のため見つからない場所で会うのが安全です。
また、奥さんに見つかることだけを警戒するのではなく、相手の家族や友達、会社の人なども来ないような場所かどうか確認して慎重に行動することも大切です。

ペイターズの公式サイトはこちら

ペイターズで既婚者とパパ活するときの注意点

では、次にペイターズ(paters)で既婚者とパパ活をするときの注意点を紹介します。

連絡(LINE・電話など)できる時間帯を聞いておく

 パパ(男性)は妻子持ちなので、自宅にいる時にいきなりパパ活女子から連絡がくるのは避けたいものです。

 連絡一つで、奥さんに勘付かれてしまうことや、相手の家庭を壊してしまうこともあるので、事前に連絡できる時間帯を共有しておくことが大切です。
奥さんにバレてしまうことを防ぐ対策をすることが関係を長続きさせるコツです。

証拠(メッセージ・写真など)になるものは残しておかない

 LINEでやりとりをするようになった場合、デートの待ち合わせの日程調整やデート後のお礼のメッセージなど送るようになりますが、不倫の証拠となるメッセージは残さないようにしましょう。
そのため、メッセージのやりとりは男性も女性も毎回削除することをおすすめします。
奥さんに携帯電話をチェックされた場合、証拠が残っていると不利になります。

また、仲良くなれば写真も撮りたくなるかもしれませんが、こちらも証拠になるので撮らないもしくは厳重に管理しておきましょう。

実際に、写真やメッセージが証拠になってトラブルに発展した人も多くいるので、写真やメッセージに限らず証拠になるものは残さないようにすることが大切です。

 不倫関係の証拠になるもの
  • 不貞行為が分かるメッセージのやりとり
  • ホテルの領収書
  • ホテルなどの出入りが分かる写真や動画
  • 肉体関係があると推測される写真や動画

 この他にも、以下のような確定的なものでなくても、沢山揃えられてしまうと証拠として扱われることがあります。

不倫の証拠になり得るもの
  • メッセージのやりとりやSNS
  • ブログなどへの投稿や手帳の内容
  • クレジットカードの支払い明細
  • 相手との通話履歴
  • 一緒に撮った写真

親密さが伝わるものは不倫関係にある証拠になる可能性があるので、パパ活をしている痕跡を残さないように徹底することが大切です。

形の残らないプレゼント

男性への贈り物は、形に残らないものを選んでください。

いつも良くしてもらっているからと感謝の気持ちを持つのはいいことですが、既婚者の男性へのプレゼントにハイブランドのネクタイなど身につけるようなものは贈らないようにしましょう。

既婚者男性なら、会社に置いておけるものや食べ物など形に残らないものがベストです。

信頼できるパパとだけ付き合いを継続する

パパ活に限らずですが、信用できる相手とだけお付き合いすることが重要です。

特にパパ活の場合はリスクが伴うお付き合いなので、約束を守ってくれる、口が堅いなど信頼できる相手とだけパパ活を継続しましょう。
万が一、奥さんにバレた場合でも、慰謝料を肩代わりして守ってくれるパパだとさらに安心です。

中には、不貞行為で慰謝料を請求ができることを利用して、パパ活女子を狙った詐欺を働く夫婦もいるので注意が必要です。
こちらの記事では、ペイターズではどのような危険人物がいるのか詳しく解説しているので参考にしてください。

ペイターズの既婚者に関するQ&A

では、ペイターズ(paters)の既婚者についてよくある質問にお答えしていきます。

ペイターズ以外のマッチングアプリにも既婚者はいる?

ペイターズ以外のパパ活マッチングアプリ「ラブアン」や「シュガーダディ」にも既婚者はいます。

また、恋活・婚活目的のタップルやペアーズなどは、既婚者の利用は禁止されていますが潜んでいることもあります。

ペイターズで相手が既婚者だった場合はどのように断ればいい?

正直にお断りすることが大切です。

パパ活アプリを利用していて既婚者はNGと伝えるのは難しいと感じる人もいるかもしれませんが、正直にお断りしないと慰謝料を払わなければならないケースに陥ってしまうことがあります。
後々のリスクを考えれば、正直に伝えることが賢明でしょう。

ペイターズ(paters)の既婚者についてのまとめ

今回は、ペイターズ(paters)の既婚者とのパパ活について紹介しました。

既婚者とのパパ活についてのまとめ
  • ペイターズは既婚者(男性・女性)も利用できる
  • ペイターズは主にパパ活を目的とした既婚者パパが多いマッチングアプリ
  • ペイターズで既婚者とパパ活をすることはできるがリスクがある

ペイターズは、既婚者が利用できるパパ活マッチングアプリです。
注意点を事前に確認しておくことで、リスクを回避したパパ活が行うことが可能です。
既婚者とのパパ活が不安で心配な方は、今回紹介した既婚者の見抜き方を参考にして安全なパパ活を行ってください。

そして、ペイターズはすぐに出会えると口コミの良いマッチングアプリなので、利用を検討中の方は是非この機会に登録して楽しく安全なパパ活ライフを送ってください。
ペイターズは既婚者が多いですが、ハイスペックな男性が多いのも特徴で経済的に余裕のあるパパに出会えるというメリットもあるので素敵な男性に出会えることが期待できます。

ペイターズの公式サイトはこちら

コメント

コメントする

目次