パパ活のお茶デートお手当相場!短時間で高額を稼ぐ方法

パパ活のお茶デートお手当相場!短時間で高額を稼ぐ方法

※本記事では、アフィリエイト広告を掲載しています。

「パパ活で稼ぎたいけど、大人の関係は怖いし長時間の食事も苦痛…」
このような女性が行っているのが、パパとのお茶デートです。

実際に大人の関係や食事なしで、お茶だけを繰り返して大金を得ているパパ活女子は少なくありません。
しかしパパ活初心者であれば、「本当に稼げる?」「どんな方法で?」と疑問や不安を持つ方がほとんどでしょう。

そこで今回は、お茶デートのメリット・デメリットやお手当相場について調査しました。

この記事を読めば、パパ活のお茶デートについての理解はバッチリです。
「お茶だけで稼いでみたい!」「騙されないように、相場を知っておきたい!」
このような方は、ぜひ最後までご覧ください。

パパ活アプリ
BEST
4
特徴

Love&
(ラブアン)

【男性からの支持率No.1】
・今一番勢いがあるパパ活サイト!
・動画でパパ活女子が見れる
・近くにいる相手と即マッチ可能
・オンライン顔合わせでトラブル回避

\今なら3日間600円でお試しできる/
無料登録はこちら

paters
(ペイターズ)

【会員数No.1のパパ活アプリ】
・会員数190万人でパパと出会いやすい
・メッセージなしで即顔合わせ可能
・スクショ禁止でセキュリティが◎
身バレ防止機能を多数搭載
\安全にパパ活したい人向け/
無料登録はこちら

SugarDaddy
(シュガーダディ)

【国内最大級の老舗パパ活サイト】
・運営歴10年以上で信頼性が高い
・会いたい日からパパを探せる

・顔登録なしでも出会える
ご飯だけでも稼ぎやすい
\パパ活初心者向けアプリ/

無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「Pappy(パピー)」
Pappy
(パピー)

【新しいパパ活アプリ!】
・ライバルが少なく出会いやすい
・他のアプリで出会えなかった人におすすめ

無料登録はこちら
2〜3個併用すると出会える確率UP
目次

パパ活のお茶デートとは

まずはパパ活のお茶デートについて、概要をご紹介していきます。
パパ活のお茶では何をするのか・所要時間はどれくらいなのかなどしっかりチェックしておきましょう。

カフェなどでお茶を楽しむデート

パパ活のお茶とは、その名の通りカフェなどでパパとお茶を飲んで楽しむデートを指します。

ランチやディナーのようにしっかり食事をすることはなく、お茶とスイーツなどの軽食を一緒にとるのが一般的です。

初回の顔合わせに使われることが多い

パパ活のお茶デートは、男女が初めて会う顔合わせの場によく使われます。
「お茶しながら何話すの?」と思う方もいるでしょう。

初回の顔合わせでは、主にお互いの雰囲気を確かめ合ったり今後デートをした時の条件を決めたりするのが一般的です。
長期的にお茶デートを楽しむというよりも、顔合わせの為に最初だけお茶デートをするパターンが多いでしょう。

お茶デートの所要時間の相場

パパ活でお茶をした時の所要時間は、30分~1時間ほどが相場です。
待ち合わせ場所までの移動を含めても、2時間以内で終了するでしょう。

食事をせずにお茶をしながら会話するだけなので、かなり短時間で済むことがほとんどです。
何時間もパパとお茶をすることは、滅多にありません。

ただし相手が話好きのパパで会話が盛り上がったり、あなたが気に入られたりすれば2時間近い時間がかかることはあります。
時間に余裕のない時は、用事があることを伝えるなどパパに失礼のないように断りを入れましょう。

食事デートとの違い

パパ活のお茶デート・食事デートの違いについて解説していきます。

どちらもパパと飲食店に入ることは同じですが、お茶と食事では意味の異なる部分が多いです。
事前にしっかり把握しておきましょう。

パパと会う時間帯

食事デートとお茶デートでは、下記のようにパパと会う時間帯が異なります。

デートタイプ時間帯
食事デートランチ時・ディナー時
(11時~13時・17時~22時)
お茶デート10時~16時(夜に行うことも可能)

食事デートはランチやディナー時に合わせて行うのが一般的ですが、お茶デートは食事時以外でも可能です。

チェーン店のカフェであれば朝から夜まで営業していることも多いので、パパとの都合が合えばいつでもお茶デートができます。

デートの所要時間

食事とお茶では、デートにかかる所要時間が異なります。

デートタイプ所要時間
食事(ランチ)1時間~2時間
食事(ディナー)1時間~4時間
お茶30分~1時間

所要時間の相場を比較すると、上記の通りです。

お茶デートよりも食事デートの所要時間が長く、お酒を飲むディナーであれば4時間ほどかかることもあります。

お手当相場の違い

食事とお茶では、お手当の相場にも違いが出てきます。

お茶のお手当は後で詳しくご紹介しますが、お茶デートが食事デートよりも多い金額を貰えることはほとんどありません。
食事デートの方がパパと一緒にいる時間が長いので、お手当の相場も高くなりやすいのです。

定期的に会う関係の作りやすさ

パパと定期的に会ってお手当を貰う関係を作るなら、食事デートの方が容易です。

お金を払って女性と食事を楽しみたいと思っているパパは意外と多いので、定期的に会ってお手当を貰う関係が作りやすくなります。
一方でお茶デートは顔合わせで使われることが多く、2回目以降のデートでお茶だけして解散をすることは少ないです。

同じパパからお手当を貰い続けるのであれば、お茶よりも食事の方がおすすめできます。

パパ活のお茶デートのお手当相場

ここからは、気になる方も多いであろうお茶デートのお手当相場についてご紹介していきます。
パパ活では、何のデートをするにしてもお手当相場を把握しておくのがおすすめです。

極端に安いお手当を提示されても、相場が分からなければノリでOKを出してしまうこともあるでしょう。
効率良く稼ぐにも、しっかり相場を把握してください。

年齢・容姿・地域別のお手当相場

お茶デートのお手当相場は、女性の年齢や容姿・住んでいる地域によって変動します。
下記の表を参考にしてください。

女性の年齢お茶デートのお手当相場
20代5,000~10,000円
30代3,000~10,000円
40代0~5,000円
女性の容姿お茶デートのお手当相場
ブス0~3,000円
普通3,000~5,000円
美人5,000~8,000円
芸能人級5,000~10,000円
地域地域別のお手当相場
地方3,000~5,000円
都市部5,000~10,000円

一般的に女性の年齢が若く、容姿が良ければお茶デートのお手当相場も上がります。

また都市部の男性ほど年収がいいので、地方よりも高いお手当を貰える傾向です。

お茶1とは

「お茶1」とは、パパ活でお茶デート(顔合わせ)のお手当が1万円という意味の略語です。

パパ活では「1万円」など露骨な表記を使う人は少なく、お手当が1万円の場合は「1」と表現されます。
ちなみにお手当が5,000円の場合は「お茶0.5」・3,000円の場合は「お茶0.3」と表現されるのが一般的です。

お茶はお手当なしと考えるパパもいる

お茶デートは顔合わせで使われることが多いので、下記のようにお手当を最初から支払う気のないパパも一定多数います。

お茶はお手当なしの理由
  • 実際に会ってタイプだったらお手当を渡したい
  • タイプの女性が来る保証はないので、お手当を約束したくない
  • お手当を渡すのは、2回目以降のデートからと考えている

相場通りのお手当を貰うどころか、収穫0で帰らなければいけないこともあるのです。

確実に稼ぎたい女性は、お茶デートで貰えるお手当についてしっかりパパに確認しておきましょう。
「お茶のお手当はどんな感じで考えていますか?」と軽く尋ねてみるのがおすすめです。

交通費は出してもらえないことがほとんど

お茶デートでは、お手当と別途の交通費は貰えないことがほとんどです。
パパ側もお試し感覚で来ていることが多いので、お茶で交通費までくれるパパはかなりレアでしょう。

お茶デートで貰えるお金は、交通費込みだと認識しておくのが無難です。
お手当と別で交通費を要求すると、パパが会ってくれない可能性もあるので注意しましょう。

パパ活お茶デートが行われる場所・お店

パパ活のお茶デートでは、どんな場所やお店が使われているのかご紹介していきます。

パパによっては、お茶デートの場所決めをあなたに任せてくることもあるでしょう。
スムーズにお店を決める為にも、いくつか引き出しを持っておくと安心です。

チェーン店のカフェ

パパ活のお茶でよく使われているのが、下記のようなチェーン店のカフェです。

チェーン店のカフェ
  • スターバックス
  • ドトール
  • コメダ珈琲店
  • 星乃珈琲店
  • サンマルクカフェ

堅苦しい雰囲気を苦手とするパパは多く、お茶デートでも気軽に入店出来るチェーン店のカフェは重宝されます。
営業時間も長いので、食事時でなくても利用出来るのもメリットでしょう。

またチェーン店のカフェは利用層が幅広く、デートやお茶会・商談など様々なシーンに利用されています。
パパ活目的で入店したとしても、悪目立ちしないので気軽にデートが楽しめるのです。

個人経営の喫茶店

パパ活のお茶デートでは、チェーン店のカフェだけではなく個人経営の喫茶店もよく使われます。

個人経営喫茶店は席の間隔が広く取られていることが多いので、パパ活の会話も周りに聞こえづらいのです。
お手当の相談もしやすく、周囲に指を指されることもありません

ただし個人経営の喫茶店はチェーン店よりも営業時間が短いことが多いので、事前に確認をしておきましょう。

ホテルラウンジのカフェ

パパ活のお茶デートでは、ホテルラウンジのカフェもよく利用されます。

ホテルに宿泊していなくても気軽に利用可能で、高級な雰囲気の場所が多いのでパパ活のお茶では人気のスポットなのです。
ホテルラウンジは知り合いに遭遇する可能性も低く、パパ活のお茶デートも安全に行えるでしょう。

ただしホテルラウンジは価格帯が高めで、コーヒー1杯だけでも1,000円以上するのが相場です。
スイーツや軽食を一緒にオーダーすれば、お会計の金額はかなり高くなるでしょう。

割合的には少ないですが、経済力のないパパであればカフェ代の割り勘をお願いされるかもしれません。
あなたがお茶デートの場所をホテルラウンジに決めた際は、事前にパパに報告をしておくのがベターです。

駅から近いカフェや喫茶店

駅から近い距離にあるカフェや喫茶店は、パパ活のお茶デートに重宝されます。
駅で待ち合わせをすれば、移動に時間がかからないのでとてもスムーズです。

初対面で会ってカフェまで移動する時間が長いと、気まずい思いをすることもあるでしょう。
駅から近いカフェや喫茶店を選んでおけば、数分以内に席に着いて本題に入れるのでおすすめです。

パパ活お茶デートのメリット

パパ活のお茶デートには、女性側のメリットがいくつもあります。
これからパパ活を始めようとしている方は、ぜひお金を稼ぐモチベーションアップに繋げてください。

短時間でパパと解散出来る

パパ活のお茶デートの所要時間は、30分~1時間が相場です。

食事デートの場合は1時間以上が相場なので、かなり短時間でパパと解散出来るのが特徴です。
コミュニケーションに苦手意識があっても、短時間で解散するお茶デートなら乗り切れる方も多いでしょう。

短時間で解散したうえに、お手当をしっかり貰うことが出来れば普通のアルバイトと比較してもかなり効率が良いです。

人目のある場所でデートが出来て安全

お茶デートはカフェや喫茶店を利用するので、常に人目があります。
その為パパに乱暴をされたり、罵声を浴びせられたりするリスクがかなり低いです。

万が一危険な目に遭いそうになっても、周りの人に助けを求めることができます
パパ活初心者で、警戒心を拭えない方でもお茶デートなら安全にお金を稼ぐことが可能です。

1日に何件も予定を詰められる

パパ活でお茶をする場合、1日の内に数人のパパとアポを組むことができます。
お茶デートは1回のデートにかかる所要時間も短く、食事時に会う必要もありません。

デートでは無理に食事をする必要もなく、コーヒーを1杯でも飲めればOKです。
パパとのスケジュールが合えば、1日の内に4~5人程とお茶デートをすることも可能でしょう。

1日1回の身支度で複数人のパパと会い、その度にお手当を貰えればかなりの収入になります。

普段行けないカフェやラウンジに無料で行ける

パパ活でお茶デートをすれば、普段は中々行けないカフェやラウンジに行けることがあります。
カフェの利用代金はパパが支払うことが一般的なので、女性は金銭的な負担がありません。

価格帯の高いカフェや、1人では足を踏み入れづらいホテルのラウンジを無料で利用で切るのはお茶デートのメリットと言えるでしょう。

パパ活お茶デートのデメリット

パパ活のお茶デートには、もちろんデメリットも存在します。

「お茶だけなら簡単に高収入!」と気を抜かず、しっかりデメリットについても把握しておきましょう。

1回で高額なお手当を貰うのは難しい

パパ活のお茶は、1回のデートで高額なお手当を貰うのが難しいです。

お茶デートの相場は3,000~10,000円で、食事デートや大人の関係よりも高いお手当を貰えることはまずありません。
1回のお茶で10,000円を貰えるのは、女性の容姿レベルや男性の経済力が高い場合のみです。

多くの場合、お茶1回のお手当は3,000~5,000円だと考えて良いでしょう。
お茶だけで大金を稼ぐのであれば、とにかく数をこなす必要があります。

お手当が0円の可能性もある

パパ活のお茶は、お手当が全く貰えない可能性もあります。
パパがあなたを気に入らなかったり、最初から顔合わせのお手当はないものと考えていたりするパターンです。

お茶デートは初対面で行うことが多いので、パパにお手当の要求がしづらいデメリットがあります。
メッセージであればお手当の交渉もしやすくなるので、会う前にお手当の金額を決めておくのが安心です。

定期契約をしてもらえない

お茶デートには、パパとの定期契約が難しいデメリットがあります。
「お茶=顔合わせ」と認識しているパパも多く、2回目以降もお茶だけでお手当をくれるパパは少数派の為です。

食事や大人の関係であれば1ヵ月分のお手当を貰えますが、お茶デートのみで定期契約をしてもらうのは簡単ではありません。

お茶デート目的のパパが少ない

女性と違い、お茶デートが目的のパパは全体の中でもかなり少数派です。
大手のパパ活アプリを使っても、お茶デートだけで関係を続けてくれるパパはかなりレアでしょう。

プロフィールお茶だけで稼ぎたいことを記載しても、中々パパとはマッチングしません。
大人の関係を希望しているパパが多いので、「まずはお茶から、仲良くなったら大人もあり」と書いて希望を持たせるなどのテクニックが必要です。

ドタキャンされる確率が高い

パパ活のお茶は、約束をドタキャンされる可能性が高いです。
あなたとお茶デートの約束をしているパパは、他にも不特定多数の女性と顔合わせをしています。

あなたと会う前にお気に入りの女性を見つけてしまえば、パパが約束の当日になっても現れないことがあるのです。
またお茶の場合はカフェや喫茶店を主に利用するので、予約無しで入店することができます。

店側に迷惑をかけることはないので、パパも簡単に予定をキャンセルしやすいのです。
パパとお茶を約束した時は、前日に日程確認メッセージを送ったりなるべく毎日マメに連絡をとったりするなどの対策をしましょう。

お茶デートのパパの目的

女性とお茶をした対価にお金を払うパパには、どんな目的があるのかご紹介していきます。

女性の実際の容姿や雰囲気を知りたい

お茶デートでは、女性の容姿や雰囲気を確かめることを目的にしたパパが多いです。
プロフィールで女性の顔写真を確認していたとしても、写真詐欺を疑うパパは一定多数います。

本当の容姿や雰囲気を会って確かめるには、短時間で済むお茶デートが1番なのです。
最初から食事デートを約束してしまうと、タイプではない女性に高い食事代やお手当を支払う必要があります。

お茶デートをするパパの目的は、多くが「女性の容姿や雰囲気を知りたいから」と考えてよいでしょう。

お気に入りの女性を探したい

短時間で済むお茶デートを繰り返して、お気に入りの女性を探そうとするパパも一定多数います。
食事デートであれば、所要時間が1時間ほどかかるのが相場です。

食事時に女性と会うので、なるべくたくさんの女性と会おうとしても1日2人程が限界でしょう。
しかしお茶デートであれば食事時に女性と会う必要はなく、1日に何人もの女性を見ることができます。

容姿がタイプであったり、話が合ったりする女性を見つけ出せる確率が高くなるのです。
お気に入りの女性を探そうとしているパパは、あえて食事ではなくお茶デートを選択することがあります。

仕事の合間に女性とデートがしたい

仕事が忙しく、女性とゆっくり食事をする時間がとれないパパがお茶デートを選ぶこともあります。

お茶デートであれば短時間でも楽しむことができ、食事時を避ければ順番待ちをすることも少ないです。
忙しいパパにとって、サクッと済ませられるお茶デートは最適と言えます。

「時間はないけど、普段は会えないような女性と交流したい」
このように考えてお茶デートをするパパも多いのです。

お茶デートのみで稼ぐ方法

大人の関係や長時間の食事が嫌な女性であれば、なるべくお茶デートのみで稼ぎたいと考えるでしょう。
お茶デートのみで稼ぐ方法を、いくつかご紹介していきます。

初回荒らし

お茶デートのみで稼ぐ方法の1つが、「初回荒らし」です。
初回荒らしとは、最初の顔合わせだけを繰り返してお手当を稼ぐ方法を指します。

2回目以降のデートに応じずに、最初から初回のお手当だけを貰うことを目的にするのです。
顔合わせで貰うお手当が目的であり、2回目以降のデートをすることはないのでパパに媚びを売る必要はありません。

お手当を貰った後は、連絡先をブロックして関わりを絶つ女性もいます。
ただしこの初回荒らしは、当然パパから厄介だと嫌がられる手法です。
茶飯(お茶)でお金をむしり取ろうとする様から、「茶飯乞食」とも呼ばれています。

女性にとっては効率よく稼げる初回荒らしですが、男性の反感を買ってSNSに晒されるなどの危険性もあるので注意しましょう。
初回のお手当だけを狙っていると、いずれ会えるパパもいなくなるので初回荒らしはおすすめ出来ません。

カフェ代を少しでも負担する

パパとお茶をした時は、女性もカフェ代を出すようにしましょう。

財布をバックから取り出し、お会計をする素振りを見せるだけでも構いません。
顔合わせのカフェ代はパパ側の負担になるのが相場ですが、支払いする意思を見せることで謙虚な女性を演出できます。

継続してお茶デートをしてくれる可能性が高くなるので、お会計時には少しだけでもお支払に協力しましょう。

お茶デート中は常にパパを楽しませる

お茶デートをしている時は、常にパパを楽しませることを意識しましょう。
カフェ代やお手当を支払ってまで、一緒に居てつまらない女性とお茶デートを続けたいと思うパパはいません。

お茶デート中のコツ
  • メイクやファッションに気を遣う
  • 常に笑顔で愛想を良くする
  • パパの話を聞いてあげる(愚痴や自慢も)
  • 帰りたいオーラを出さない(頻繁にスマホや時計を見るなど)

お茶デート中は、上記に気を付けましょう。
短時間でもパパに好感を持って貰えるので、次のデートに繋がる可能性が上がります。

年齢が高めのパパを狙う

お茶デートだけで稼ぎたい女性は、50代以上の年齢が高めのパパを狙いましょう。

男性は年齢と共に性欲が減少するので、年齢が高めのパパほど大人の関係を求めてくる確率が減ります。
「女性と会話を楽しみたい」「癒しが欲しい」とパパ活をする男性が多くなるのです。

年齢が高めのパパであれば、お茶デートに応じてもらいやすくなります。
パパ活アプリの検索機能を使い、50代以上の男性を検索してアプローチをかけてみましょう。

複数のパパ活アプリに登録する

お茶デートのみで稼ぐには、複数のパパ活アプリに登録するのがおすすめです。

基本的に女性はパパ活アプリの利用が無料なので、複数個登録しても金銭的な負担がありません。
一方で男性がパパ活アプリを利用する時の月額料金は、5,000~13,000円が相場です。

1つのアプリを利用するだけでも10,000円近いお金がかかるので、1人のパパが複数のパパ活アプリに登録していることは考えづらいでしょう。
1つのパパ活アプリに固執せず、他のパパ活アプリも併用して使うことでお茶デートに応じてくれる男性と出会える確率が上がります。

お茶のみで稼ぎたければ、少なくても3~4つのパパ活アプリに登録してパパを探しましょう

パパ活お茶デートまとめ

さて今回は、パパ活のお茶デートについてお手当の相場やメリット・デメリットをご紹介しました。

パパ活でお茶をした場合、貰えるお手当の相場は3,000~10,000円程です。
所要時間は30分~1時間程とかなり短いので、数さえこなせば効率よく稼ぐことができます。

ただしお茶デートは顔合わせで使われることが多く、定期的にお茶だけしてお手当を貰う関係を作るのは難しいです。
複数のパパ活アプリを利用してお茶のみのパパを見つけたり、お会計に協力したりするなどの気遣いが必要になります。
お茶のみで稼ぎたい女性は、ぜひ今回の記事を参考にして行動してみましょう。

>>おすすめのパパ活アプリ・サイトについて知りたい方はこちら

パパ活アプリ
BEST
4
特徴

Love&
(ラブアン)

【男性からの支持率No.1】
・今一番勢いがあるパパ活サイト!
・動画でパパ活女子が見れる
・近くにいる相手と即マッチ可能
・オンライン顔合わせでトラブル回避

\今なら3日間600円でお試しできる/
無料登録はこちら

paters
(ペイターズ)

【会員数No.1のパパ活アプリ】
・会員数190万人でパパと出会いやすい
・メッセージなしで即顔合わせ可能
・スクショ禁止でセキュリティが◎
身バレ防止機能を多数搭載
\安全にパパ活したい人向け/
無料登録はこちら

SugarDaddy
(シュガーダディ)

【国内最大級の老舗パパ活サイト】
・運営歴10年以上で信頼性が高い
・会いたい日からパパを探せる

・顔登録なしでも出会える
ご飯だけでも稼ぎやすい
\パパ活初心者向けアプリ/

無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「Pappy(パピー)」
Pappy
(パピー)

【新しいパパ活アプリ!】
・ライバルが少なく出会いやすい
・他のアプリで出会えなかった人におすすめ

無料登録はこちら
2〜3個併用すると出会える確率UP

コメント

コメントする

目次