【男女別】パパ活で失うもの・後悔したこと調査!手遅れになる前にチェック

【男女別】パパ活で失うもの•後悔したこと調査!手遅れになる前にチェック

※本記事では、アフィリエイト広告を掲載しています。

時間を忘れて、若い女の子と食事やデートをしたいパパと、食事やデートの代償でお小遣いやプレゼントを受け取ることができるパパ活女子は、パパ活を通したWINWINな関係です。

パパ活をしている全員が、後ろめたいことが何一つないわけではありません。
何らかのリスクを背負いながらパパ活をしている人がほとんどです。

お互いにメリットの多いパパ活ですが、パパ活をして何かを失うものがあった、パパ活をしたことを後悔している人の声も見られます。

パパ活経験者が失ったもの、パパ活したことを後悔している理由に迫ります。

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる /

パパ活アプリ
BEST4
特徴

paters
(ペイターズ)

【人気No.1のパパ活アプリ】
会員数200万人でパパと出会いやすい
男性の半数以上が経営者・役員の太パパ
・ご飯のみでも稼ぎやすい
・運営の監視体制バッチリで安心◎
\無料登録で異性のプロフ見放題/
無料登録はこちら

Love&
(ラブアン)

【男性からの支持率No.1】
女性のプロフィール動画が見れる
男性月額料金が安くコスパ良し
・近くにいる相手と即マッチ可能
・20代前半女性の割合が高い
\無料登録で異性のプロフ見放題/
無料登録はこちら

ワクワクメール

【運営歴23年の老舗サイト】
会員数が多く地方でも出会いやすい
検索機能が充実で理想の相手◎
・掲示板があるので誘いやすい
無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「Pappy(パピー)」
Pappy
(パピー)

【新しいパパ活アプリ!】
・ライバルが少なく出会いやすい
・他のアプリで出会えなかった人におすすめ

無料登録はこちら
いつでも退会できます
目次

パパ活で失うもの(男性編)

パパにとってパパ活は、家族や職場の後輩、部下とは違う若くて可愛い女の子とデートや大人の関係になれる夢のような時間です。

もちろん対価としてお金は必要となりますが、男性たちはお金を支払ってでもパパ活に魅力を感じています。

満足している男性が多い一方で、パパ活で何かを失っている人もいます。
男性がパパ活で失うものとはいったい何でしょうか?

パパ活で失うもの(男性編)

お金

前述したように、パパ活女子と過ごすためには、お金がかかります。

女性へのお手当に加え女性との食事代、大人ありでホテルに宿泊するのであればホテル代、旅行費やプレゼント代…。
支払えば支払うほど女の子は喜んでくれるので、ついつい支払ってしまうというのがパパ心なのでしょう。

特に、一人の女性にのめりこんでしまうと、もっと喜ばせたい、彼女を独占したいという思いから、言われるがままにお金を支払い、プレゼントをあげる…と予算を超えてしまうことも。

もちろん、パパ活をする男性は高収入で高いステータスを誇る方ばかりではあるものの、回数を重ねると金銭的負担になるのは間違いありません。

>>お金をかけたくない方向け!男性でも無料で使えるパパ活アプリはこちら

家庭

既婚男性のパパ活は、家庭崩壊の危険と隣り合わせですが、その失うものの大きさにパパ活中は気づくことができません。

見知らぬ女性にお金を支払ってデートや食事、さらには大人の関係をもっているとなると奥さんはもちろん子どもも不快ですし、信頼を失います。

結果として、これからは家族としてやっていけないと判断され、家庭を失うことになりかねません。

家庭がある以上、守るべきものは家庭であるはず。
パパ活をするのであれば、家庭に影響を及ぼすことのないよう徹底的な対策でバレないようにしなければなりません。

>>家庭を壊さないために!身バレしないパパ活アプリはこちら

社会的地位

パパ活をする男性は、大企業に勤めていたり、医者や弁護士、経営者など社会的地位の高い職業に就いていたり…と高いステータスを誇る方が大半です。

パパ活自体は合法のため、問題ないものの、相手が未成年だった場合は別です。
未成年と性的関係を持つことは児童買春として法に触れる行為です。何らかの原因で会社や職場にバレてしまったり、訴えられるなどした場合には社会的地位を失うことになりかねません。

パパ活女子の中には、年齢を偽っているケースも少なくないため、非常にハイリスクと言えるでしょう。

パパ活で失うもの(女性編)

パパ活女子にとっては、パパと食事やデート、時には身体の関係を持つなどしてお小遣いを受け取れるパパ活は、メリットが多いように感じます。
短時間で高額のお小遣いをもらえるとあって、パパ活一本で生活しているパパ活女子の姿もあるほど。

でも、中にはパパ活で何かを失ったと感じているパパ活女子もいることから、人によって色々な経験や価値観を持っていることが分かります。
いくらパパ活に魅力があっても、何かを失ってまで続けたくない。そんな方必見の、パパ活女子がパパ活で失うものについてみてみましょう。

働くことに対する意義

パパ活で稼げるようになってしまうと、一般の仕事やアルバイトで働く意義が感じられなくなります

1日数時間のパパ活で数万円のお手当がもらえるのであれば、たとえば時給千円でアルバイトすることや、月給数十万円の給料で朝から夜まで働くことなどできないと思ってしまうのも無理はありません。

人は生きるために一生働ければなりません。働くことの意義は、パパ活で失うもの中でもこれからの人生に非常に大きな影響を及ぼします。

大切な身体

パパ活をするパパの中には、食事やデートなどだけでお手当をくれる人もいますが、大半のパパは大人の関係を望んでいます。
高収入を得たいと思うのであれば、身体の関係(通称:大人)は必須と言っても過言ではありません。

パパが一人なのであればそれほど負担でなくとも、複数人のパパとかわるがわる身体の関係を持つとなると身体へも負担がかかります。

身体の関係を持つ以上、やっていることは風俗やデリヘル嬢と何ら違いなく、不特定多数との性交渉は性病や不妊の原因になることも…。
その時は良いと思っていても、後から大切な身体を傷つけ失ったと感じるパパ活女子の声も少なくありません。

>>大人なしで稼ぐ方法は?パパ活でご飯だけで稼ぐコツはこちら

大人としての常識

パパ活をしていると、仕事やお金、性に対する考え方が一般常識と離れていってしまいます。
その結果、自分では当たり前でも、気づいたら周りの友達や普通と大きな差ができてしまいます。

たとえば、食事をする場所一つとっても、パパ活でパパに高級レストランやホテルに連れて行ってもらってばかりいると、チェーン展開されているレストランやファーストフードにはいかなくなります。
移動手段も、公共機関を利用したり、一足先まで歩くこともしなくなるかもしれません。

何を常識と呼ぶかは人それぞれですが、パパ活の影響でパパ活を始める前の交友関係や価値観と大きく違っているのであれば、大人としての常識が失われていると言えるでしょう。

友人・知人

パパ活に対して、「不純」「汚い」などといったネガティブなイメージを持つ人は少なくありません。

あなたがパパ活をしていることを知って、離れていってしまう友人・知人がいるのであれば、あなたはパパ活で大切な人を失ったことになります。

実際、パパ活女子の中には『パパ活なんて、やめた方がいいよ』などとパパ活を止められたもののパパ活を続けたことで友達との関係が終わった経験をした人もいます。

失うものの大きさに気づいて『あのとき助言通り、パパ活をやめておけば…』と思っても、後の祭りです。

貴重な時間

パパ活女子の年齢は、10代後半~20代がメインです。
若い頃には、若さがあるその時しかできないことがたくさんありますよね。

過ぎ去った時間は二度と戻ってこないからこそ、『パパ活なんてせずに、本気で恋人と過ごせばよかった』『もっと、色々な経験をすればよかった』と感じているパパ活女子の姿もあります。

お金目当てにパパ活をしたことで、貴重な時間を失うことになりかねません。

>>おすすめのパパ活アプリ・サイトを知りたい方はこちら

パパ活をして後悔した理由(男性編)

パパ活はパパにとっても、日常では出会えない若い女の子と楽しい時間を過ごせる有意義な時間です。
でも、中にはパパ活をして後悔した人の声もあります。

後から『パパ活なんて、しなければよかった…』と後悔しないよう、パパたちがどんな理由で後悔しているのか、解説します。

バレてイメージが悪くなった

パパ活していることが家族や職場にバレてしまってイメージが悪くなると、パパ活を後悔するのは間違いありません。

思っている以上に人の目はたくさんのところにあるもの。

パパ活アプリやLINEなどでのやりとりは全て消去するなど徹底的にバレない工夫をしていたとしても、レストランで食事しているところやホテルに入ろうとしている姿をみられてしまうかもしれません。

そうなると、『あの人、パパ活してるんだ~』『援交している』などとどんどん尾びれがついて噂が大きくなっていきます。
否定したとしても効力がなく、レッテルを貼られたまま過ごしていかなければなりません。

『パパ活さえしなければ…』『パパ活なんて、やめておけばよかった』と後悔するのは必須でしょう。

自分はお金だけの存在だと感じた

パパ活女子にとって男性たちは「お金をくれる」存在であって恋人ではありません。

それを理解したうえでパパ活をしていても、女の子との疑似恋愛を楽しんでいると、ついつい恋人気分に浸ってしまう男性も多いです。

自分は恋をしているのに、女の子にとって必要なのはパパである男性の愛情ではなく「お金」。
自分とと女の子との気持ちの差にショックやむなしさを感じて、パパ活をしたこと自体を後悔する男性は少なくありません。

実際、予算の関係上お手当やプレゼントを減額しようとしたら関係を切られてしまったり、デートの約束をしていて、振り込みでの先払いをお願いされ支払ったところ連絡がとれなくなった…など辛い経験をした人もいるようです。

パパ活をして後悔した理由(女性編)

パパ活をして後悔しているのは男性のみならず、女性にもいます。むしろ、女性の方が後悔しがちと言っても過言ではありません。

では、パパ活女子たちはどんなことでパパ活をしたことを後悔しているのでしょうか。

性的被害にあった

パパ活で最も後悔しているのが、半強制的に身体の関係を強いられたり、キスや過剰なスキンシップなどの性的被害に合った女性たちです。

同意のもとであれば仕方がありませんが、同意していないにもかかわらず強制的な性的行為は精神的・肉体的苦痛をよぎなくされます。

また、パパ活による性被害であることで、家族や友人に相談できずに一人で抱え込み、立ち直ることができない女性も大勢います。

どれだけ気軽な気持ちでパパ活をしたことを後悔しても、何の意味もありません。

>>パパ活は盗撮されるリスクも!盗撮の手口や対処法についてはこちら

金銭感覚がズレてしまっている

パパ活で簡単にお手当やプレゼントをもらい、高価な食事に連れて行ってもらっていると、金銭感覚がズレてしまい、普通の金銭感覚を取り戻すことができません。

でも、いつまでもパパがそばにいて援助してくれるという保証はどこにもありません。ある日突然パパとの関係が終わったり、パパ活をやめざるを得なくなったとき、世間ズレしたままの金銭感覚では生き辛さを感じます。

以前はファーストフードも美味しいと感じていたのに、パパと過ごして舌が肥え、ファーストフードやでき合いものを美味しいと感じないのでは、その先ずっと辛い思いを続けていかなければいけません。

『パパ活をしなければ…』と後悔するケースは少なくありません。

身体を売ることに対する抵抗感がなくなる

パパ活で複数のパパたちと身体の関係を持っていると、身体を売ることに対して抵抗感がなくなります。

「普通の仕事よりも、身体を売った方が手軽に稼げる」。そんな安易な考えから就職をせずに風俗やデリヘルなど身体を売ることを仕事にしてしまう女性も多く見られます。

恋愛ができない

パパ活でパパからお手当やプレゼントをもらっていると、「お金=愛情」と勘違いしてしまいます。

本来、愛情はお金だけではないはずなのに、『愛情があったら、もっとプレゼントを買ってくれるはず』『私のことを好きなら、私が望むようにしてくれる』などと思ってしまい、普通の恋愛ができません。

また、お金をもらわずに身体の関係を持つこともできなくなります。
一度思い込んでしまうと修正するのは非常に困難。パパ活の経験を後悔しても、元々の感覚に戻るのには時間がかかります。

大切な人にバレてしまった

家族や友人、彼氏など大切な人に隠してパパ活をしていても、何らかの原因でバレてしまうこともあります。

パパ活がバレた時、『もうやめようね』とすんなり受け入れてくれるのはごくわずか。むしろ、ほとんどないと言えるでしょう。

親から勘当され、彼氏とは別れ、友人も離れていく…などといった最悪の状況も考えられます。婚約中の彼氏から、婚約破棄されたパパ活女子の経験談があるほど、パパ活がバレることは生活に深刻な影響を及ぼします。

大切な人を失ったとき、全てをパパ活のせいにして後悔しても、戻ってはくれません。

>>後悔しない!安全な20代女性向けのおすすめパパ活アプリはこちら

パパ活で後悔しないための3つのポイント

パパである男性、パパ活女子共にパパ活をしたことを後悔している人がいます。
一方でパパ活にはメリットや魅力もあるので、パパ活をしたいと思う人も変わらずいることも事実としてあります。

パパ活をするのであれば、後悔することのないよう自身でパパ活のルールを作ったり、常に注意するなどリスク管理をしながらパパ活をしていくことが大切です。
そこで、パパ活で後悔しないための3つのポイントについてみてみましょう。

優先順位を遵守する

パパ活を始める前には、優先順位をつけ、遵守するようにしましょう。

たとえば男性であれば社会的地位や家庭、女性は彼氏や大切な人、学業などいくらパパ活にハマったとしてもこのボーダーラインは絶対に超えないという強い意志が必要です。

ついついパパ活が楽しくなると、『これくらい…』と羽目を外してしまいがちですが、後で後悔するのは目に見えています。

自分が最も大切なものは何かを考えたうえで、支障のない範囲でパパ活をしましょう。

大人の関係になるか否か

同じパパ活でも、食事やデートするだけのものと大人の関係になるかどうかで大きく違います。

たとえお手当としてお金が発生したとしても、食事やデートであれば世間一般的なイメージはそれほど悪くはなく、「年上の男性が、若い女性と楽しく過ごしている」程度です。

しかし、大人の関係となると、「売春」「援交」などといったネガティブなイメージとなるため世間の風当たりが厳しくなります。
男性としても、身体の関係の有無によって家族や職場への印象は大きく異なるでしょう。

パパ活をした女性の中には、軽い気持ちで大人の関係になったことを後悔している人も多いです。

パパ活のお手当自体は大人の関係アリの方が高いですし、そもそもパパも見つかりやすいです。
しかし、本当に身体を許してもいいと思っているのか、後から後悔しないのか…など、しっかり考える必要があります。

向いていなければ、深追いせずすぐに辞める

いくら流行っているとはいえ、全ての人が楽しい、無理なくできるというわけではありません。

それは女性だけでなく、男性も同じこと。
パパ活を数回やってみて、自分には向いていないと思った場合には、おそらくこの先何人とパパ活をしても同じです。

男性も、女の子にお金を支払うのが惜しいと感じるのであれば、パパ活には向いていません。

パパ活は無理をしてまで続けるべきものではないので、自分には向いていないと感じた場合には深追いせずすぐに辞めましょう。

パパ活で失うもの・後悔まとめ

パパ活をすることで失うものや後悔する理由についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

パパ活は決して悪いものではなく、女の子と会いたい、デートしたいパパとお金が欲しい、手軽に稼ぎたいパパ活女子の利害関係がマッチすればお互い楽しく過ごせます。

でも、慣れてくると羽目を外したり、周囲にバレるなどいろいろと日常に支障をきたすこともあり、そこから何かを失ったり、結果としてパパ活をしたことを後悔する人が出てきます。

パパ活は後悔するものではなく、無理なく自由に楽しむもの。

これからパパ活を始める方も、既にパパ活をしている方も失うものや後悔しそうなことを考え、より一層リスクがあることを意識しながら、安全かつ楽しくパパ活をしましょう!

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる /

パパ活アプリ
BEST4
特徴

paters
(ペイターズ)

【人気No.1のパパ活アプリ】
会員数200万人でパパと出会いやすい
男性の半数以上が経営者・役員の太パパ
・ご飯のみでも稼ぎやすい
・運営の監視体制バッチリで安心◎
\無料登録で異性のプロフ見放題/
無料登録はこちら

Love&
(ラブアン)

【男性からの支持率No.1】
女性のプロフィール動画が見れる
男性月額料金が安くコスパ良し
・近くにいる相手と即マッチ可能
・20代前半女性の割合が高い
\無料登録で異性のプロフ見放題/
無料登録はこちら

ワクワクメール

【運営歴23年の老舗サイト】
会員数が多く地方でも出会いやすい
検索機能が充実で理想の相手◎
・掲示板があるので誘いやすい
無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「Pappy(パピー)」
Pappy
(パピー)

【新しいパパ活アプリ!】
・ライバルが少なく出会いやすい
・他のアプリで出会えなかった人におすすめ

無料登録はこちら
いつでも退会できます

コメント

コメントする

目次