【例文付き】パパ活の断り方が丸わかり!上手に大人や2回目を断る方法

【例文付き】パパ活の断り方が丸わかり!上手に大人や2回目を断る方法

※本記事では、アフィリエイト広告を掲載しています。

パパ活をやっていると、以下のような悩みに直面することはだれしもあります。

体の関係を断りたい。
>>体の関係を求めてこないパパに出会えるアプリ
旅行に誘われたけど行きたくない。でもパパとの関係が…。
>>条件が合わないパパを事前に避けられるアプリ

パパ活相手が既婚者であることが分かったり、相性が悪い、お手当が相場より低い、身体の関係を迫られるなど、何らかの理由でパパからの誘い断りたいときのために断り方を知っておくことは必要です。

当記事では断りを入れるタイミングや実際のメッセージ例を踏まえ、パパ活での断り方を紹介していきます。

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる /

パパ活アプリ
BEST4
特徴

paters
(ペイターズ)

【人気No.1のパパ活アプリ】
会員数200万人でパパと出会いやすい
男性の半数以上が経営者・役員の太パパ
・ご飯のみでも稼ぎやすい
・運営の監視体制バッチリで安心◎
\無料登録で異性のプロフ見放題/
無料登録はこちら

Love&
(ラブアン)

【男性からの支持率No.1】
女性のプロフィール動画が見れる
男性月額料金が安くコスパ良し
・近くにいる相手と即マッチ可能
・20代前半女性の割合が高い
\無料登録で異性のプロフ見放題/
無料登録はこちら

ワクワクメール

【運営歴23年の老舗サイト】
会員数が多く地方でも出会いやすい
検索機能が充実で理想の相手◎
・掲示板があるので誘いやすい
無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「Pappy(パピー)」
Pappy
(パピー)

【新しいパパ活アプリ!】
・ライバルが少なく出会いやすい
・他のアプリで出会えなかった人におすすめ

無料登録はこちら
いつでも退会できます
目次

パパ活のメッセージでの断り方

パパ活の中でメッセージを利用して断る場合、顔を合わせるわけではないので、会うよりは簡単に伝えられます。

しかし、反対に文章で伝えなければいけない分、対面よりも気を遣わなければいけません。

顔が見えない分、同じことを伝えるにしても伝え方によっては不快にさせたり、場合によってはトラブルに発展する危険性もあります。

それでは、パパ活でのメッセージで断る方法と注意点について紹介します。

そもそもクソPに出会わないようにするには?

当記事では生理的に無理なパパやお手当を出し渋るパパに出会った時の対処法を紹介していますが、前提としてそんなパパに出会わないのが一番

既婚者やお金の無い人、見た目が生理的にNGな男性に会いたくない方は、検索機能が充実したパパ活アプリでパパを探してみましょう
パパに最低限求める条件をクリアした男性のみに絞ってアタックできるので、事故率を減らすことができますよ。

おすすめアプリ🥇:ペイターズ
「子供の有無」「見た目(身長・体重)」「学歴」「性格」「年齢」など、最も多彩で細かい検索ができる。
おすすめアプリ🥈:シュガーダディ
「デートの目的」「年齢」「地域」「年収」「資産」「アカウントランク」などで条件検索可能。

パパ活のメッセージでの断り方

タップで読みたいところに移動できます

既婚者の断り方

パパ活希望の男性の中には、家庭のある既婚者もいます。

デートや食事だけの関係であればまだしも、既婚者と体の関係を持つことは不貞行為に該当します。

不貞行為が万が一相手の家族や周囲にバレてしまったのでは、身バレはもちろん、慰謝料の請求を請求される危険性があります。

そのため、トラブル回避のためにも既婚者パパと体の関係を持つことを避けた方がいいのは明らかです。

ただし、『既婚者はお断り』『奥さんがいるのに、やめた方がいい』などと挑戦的に伝えてしまうと男性も不快に感じます。

既婚者の男性を断る場合には、メッセージをもらったことや、誘ってくれたことに対して『ありがとうございます』と感謝の気持ちを伝えたうえで、家庭のある方との関係はお断りしている旨伝えましょう。

その際、”以前の経験から”などと付け加えておくと『何かトラブルがあったのかな?』と思うのですんなり引いてくれるはずです。

>>既婚者とマッチしないようにしてパパ活する方法

2回目デートの断り方

顔合わせをしたのちに、『やっぱり、このパパはお断りしよう』と思うケースもあるでしょう。

見た目がタイプでなかったり、自分とは合わないと感じる、自分の中の相場条件よりも低い条件を提示されたなど理由はさまざまですが、気乗りしないようであれば初回で断っておきましょう。

その場合には、急に学校(仕事)が忙しくなってデートするのが難しくなった、あるいは時間ができるのが先になりそうなどと会えない理由を伝えるのがベターです。

パパたちは会うことを目的としているので、会いたいときに会えない女の子に興味はありませんし、『それなら、他の女の子を探そう』と思うはずです。
予定が入ることは事情が変わることは誰にでもあり得るので、責められることもないでしょう。

ただし、あまりに大がかりなウソだと、疑われる可能性があるので要注意です。

誰にでもあり得そうな無難な予定を伝えましょう。

>>条件の合うパパだけと出会う方法

顔写真を要求された

実際に会うまでに顔写真を要求されて、断りたいこともあるでしょう。

パパ側としても、自分がデートする女の子の顔を知っておきたい、好みの女の子か判断したいと思うのはある意味当然でもあります。

しかし、そもそも会ったことのない相手に個人が特定される写真を送るのはあまりにリスクが高く危険です。

万が一ネットに顔写真とパパ活をしている旨を載せられてしまったのでは、パパ活をしていることがバレるのはもちろん、一度アップされた写真はどこで利用されるかわかりません。

パパ活をしていることがバレてしまう危険性すらあるので、写真はお断りすることをおススメします。

写真を求められた際の断り方の例文がこちら。

『メッセージありがとうございます。以前悪用された経験があり、写真をお送りするのは控えさせていただいています。ちなみに、顔は芸能人の〇〇ちゃんによく似ていると言われます。』

ただ断るだけではなく、雰囲気や似ている芸能人など見た目をイメージできる要素を一緒に伝えてあげると、断られた感を軽減できて不快にさせずに済みます。

>>危ないパパを避けてパパ活する方法

>>おすすめのパパ活アプリ・サイトを知りたい方はこちら

顔合わせの時の断り方

お互いの雰囲気や条件をすり合わせなどする顔合わせのタイミングで断ることもあります。
むしろ、断るのであれば早いに越したことはありません。

会いたくないと思っているパパと無理をして何度もパパ活デートをしてしまうと、断りづらくなります。

また、『今まで手当を渡したのに!』などと言ってくる男性もいることから、顔合わせの段階で合わないと感じたのであれば、それ以上引き延ばさずにしっかりとお断りましょう。

顔合わせの時の断り方

条件が合わない時の断り方

パパ活を始めるうえで、あなたの中でも譲れない条件があると思います。

パパ活の条件
  • 手当の金額
  • 会うタイミングや回数
  • 大人の関係のあり・なし
  • 既婚か否か
  • パパのステータス(年収・職種など)
  • フィーリング

どうしても譲れない条件に、パパとなる男性が合致しないのであれば、条件に合わないことを理由にお断りましょう。
その場合、スムーズに断るためにもプロフィールやそれまでのやりとりで伝えておくのがポイントです。

『プロフィールにも書かせているのですが、1回あたり〇万円のお手当を希望していて、、、××さんの条件とは合わないので、とても残念なのですが今回は辞退させてください。』

と伝えると、お互いに条件が合わない以上無理強いはできないと感じますし、プロフィールにも書かれているほど重要な条件なのであれば…と納得もできるでしょう。

その場合にも、『選んでくださり、ありがとうございます』。というお礼の言葉と、『とても残念なのですが』という枕詞をプラスして柔らかい言葉で伝えるのが不快にさせないポイントです。

LINE交換の断り方

面と向かって、『LINE交換しよう』と言われると、手元にスマホがある以上、断りづらいですし、『LINEはやっていないんです』。というのも不自然です。

しかし、LINEは個人情報かつプライベートなので、パパとのLINE交換は控えたいという方もいるでしょう。

出会ってから間もない場合には、『まだ知り合ったばかりなので、もう少し仲良くなってからでもいいですか?』『〇〇さんとの距離が縮まったら、LINE交換しましょう!』などと先延ばしにするか、『〇回デートしたら』と具体的な回数や期間を伝えるのもいいでしょう。

しかし、上記の2点はいずれにしても結果としてLINEを教えることになります。

もし、どうしてもLINEだけは交換したくないというのであれば、『以前、他の男性とライン交換をして怖い経験があるので…。メールじゃだめですか?』などと代替案を提案しましょう。

その場合、カカオトークやiMessageアカウントを作っておくと、プライベートと分けてパパ活専用にできるのでおススメです。

定期的な関係の誘い

定期とは、1ヵ月〇〇円と1ヵ月単位での関係性のことで、パパ活用語の一つです。

パパに気に入られて、定期的な関係を提案されることもあるでしょう。
条件や相性のよい太パパであれば嬉しい話ですが、何らかの理由で『このパパは無理』と感じるようであれば、断る必要があります。

その場合、『ありがとうございます。とても嬉しいのですが、時間の兼ね合いで定期は募集していないんです。〇〇さんとのデート(食事)、とても楽しかったです。』と伝えましょう。

定期を募集していないのであれば仕方がないので、しつこく誘われることもありません。

顔合わせ後の断り方

パパ活の顔合わせが終わった後に断るのであれば、アプリなどのメッセージか、連絡先を交換している場合には交換したツールにて連絡します。

断る理由が何にせよ、顔合わせの時点でお手当あるいは飲食代をパパ側が払ってくれていることになります。

基本的に、『〇〇さん、今日(先日)は、お時間をいただきありがとうございました』『ごちそうさまでした』とお礼から伝えるのが鉄則です。

お礼の一言があるかないかで、受け取る側の気持ちは全く異なります。
トラブルを防ぐためにも、必ず感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

パパ活のデート中に誘いを断る方法

パパ活のデート中にパパから直接お願いや提案をされて、断りたい時はあらわれます。

誘いが先の予定の場合には断り方について後日考えられますが、たとえば「今から」や「今すぐ」の誘いだった場合、その場で断らなければいけないので断り方が分からないと焦ってしまいますよね。

パパ活でパパからのよくある誘いについて、例文を交えた断り方をご紹介します。

パパ活のデート中に誘いを断る方法

タップで読みたいところに移動できます

車でドライブの断り方

車でドライブに誘うパパも多いですが、車内に2人きりになるのはリスクが生じるため、万が一を考えて断るべきケースもあります。

この場合、『密室で2人きりは…。〇〇に行ってみたいのですが、ここから近いので行ってみませんか?』とやんわり断って代替案を提案しましょう。

あるいは、『以前、ドライブ中に怖い思いをしたことがあってトラウマになっているんです』。とトラウマとして伝えると、無理強いをされずに済みます。

顔写真の撮影の断り方

デート中に『写真、撮っていい?』あるいは『一緒に写真撮ろうよ』と言われることもあるでしょう。

写真を撮影して写真のデータがパパ側にある場合、使用意図が分かりません。

『いつでも自分が見られるように』と口では言っていても、何らかの形でネット上にアップされてしまう危険性もありますし、身バレリスクも高くなります。

パパにとっては若くて可愛い彼女であり、『写真ぐらい…』と応えてあげたいと思うかもしれませんが、不安が残るようであれば断りましょう。

その際には、『写真映りが悪いから写真は好きじゃなくて…。デート中に私のこと、じっくり見てね♪』と可愛く伝えてみるのがおススメ!

あるいは、『写真を悪用されたことがあって、写真を撮るのが怖くなってしまって…』とトラウマとして伝える方法もあります。

旅行の断り方

『どこか遠くに旅行に行こうよ!』『〇〇ちゃんが好きな場所に旅行しよう』と旅行のお誘いを受けることもあります。

旅行には身体の関係も含まれるのがほぼ確定しているので、よく考えて答えを出しましょう。

身体の関係はNGの場合や、『このパパと長時間一緒にいるのは無理』と感じるようであれば、お断りを。

その場合、『××、いいですね!ただ、お泊りはお断りしていて…。せっかくお誘いいただいたのに、すみません。』と旅行はできないことを伝えましょう。

そのほか、日程が合わない、まとまった休みが取れないことを理由にしたり、旅行に行けない代わりに、日帰りで行ける範囲内でのお出かけを提案してみてもいいでしょう。

>>安全に稼げる!20代女性におすすめのパパ活アプリ・サイトはこちら

大人(体)の関係の断り方

パパ活をするうえで決めておかなければいけないのが、大人の関係の有無です。

食事のみではなく大人(体)の関係アリの関係であれば、その分お手当の金額は高くなりますし、大半のパパが体の関係を求めていることを考えても、パパと出会うチャンスは高くなります。

でも、無理に体を許す必要はありませんし、パパが既婚者の場合には不貞行為に該当するなどのリスクも生じます。

体の関係を持つか否か自体は、自分自身で決めること。
でも、パパ活で体の関係を持たない!と決めている方は、あらかじめ断り方をマスターしておきましょう。

大人(体)の関係の断り方
そもそもクソPに出会わないようにするには?

当記事では大人を要求してくるパパへの対処法を紹介していますが、前提としてそんなパパに出会わないのが一番

大人を要求してくるような男性に会いたくない方は、検索機能が充実したパパ活アプリでパパを探してみましょう
パパに最低限求める条件をクリアした男性のみに絞ってアタックできるので、事故率を減らすことができますよ。

おすすめアプリ🥇:ペイターズ
「子供の有無」「見た目(身長・体重)」「学歴」「性格」「年齢」など、最も多彩で細かい検索ができる。
おすすめアプリ🥈:シュガーダディ
「デートの目的」「年齢」「地域」「年収」「資産」「アカウントランク」などで条件検索可能。

プロフィールに記載しておく

パパ活アプリやサイトでパパを探す場合には、自身のプロフィールに体の関係は持たないことを記載しておきましょう。

『大人の関係はナシでお願いします』とプロフィールに一言記載しておくだけなので、簡単です。

>>それでも大人を誘ってくるような男性を避ける方法

顔合わせ時に念押しする

プロフィールに体の関係はもたないことを記載していても、顔合わせ時に、『いくら払ったら、大人の関係になれる?』と聞かれることもあります。

面と向かって言われると断りづらさがありますが、そこで受けてしまうとズルズルと体アリの関係になってしまいます。

初回に、『プロフィールにも記載されていただいているのですが、大人の関係はナシでお願いします』と、しっかり断っておくことが重要です。

セックスが怖いと伝える

大人の関係なしと伝えても、『どうしてダメなの?』と理由を聞いてくるパパもいます。

そもそもパパの多くが大人の関係を求めていることもあり、しつこく迫るパパも多いので要注意!

理由を聞かないと納得しないようであれば、処女であることやセックスが怖いことを理由に断りましょう。

『昔、怖い思いをした経験があってトラウマで…』と伝えるのも一つの方法です。

理由を伝えてもなおしつこく言い寄るような男性とは、体の関係の有無にかかわらず、深い関係になるのを避けましょう。

>>無理に大人を誘ってくる男性を避ける方法

生理を理由にする

デート当日に、『これから、ホテルに行かない?』『今日は大人の関係もいいかな?』などと誘われた際には、生理を理由に断りましょう。

ただし、毎回生理に被るなんてことはそうそうないので、この断り方は何度も使えるものではありません。

もう関係を終わりにしてもいいと思うパパ限定にしましょう。

>>生理と言い出しづらいけど大人を拒否したい方向けのアプリ

>>大人なしで稼げる!ご飯だけのパパ活で稼ぐテクニックについてはこちら

大人(体)の関係を誘わせない方法

大人(体)の関係を断るのは正直気を使います。

誘われる前に、そもそも大人の関係を誘わせないようガードしておくのがおススメ。

具体的にできる、大人の関係を誘わせない方法をみてみましょう。

スキンシップをうまく避ける

パパ活に限らず、スキンシップが増えるのは、男性からの『セックスしたい』の気持ちの表れ。
手を膝や腰、太ももに触れてきたり、もたれかかってきたり。

スキンシップを受け入れてしまうと、パパとしても『体の関係も受け入れてもらえるのでは』と期待してしまってさらに誘われることになりかねません。

スキンシップをしようとしたら、手をそっとパパの方に戻してみたり、近づいたタイミングで少し避けてみたりしてみましょう。

あからさまに嫌な顔をしたり、振り払うとパパのプライドを傷つけてしまうので、ナチュラルに避けるのがポイントです。

帰宅後予定があることをあらかじめ伝える

食事やデートの後にあわよくば体の関係を持ちたいと思っているパパには、デートの後に予定があることをあらかじめ伝えるようにしましょう。

『今日は、この後友達の家にお泊りなんです』と言うのもよいですし、『今日中に仕上げないといけない課題が溜まっているので…』と徹夜することを伝えてみたり。

忙しくても、パパとのデートは楽しみしていたことをプラスして伝えると、パパを不快にさせず、なおかつ喜ばせることもできるのでおススメです。

過去にトラウマがあることを伝えておく

強く誘われたり、他の断り方では伝わらない男性には、性行為に対してトラウマがあると伝えるのも効果的です。

『以前付き合っていた彼氏から性暴力を受けてから怖くて…。』
『性行為でトラブルになった経験がトラウマで。』
と「性行為=怖い」と感じていることを伝えて、それでも強要するパパはいません。

できれば、顔合わせなどのタイミングで伝えておきましょう。

「信頼している』ことをアピールする

パパにとって一番嬉しいのが、「信頼している」「特別」などといったワードです。

自分以外にもパパがいるのかもしれないという葛藤を抱えながらあなたと会っているパパは、体の関係をもつことで特別だと感じたい気持ちもあります。

もちろん、単純にセックスしたいという気持ちもありますが、『信頼しているから、体の関係を持って終わりになりたくない』『〇〇さんは特別だから、ずっとこのままの関係でいたい」などと可愛くお願いされると、受け入れてくれるはずです。

パパのお願いを断る時の気を付けること

パパからお願いをされて、可能であれば応えられるとよい関係を築くことができます。

しかし、どうしても譲れないことや、『これはできない』と思う場合には無理をする必要はなく、その旨伝えなければなりません。

でも、断る際にパパの気持ちを傷つけたり、不快にさせるようではパパとの関係が終わってしまうだけでなく、トラブルに発展したりあなたが不快な思いをすることにもなりかねません。

そこで、パパのお願いを断る際に気を付けることについて解説していきます。

パパのお願いを断る時の気を付けること

ストレートではなくオブラートに包む

パパのお願いを断るときに、理由をストレートで伝えてしまうと場合によってはパパの気持ちを傷つけてしまいます。

もちろん、関係が終わっても構わない場合には直球で伝えても問題ありませんが、今後も関係を続けたいという気持ちが少しでもあるのであればパパの気持ちを考えましょう。

たとえば、大人の関係を誘われた場合にも、『無理です』。と断るのではなく、『〇〇さんのことは素敵だと思っているんですが、どうしても大人の関係は怖くて…。』と伝えた方がパパとしては受け入れやすいです。

代替案を提案する

パパがお願いをして、『無理です。』『できません。』と言われると、少しも寄り添おうとしない姿勢にガッカリしてしまいます。

しかし、『〇〇は難しいんですが、代わりに××はどうですか?』『××でお願いしたいんですが、いいですか?』と代替案を提案されるとたとえパパのお願い自体は断られているとしても不思議と嫌な気持ちになりません。

お願いに対して譲歩できる点があれば可能な限り譲歩できると喜んでもらえます。

申し訳なさを演出する

パパのお願いを断る場合、断る側が悪いわけではありません。

しかし、悪びれずに『無理なものは無理です』という偉そうな態度だと、断られた側であるパパとしては気持ちの良いものではありません。

そこで、『ごめんなさい…。』と申し訳なさを演出しましょう。

『本当はパパのお願いを聞けたらいいんだけど…』という要素を含めて申し訳なさそうにしている姿を見て、結果として断られたとしても男性は自分のお願いを聞こうとしてくれている姿を嬉しいと感じます。

男性は、女性が思っている以上に単純なので、可愛く従順な女の子を演じましょう。

>>30代女性におすすめのパパ活アプリ・サイトについて知りたい方はこちら

パパ活の断り方まとめ

パパ活をしていて、パパとの条件が合わなかったり、パパにお願いをされた場合の断り方についてご紹介しました。

パパとパパ活女子は同じ立場で、自分の条件に合わないことや、やりたくないことを無理にする必要はありません。

でも、中には思いやりや気遣いを求めているパパも多いため、『無理です』と断るのではなく、代替案など何らかの気遣いの姿勢を見せることができるとさらに愛されること間違いなしです。

断り方をマスターして、パパとうまく付き合っていきましょう。

>>女子大学生におすすめのパパ活アプリ・サイトはこちら

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる /

パパ活アプリ
BEST4
特徴

paters
(ペイターズ)

【人気No.1のパパ活アプリ】
会員数200万人でパパと出会いやすい
男性の半数以上が経営者・役員の太パパ
・ご飯のみでも稼ぎやすい
・運営の監視体制バッチリで安心◎
\無料登録で異性のプロフ見放題/
無料登録はこちら

Love&
(ラブアン)

【男性からの支持率No.1】
女性のプロフィール動画が見れる
男性月額料金が安くコスパ良し
・近くにいる相手と即マッチ可能
・20代前半女性の割合が高い
\無料登録で異性のプロフ見放題/
無料登録はこちら

ワクワクメール

【運営歴23年の老舗サイト】
会員数が多く地方でも出会いやすい
検索機能が充実で理想の相手◎
・掲示板があるので誘いやすい
無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「Pappy(パピー)」
Pappy
(パピー)

【新しいパパ活アプリ!】
・ライバルが少なく出会いやすい
・他のアプリで出会えなかった人におすすめ

無料登録はこちら
いつでも退会できます

コメント

コメントする

目次