パパ活と風俗どっちが稼げる?安全性•メリット•向いてるタイプなど徹底比較

パパ活と風俗どっちが稼げる?安全性•メリット•向いてるタイプなど徹底比較

※本記事では、アフィリエイト広告を掲載しています。

パパ活と風俗のどっちが稼げるか比較まとめ

「高額な学費を払うために、すぐにお金が必要」
「普通のバイトだと欲しいものが全然買えない…」

パパ活や風俗は効率よく稼ぎたい女性に人気の職業です。

どちらも男性の相手をする仕事ですが、より短時間でお金を稼げるのはどっちなのか気になる方も多いでしょう。

そこで今回は、パパ活と風俗でいくら稼げるのかを徹底比較していきます。

パパ活と風俗どっちが稼げるか、それぞれのメリットやデメリットも知って、効率よく稼いでいきましょう。

スクロールできます
パパ活風俗
デートのみ5,000〜10,000円
(1回)
なし
セックスなしのお手当5,000〜20,000円
(1回)
2〜3万
(6時間勤務)
セックスありのお手当3〜5万
(1回)
5〜11万
(8時間勤務)
場所パパと決める店舗・ホテル・相手宅
給料保証自分次第あり(店舗による)
集客パパ活アプリ店の知名度
大人の関係パパと決めるあり
サポート出会い機能
通報機能
スタッフによる指導
メリット嫌な相手と出会わなくていい
ハイブランドのプレゼントあり
ご飯だけで稼げる
アプリで全国どこでも出会える
拘束時間が短い
お店が集客してくれる
拘束時間が決まっている
未経験でも稼ぎやすい
労働時間が長いと稼げる
デメリットパパと関係を続けるのが難しい
スケジュール管理が大変
太パパはなかなかいない
お客さんが来ないと給料ゼロ
勤務時間が長い
嫌なスタッフがいるお店だと辛い
写メ日記が必要
写メ日記がネットに残る
\ おすすめアプリはこちら /
無料登録する
※30秒で登録完了
求人サイトを見る
※外部サイトへ飛びます
パパ活と風俗どっちが稼げるか比較
パパ活で稼ぎたい女性におすすめのアプリ

シュガーダディ

  • 男性の年収証明書ありでお金持ちと出会える
  • 顔写真なしの登録ができて身バレしにくい

>>公式サイトで詳細を見る

ワクワクメール

  • 会員数1,000万超えでパパ活初心者におすすめ
  • パパ活利用者が多く出会いやすいのでサクッと稼げる

>>公式サイトで詳細を見る

目次

風俗の種類別稼げる収入比較表

風俗と一声にいっても様々な種類のものがあり、種類によって男性へのサービス内容も変わるので、収入にも大きな差があります。

そこで、代表的な風俗ごとに、収入の目安を表にまとめました。

下記の表は、1日に5人前後の男性を接客して月に20日出勤した場合の収入目安です。

風俗の種類日給月給
ピンサロ10,000円~15,000円200,000円~300,000円
メンズエステ30,000円~60,000円600,000円~1,200,000円
オナクラ25,000円~30,000円500,000円~600,000円
デリヘル30,000円~200,000円600,000円~4,000,000円
ホテヘル30,000円~150,000円600,000円~3,000,000円
ソープランド70,000円~250,000円1,400,000円~5,000,000円

店のレベル(大衆・高級)やオプションの有無、プレイ時間にもよって風俗で稼げる給料は大きく変わります。

風俗の種類ごとに、詳しくご紹介していきましょう。

>>パパ活でいくら稼げるのか風俗と比較してみる

風俗の種類

タップで読みたい所に移動できます

ピンサロ

ピンサロとは、手コキやフェラのみで男性を射精させる仕事です。

ピンサロは飲食店扱いされているグレーな風俗なので、素股や本番行為はありません。

店によっては女の子への手マンをOKにしていることもありますが、多くの店ではNG行為です。1人1人の男性に付く時間が15分~30分程と短いので、来店客が多ければ効率よく稼ぐことができます。

またピンサロは女の子のビジュアルレベルに厳しくないので、容姿に自信のない方でも気楽に働くことが可能です。ただしピンサロは1人の男性から発生する単価も安いため、デリヘルやソープよりは確実に稼ぎが少なくなります。

店内にシャワールームがなくおしぼりなどで男性器を拭いてからプレイをするので、衛生的ともいえません。ピンサロは1人の男性に長い接客をしたくない人に向きますが、安全に高収入を得たい方には向かないでしょう。

口だけならパパ活の”プチ”がおすすめ

パパ活のプチとは、挿入のない性行為で会うこと。

車や満喫、ホテルなどで手コキやフェラだけで終わるデートですね。

プチなら10〜30分程度で終わり、5,000〜10,000円稼げます。

ピンサロだと6時間勤務で、日給20,000円ほどなので、パパ活のプチはかなり効率が良いです。

ピンサロ20,000円くらい
(6時間勤務)
プチ5,000〜10,000円くらい
(10〜30分)
ピンサロとパパ活のプチの給料比較

プチであればワクワクメールの出会い掲示板がおすすめですね。

プチでさくっと会いたいと思っている男性が多いので、すぐにデートの予定が組めますよ。

メンズエステ

メンズエステとは、その名の通り男性にマッサージなどを行うエステを指します。

フェラや手コキ・素股などの性的なサービスで、男性を射精させる行為は一切行いません。ただし、施術を行う女性はセクシーな衣装を着ることが多く、マッサージは男性器ギリギリの際どい部分も触るのが特徴です。

メンズエステは厳密に言うと風俗ではないのですが、施術が性感マッサージよりなので風俗扱いをされています。コースの長さやオプションによって男性1人の単価は異なりますが、ピンサロよりも2~3倍はお金を稼げます。

メンズエステは男性客に体を触られることもないので、女性側が主導権を握ることが可能です。

オナクラ

オナクラとは、「オナニークラブ」の略です。

男性のオナニーを見たり手伝ったりするのがメインなので、男性から体を触られることはありません。オナクラは1人1人の男性客への接客時間が短いので、数をこなせば短時間で高収入を狙えます。

またオナクラにはディープキスやパンツの持ち帰りなどのオプションがあるのが特徴です。1回のオプションで、平均3,000円~5,000円程度のインセンティブが付きます。

40%~70%程が女性のバックになるので、オプションを付けてもらえればもらえるほど日給は高くなるのです。体を触られることに抵抗がなく、オプションにも臨機応変に対応できる女性は稼ぎやすいでしょう。

デリヘル

デリヘルはデリバリーヘルスの略で、派遣型の風俗店を指します。男性が待機している自宅やホテルに出向き、性的サービスを提供するのが仕事です。

ただし、デリヘルの場合、本番行為は禁止されています。メインになるのは、「キス」「パイズリ」「手コキ」「フェラ」「素股」などの性的サービス全般です。

本番行為以外の性的サービスは、全て行う可能性があると考えて良いでしょう。あなた自身が男性に手マンやクンニをされ、責められる側に回ることも普通です。

一緒にお風呂に入ったり、射精後にはイチャイチャしたりと接客スキルも求められるのが特徴と言えます。デリヘルはピンサロやオナクラよりも男性1人あたりの単価が高いので、コンスタントに指名客をとれれば月に1,000,000円以上の収入も射程圏内です。

高級店舗に在籍したり、写メ日記で男性客の集客を図ったりすれば稼げる収入にも天井がありません。

なお、パパ活にも挿入のない性行為をして手軽にお手当を貰う「プチ」と呼ばれるスタイルがあります。

お店を通して決まった場所に出向かなければならないデリヘルとは異なり、車内や公園などでサクッと済ませられるので拘束時間が短いのが特徴。

本番行為はしたくないけどお店に出勤して拘束もされたくないという方にはプチもおすすめですよ。

>パパ活「プチ」の相場や内容を詳しく見る

ホテヘル

ホテヘルとは、「ホテルヘルス」の略でサービスの内容はデリヘルとほぼ同じです。

ホテヘルの場合は、男性客と一緒にラブホテルやレンタルルームなどに出向いてサービスを提供します。デリヘルのように、男性の自宅へ向かうことはありません。

お金の受け渡しは男性が店舗スタッフに行うので、ホテヘルをする女性が男性客とお金のやり取りをすることもないのです。デリヘル同様に本番行為以外の性的サービスを全般的に行うので、1日で数万円、1ヵ月で1,000,000円以上を稼げることもあります。

ソープランド

稼げる風俗と言えば、真っ先にソープランドを思い浮かべる方も多いでしょう。

ソープは、本番行為もありの風俗店です。本番行為ありと言っても、多くの店ではコンドームの着用が義務とされているので妊娠や性病のリスクは低いでしょう。

ソープの場合はデリヘルやホテヘルと比較して、男性1人あたりが使う金額もがグッと上がります。人気のソープ嬢であれば、月に3,000,000円~5,000,000円稼ぐことも珍しくありません。

ただしソープランドは、女性の容姿や接客レベルで人気が大きく左右されます。高級店のソープランドでは、お客様のお出迎えからお見送りまで一切接客の手を抜けません。

容姿や接客に自信があり、本番行為にも抵抗がない女性であればソープ嬢として稼いでいけるでしょう。

パパ活と風俗を完全比較

「パパ活と風俗は、どっちが安全?」
「給料以外の違いは何?」

このようにパパ活と風俗では具体的にどんな違いがあるのか知りたい方も多いでしょう。パパ活と風俗の違いを、徹底的に調査していきます。

下記の表を参考にしてください。

項目パパ活風俗
対面場所相手次第自宅・店舗・ラブホテル
給料の保証なしあり
大人の関係(性的サービス)交渉次第あり
集客力自分次第店のバックアップ有り
スタッフのサポートなしあり
タップで読みたい所に移動できます

対面場所

風俗とパパ活では、男性と対面する場所に違いがあります。

風俗の場合は、店舗内やラブホテルで男性と会うことがほとんどです。デリヘルは男性からの依頼で自宅へ向かうこともありますが、確率は多くありません。

実家暮らしや既婚の男性であれば風俗嬢を自宅へ呼ぶことは難しく、一人暮らしでも人目を気にしてホテルや店舗を選ぶ男性が多いです。

対して、パパ活はお店を通さないので、対面場所は当人同士の自由になります。自宅かラブホテルの可能性は高いですが、パパによってはビジネスホテルやレンタルスペースを提案してくることもあるでしょう。

パパ活の場合、パパ次第では予想外の場所で大人の関係になることも頭にいれておいてください。

給料の保証

パパ活は当人同士のやり取りなので、お手当の保証システムは当然ありません。

もしパパがお手当を渡さずに逃げたとしても、自分で対応する必要があるのです。一方で風俗であれば、男性から利用料を貰えない可能性はほとんどありません。

店舗型の風俗であれば男性スタッフが会計を行ってくれますし、派遣型であっても事前にスタッフが男性の本人確認を行っているので安心です。

また風俗の場合、お客さんがつかなくても「○時間待機で○○円」と最低限の給料が確約されています。出勤さえしていれば、男性客が付かなくても最低限の給料は支給されるのです。

しかし、パパ活の場合、会ってくれるパパが居なければ収入は0円のままになります。風俗のように、最低限の給料が支給されるなどの保証はありません。

大人の関係(性的サービス)

風俗の場合、男性に性的サービスをするのが前提です。

男性はお金で性的サービスを買っているので、風俗で働く女性には性的サービスを断る権利がないと考えましょう。

対してパパ活の場合は、性的サービス無しでもお金を稼げます。食事や買い物のみのデートでも女性に対してお金を払う男性も多く、実際にセックスなしのパパ活で稼いでいる女性は多いです。

もちろん大人の関係ありだとお手当も高くなりますが、交渉次第では食事デートのみで大金を稼ぐこともできます。

集客力

パパ活と風俗では、自分のお客様を集める力(集客力)に差が出てきます。

パパ活の場合、パパ活アプリで相手を募集するのが一般的です。その為あなたの宣伝はあなた自身が行う必要があり、集客を誰も手伝ってはくれません。

しかし風俗であれば、店に在籍するのであなたの宣伝を店がバックアップしてくれるのです。店のサイトや地方雑誌にあなたのプロフィールを載せて貰えるので、大きな宣伝力となります。

パパ活アプリでは集客力が弱く、風俗であれば店のバックアップで集客力にも期待できるのがポイントです。

スタッフのサポート

風俗は店を運営するスタッフがいるので、いつでもサポートを受けられる環境で働くことができます。

本番行為禁止の店で犯されそうになったり、暴力をふられたりしてもスタッフがサポートに回ってくれるので安心です。しかしパパ活の場合、パパとの間に生じたトラブルは全てあなたが対応をしなければなりません。

嫌なことをされても、お金がもらえなくても、在籍しているお店がない限り全ての責任はあなたにあります。スタッフのサポートがあるかないか、パパ活と風俗ではこれが大きな違いです。

パパ活のメリット・デメリット

パパ活にはどんなメリットやデメリットがあるのかご紹介していきます。

風俗とパパ活でどっちを選ぶか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

パパ活のメリット・デメリット

タップで読みたい所に移動できます

パパ活のデメリット

パパ活には、下記のデメリットが挙げられます。

パパ活のデメリット
  • トラブルの対処は全て自分で行う
  • サポートしてくれるスタッフがいない
  • 個人的な連絡先を尋ねられることが多い
  • 顧客の獲得は自分の力だけで行わなければならない

風俗と異なり、パパ活はあなた対パパの個人的なやり取りで行います。店舗に在籍するわけではないので、トラブルが起きた際の対処は全て自分で行わなければいけません。

例えばパパに手をあげられたり、お手当を貰い損ねたりしても誰もサポートをしてくれません。

また、パパ活アプリで男性と出会った場合、LINEやメールアドレスなど個人的な連絡先を求められることが多く、友人や恋人に見られて周囲にパパ活がバレてしまう危険性もあります。

とはいえ、お手当はデートの序盤で貰っておいたり、パパとのやり取りはこまめに削除するなど、自分の身を守るように徹底していればお店を通すよりも自分のペースで稼げますよ。

>>パパ活のトラブルや対処法を詳しく見る

パパ活のメリット

安全性が確かではないデメリットが目立つパパ活ですが、下記のようなメリットもあります。

パパ活のメリット
  • 自分でお手当の交渉ができる
  • お手当は100%あなたの取り分
  • 嫌なパパには会わなくていい
  • 大人の関係なしでも稼げる

パパ活は個人間のやり取りになるので、パパから貰ったお手当は100%があなたの取り分です。風俗のように、お店に何割かの報酬を取られてしまうことはありません。

またお手当の交渉が自由にできるので、簡単に時給アップを狙うことができます。1回あたりのデート金額を高くしてもらったり、都度ではなく定期でのお手当をお願いしたりすれば、自ずと稼ぎは増えていきます。

風俗ではあなたの意思でお客様へ報酬アップを要求することはできません。店を通さないで直接お客様へ金銭を要求するのは「裏引き」と呼ばれる禁止行為です。

万が一見つかった場合、退店を余儀なくされるでしょう。またパパ活は風俗と異なり、食事や買い物デートだけでもお金を稼ぐことができます。

一度会ってイマイチ感じた男性は連絡を絶って会わなければいい話なので、自由にパパを選ぶことができるのもパパ活ならではのメリットです。

風俗のメリット・デメリット

続いて風俗のメリット・デメリットを比較していきましょう。

風俗のメリット・デメリット

風俗のデメリット

風俗には、下記のようなデメリットが挙げられます。

風俗のデメリット
  • お客様を選べない
  • 男性が支払う金額=取り分ではない
  • 性的サービスが前提

風俗は店舗に在籍して働くので、男性客が支払う金額をお店とあなたで分けることになります。

割合はお店によって異なりますが、パパ活のように100%の金額が自分のものにならないのはデメリットでしょう。また風俗は性的サービスを提供する場なので、パパ活のように食事やデートだけでお金を貰うことはできません。

生理的に無理な容姿の男性や、上から目線の失礼な男性が来てもプロ意識を持って性的サービスを提供しなければいけません。基本的に風俗嬢は男性を選ぶことができないので、「嫌だ」と感じた男性にも接客を強制されるのもデメリットです。

風俗のメリット

風俗のメリットは、下記が挙げられます。

風俗のメリット
  • スタッフのサポートが手厚い
  • 給料が保証されている
  • 店があなたを宣伝してくれる
  • 個人的な連絡先交換を断りやすい

風俗の場合、男性との間にトラブルが発生した時にお店のサポートが受けられるのが1番のメリットです。

えばデリヘルやホテヘルで本番行為の強要をされそうになっても、店に報告をすればすぐにスタッフが対処してくれます。トラブルを自分1人で抱え込む必要がないのです。

店にとって不利益だと判断された男性客は出禁処置などが取られるので、しつこく同一の人物に付きまとわれる心配もありません。パパ活のように男性がお金を払わずに逃げてしまう可能性も少なく、待機保証もあるので給料面も安心できます。

SNSや雑誌での宣伝もしてもらえるので、集客力がパパ活に勝るのもメリットです。

パパ活に向いている女性の特徴

どんな女性がパパ活に向いているのか、特徴をいくつかご紹介していきます。

風俗とパパ活を天秤にかけ、どっちが自分に向いているのか悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。

パパ活に向いている女性の特徴

年上の男性に抵抗がない

年上の男性に抵抗がなく、むしろリスペクトできる女性はパパ活に向きます。

パパ活市場では、20代~30代の若い男性はかなり少数派です。多くの男性が30代~60代と大人世代なので、女性よりもはるかに年齢を重ねている傾向にあります。

あなたが年上の男性に抵抗がなく、父親世代の男性ともフランクに接することができればかなりの武器になるでしょう。反対に年上の男性に抵抗がある女性であれば、相手探しに苦労するのでパパ活で稼いでいくのは厳しいです。

お酒が飲める

パパ活では、お酒を飲める女性の方が稼ぎやすい傾向にあります。

食事デートをする場合、一緒にお酒が飲める女性を希望するパパは意外と多いです。特別アルコール体制が強い必要はないですが、軽く1~2杯程度は一緒にお酒を飲めた方が社交的な印象を残すことができます。

「お酒は絶対に飲みたくない」
「下戸だから、お酒は一滴も飲めない…」

このような女性は、お酒を飲める女性よりも稼ぎにくいです。

パパ活は風俗と異なり、食事を一緒に楽しめるかどうかも重要なポイントになってきます。お酒を飲める人は、パパ活に少し有利なので覚えておきましょう。

ハッキリと物事を言える

パパ活は、男性に対してハッキリと物事を伝えられる女性が向きます。

パパ活は、ありとあらゆるトラブルを自分1人の力で解決しなければいけません。風俗と異なり、助けてくれるスタッフはいないのです。

例えばパパがお手当を出し惜しんでいる時は、ハッキリとお手当を要求する思い切りが必要になります。ハッキリと物事を言えないばかりに、お手当を貰えなければ時間を無駄にするだけです。

基本的にパパ活では謙虚な姿勢でいる方が好感を持たれますが、時には男性にハッキリと物事を言える女性の方がパパ活は向きます。

風俗に向いている女性の特徴

パパ活ではなく、風俗に向く女性にはどんな人なのでしょう。特徴をいくつかまとめたので、参考にしてください。

風俗に向いている女性の特徴

接客が得意

接客経験が豊富で、人と話すことが好きな女性は風俗に向きます。

風俗は性的サービスを提供する場ですが、コミュニケーション能力が伴わなければ稼ぐことができません。

お出迎えやお見送り、入浴中など男性と会話をしなければいけないシーンは多数あります。黙々と性的サービスだけをこなしても、男性からリピートはされません。

風俗では、男性との会話も立派な仕事の1つなのです。パパ活と異なり、男性は風俗嬢を素人ではなくプロとして見ています。

ある程度接客経験があり、会話スキルのある女性ほど風俗向きです。

性行為に抵抗が少ない

風俗で働くには、性行為に抵抗が少ない女性ほどスムーズに仕事を始められます。

パパ活と異なり性的サービスを提供するのが大前提なので、性行為に抵抗が強い人に風俗は向きません。

風俗が向いている女性
  • 元々性欲が強い
  • 男性に身体を触られるのが嫌いではない
  • 初対面の男性とも性行為ができる

上記のように、不特定多数の男性との性行為が楽しめる人ほど風俗は向きます。

時間に融通が利く

風俗でお金を稼ぐには、時間に融通の利く女性ほど有利です。

風俗は出勤と同時にお客様から指名が入ったり、フリー客を回してもらえたりするとは限りません。出勤してからは、ある程度お客様の来店を待機している必要があります。

2~3時間の出勤ではお客様がつかず、収入に繋がらない可能性もあるのです。長く待機できればできるほど収入に繋がる可能性が高いので、なるべく長い時間を出勤に充てられる女性の方が稼ぎやすくなります。

繁忙期やスタッフ不足の期間など、ココ1番の時にはいつでも出勤できるような女性が風俗向きです。

サポートのある環境で働きたい

パパ活のようにトラブルを自分1人で解決することに自信がない方は、風俗で働く方が安心です。

風俗には必ず運営に携わるスタッフがいるので、トラブル発生時にはサポートを仰げます。自分1人でお客様と対面し、怖い思いをしながらトラブルを解決する必要がありません。

いざという時には、スタッフのサポートがあるという安心感の強い環境で働きたければ風俗が向くでしょう。

メンタルが強い

メンタルが強い女性ほど、風俗に向きます。

風俗は毎日初対面の男性と性行為をするのが仕事なので、肉体的な疲労が溜まりやすい仕事です。またお客様の中には誹謗中傷を直接国にする方も多く、精神を病んでしまう女性が後を絶ちません。

掲示板にお客様から接客や容姿の批評を書き込まれることも多く、過剰に気にしてしまうあまりうつ病を発生してしまう事例もあります。

その為風俗で働くには、お客様に嫌な思いをさせられても屈しないような強いメンタルが必要なのです。
常に自分のご機嫌を自分で取り、メンタルケアをしっかり行える女性は風俗に向きます。

パパ活と風俗のどっちが稼げるか比較まとめ

今回は、パパ活と風俗はどっちが稼ぎやすいかを特徴やメリット・デメリット・安全性などを徹底比較しました。

風俗の種類日給月給
ピンサロ10,000円~15,000円200,000円~300,000円
メンズエステ30,000円~60,000円600,000円~1,200,000円
オナクラ25,000円~30,000円500,000円~600,000円
デリヘル30,000円~200,000円600,000円~4,000,000円
ホテヘル30,000円~150,000円600,000円~3,000,000円
ソープランド70,000円~250,000円1,400,000円~5,000,000円
デート内容お手当相場平均時間時給換算
顔合わせ3,000~10,000円30分~1時間6,000~10,000円
食事5,000~30,000円1~3時間5,000~10,000円
買い物3,000~20,000円30分~2時間6,000~10,000円
カラオケ5,000~20,000円1~3時間5,000~6,500円
旅行100,000~200,000円24~36時間4,200~5,500円
大人(セックス)10,000~100,000円1~3時間10,000~30,000円

パパ活と風俗を比較すると、稼ぎやすさは風俗に軍配が上がります。

しかし、風俗は、パパ活よりも高い接客スキルや容姿レベルが求められるのが現状です。歩合制なのでお客がつかなければお金も貰えず、基本的に来店したお客様を選ぶことは出来ず生理的に受け付けないような相手にもサービスをしなければいけません。

一方でパパ活は相手を探す手間はあるものの、アプリなどを通して事前に相手の情報を知って選べるのが嬉しいポイント。自分に合った時間で自分に合った相手とパパ活が出来るので、気楽に稼げるのも魅力的ですね。

パパ活と風俗、どっちが自分に向いているのか迷う方は安全面や稼ぎやすさ・気軽さを天秤にかけて考えてみてください。

スクロールできます
パパ活風俗
デートのみ5,000〜10,000円
(1回)
なし
セックスなしのお手当5,000〜20,000円
(1回)
2〜3万
(6時間勤務)
セックスありのお手当3〜5万
(1回)
5〜11万
(8時間勤務)
場所パパと決める店舗・ホテル・相手宅
給料保証自分次第あり(店舗による)
集客パパ活アプリ店の知名度
大人の関係パパと決めるあり
サポート出会い機能
通報機能
スタッフによる指導
メリット嫌な相手と出会わなくていい
ハイブランドのプレゼントあり
ご飯だけで稼げる
アプリで全国どこでも出会える
拘束時間が短い
お店が集客してくれる
拘束時間が決まっている
未経験でも稼ぎやすい
労働時間が長いと稼げる
デメリットパパと関係を続けるのが難しい
スケジュール管理が大変
太パパはなかなかいない
お客さんが来ないと給料ゼロ
勤務時間が長い
嫌なスタッフがいるお店だと辛い
写メ日記が必要
写メ日記がネットに残る
\ おすすめアプリはこちら /
無料登録する
※30秒で登録完了
求人サイトを見る
※外部サイトへ飛びます
パパ活と風俗どっちが稼げるか比較

>>おすすめのパパ活アプリランキングを見る

コメント

コメントする

目次