パパ活の交通費はどっちが負担?相場や交渉方法・顔合わせでも貰える

パパ活の交通費はどっちが負担?相場や交渉方法・顔合わせでも貰える

※本記事では、アフィリエイト広告を掲載しています。

「パパから交通費を貰えるのは普通?お手当に含まれる?」
「交通費が欲しいけど、相場やお願いの仕方って?」
このようにパパ活をする女性の中には、お手当とは別の交通費に悩む方がとても多いです。

当然、パパから交通費を貰った方があなたの負担は軽く済みます。
しかしお願いの仕方・もらい方を間違えると、パパから「図々しい」と思われることもあるので注意が必要です。

今回はパパ活の交通費について、実態を徹底的にご紹介していきます
この記事を読めば、パパ活の交通費で悩むことはありません。
日頃からのパパ活で、交通費のことをパパに中々切り出せずにもどかしい思いをしている方はぜひ最後までご覧ください。

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる /

パパ活アプリ
BEST4
特徴

paters
(ペイターズ)

【人気No.1のパパ活アプリ】
会員数200万人でパパと出会いやすい
男性の半数以上が経営者・役員の太パパ
・ご飯のみでも稼ぎやすい
・運営の監視体制バッチリで安心◎
\無料登録で異性のプロフ見放題/
無料登録はこちら

Love&
(ラブアン)

【男性からの支持率No.1】
女性のプロフィール動画が見れる
男性月額料金が安くコスパ良し
・近くにいる相手と即マッチ可能
・20代前半女性の割合が高い
\無料登録で異性のプロフ見放題/
無料登録はこちら

ワクワクメール

【運営歴23年の老舗サイト】
会員数が多く地方でも出会いやすい
検索機能が充実で理想の相手◎
・掲示板があるので誘いやすい
無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「Pappy(パピー)」
Pappy
(パピー)

【新しいパパ活アプリ!】
・ライバルが少なく出会いやすい
・他のアプリで出会えなかった人におすすめ

無料登録はこちら
いつでも退会できます
目次

パパ活の交通費は2通りある

パパ活の交通費には、2通りの意味があります。

パパ活アプリで交通費の相談をしても、相手はもう片方の別の意味で捉えている可能性があるので注意しましょう。
知らないまま相手に交通費の相談をするのは、リスクが高いです。

まずはパパ活における交通費の意味を2種類覚えておきましょう。

待ち合わせ場所に向かう為の乗り物代金

交通費の種類1つめは、移動にかかった公共機関の乗り物代金、いわゆる足代として発生するお金です。
会社の経費として計上されることも多く、パパ活以外でも一般的な交通費として考えられています。

足代として利用される乗り物代金
  • タクシー
  • バス
  • 電車
  • 車のガソリン代

自宅から待ち合わせ場所に向かう為に上記を利用し、支払ったお金をパパに請求するイメージです。

自宅から待ち合わせ場所までタクシーで3,000円かかったのであれば、同一の金額もしくは少し上乗せした金額を交通費として受けとれます。
ただしこの場合の交通費は、女性の自宅から近い場所で待ち合わせをした時には発生しないことが多いです。

あくまでも待ち合わせ場所までの移動距離があり、やむを得ずお金がかかってしまう時の交通費として考えましょう。

パパに会いに行く手間を考慮したお金

交通費の種類2つめは、女性がパパに会いに行く手間を考慮したお金です。
移動にかかった乗り物代金ではなく、手間賃として考えます。

この場合の交通費は、女性の自宅から待ち合わせ場所が近くても貰うことが可能です。
実際に乗り物を利用したお金を貰うわけではないので、パパ側の気持ちや懐事情で金額が決まることが多いでしょう。

交通費=お手当そのものと考える方もいます

男性が女性に対して、会いに来てくれる為の準備(メイクや服装選びなど)に対して払うお金をイメージしてもOKです。

交通費の認識にズレがあることも

一口に「交通費」と言っても、パパと女性の間には認識のズレが生じることがあります。

例えばお互いの居住地が近く、女性は徒歩で待ち合わせ場所に向かる距離だったとしましょう。
パパ側は女性が乗り物を利用していないので、交通費を払う必要はないと認識している可能性が高いです。

一方で女性側は、乗り物代こそかかっていなくても手間賃をお手当と別に貰えると認識しているかもしれません。
「交通費=数万円のお手当」だと思っていたにも関わらず、相手が想像していた交通費は足代の数千円であることもあるでしょう。

パパ活の交通費には2種類あり、意味合いが全く異なります。
ミスマッチを防ぐ為にも、交通費の捉え方を事前に確認しておくのが最適でしょう。

交通費はどちらが負担する?

パパ活で発生する純粋な交通費は、女性とパパのどちらが負担すべきなのでしょうか。

パパ活初心者の方だと一般的な考えが分からないこともあると思うので、しっかり予習しておきましょう。

基本的にはパパが負担する

パパ活の交通費は、足代でも手間賃でも基本的にはパパ側が負担するものと考えましょう。

女性はお金を貰う立場なので、パパへの交通費負担は考えなくてOKです。
パパ活で発生するお手当以外のお金(食事代やカラオケの利用代などのデートにかかったお金)もパパが負担するのが一般的と言われています。

交通費においても同じことが言えるので、基本はパパ側の負担であると覚えておきましょう。

パパ側の交通費負担を求められたら要注意

万が一、パパから「俺の交通費を出して」と負担を求められた際は要注意です。
相手はパパ活が出来るような経済力のない、地雷パパである可能性があります

パパ活は男性が女性にお手当を支払う代わりに、デートやセックスをする手段です。
食事代や買い物代も男性負担なので、女性がお金を支払う場面は基本的にありません。

経済力があり、パパ活に慣れている男性であれば女性に交通費を要求することはないでしょう。
交通費を女性に要求する時点で、経済力の無さは確定です。

お手当の減額を要求され、最悪の場合は食い逃げやヤリ逃げをされることも考えられます。
パパから交通費を要求された場合は、要注意しましょう。

各自の負担で済ませることもある

足代としてかかった交通費は、「お互いにかかった交通費は、各自の負担で」と特にやり取りをしないこともあります。

特に待ち合わせ場所が女性の自宅から近い場合は、パパも交通費の支払を考慮していないことが多いです。
パパによっては「交通費はお手当に含まれる」と考えることもあるので、事前の確認が必要です。

交通費はデート時に先払いをお願いする

もしパパのご厚意で交通費を貰える場合、デート時に先払いをお願いしましょう。

特にまだパパとの信頼関係が出来上がっていない場合は、先払いを徹底する方がベターです。
後払いを容認してしまうと、交通費を貰いそびれてしまう可能性があります。

最初は交通費を払うと言っていても、忘れたフリをして帰ってしまうパパも少なくありません。

「別の男性に裏切られてしまったことがあって…」
「不安なまま○○さんとデートしたくなくて」

このように理由を付ければ、先払いをお願いしても図々しさが残りません。
交通費を貰えることになったら、必ず先払いを徹底しましょう。

パパ活交通費の相場は?

パパ活で待ち合わせ場所に向かう為に公共機関の乗り物を利用したとして、貰える交通費の相場はいくら程なのでしょうか。

交通費の相場は、移動距離やパパの経済力によって異なります。
「知らなかった」と損をしない為にも、しっかり交通費の相場を知っておきましょう。

移動距離による違い

交通費の相場は、自宅から待ち合わせ場所までの移動距離によって異なります。

移動距離が短ければ交通費は安く、全く貰えないこともあるでしょう。
反対に県を跨いだ移動や、1泊して向かわなければ厳しい移動は交通費の金額も大きくなります。

一般的な相場は、下記を参考にしてください。

移動距離による交通費の相場例
  • 近隣地域→3,000円~5,000円
  • 遠方→移動にかかったお金+宿泊代+数千円(20,000円~50,000円)

女性が遠方のパパに会いに行く場合は、乗り物の利用料金や宿泊代をカバーしてもらうのが基本です。

パパの経済力による違い

パパ活で貰える交通費は、下記のようにパパの経済力によっても大きく変動します。

パパの経済力による交通費の相場例
  • 経済力のあるパパ→5,000円~10,000円
  • ケチなパパ→0円~3,000円

移動距離が短くても交通費を弾んでくれるパパもいれば、その逆もあり得るでしょう。
後々トラブルにならない為にも、特に遠方のパパに会いに行くときは交通費についてしっかり確認をしておきましょう。

顔合わせの交通費について

男女が初回で顔合わせをした時の交通費について、ご紹介していきます。

お手当と交通費が合算されていることが多い

顔合わせの場合、お手当の中に交通費が含まれていることがほとんどです。

女性の容姿やパパの経済力によっては、交通費を含めても手当なしということもあります。

顔合わせのお手当にプラスして、交通費を別途で貰えることはほとんどないと考えて良いでしょう。

顔合わせの相場

顔合わせの相場は、一般的に3,000円~5,000円であることが多いです。

女性の容姿レベルが高かったり、男性に経済力があったりすれば顔合わせでも10,000円以上貰えることもありますが、基本的には数千円だと思っておきましょう。

パパ活の顔合わせでは、交通費も含めて数千円が相場です。

移動距離によっては交通費が貰えることもある

顔合わせだけでも、女性側の移動距離によってはお手当と別途で交通費を貰えることもあります。

例えば隣県から顔合わせの場に来たり、宿泊を挟んで時間をかけた移動があったりすれば、顔合わせのお手当に交通費をプラスした金額を貰えるのが一般的です。

長距離移動をして顔合わせだけするパターンは少ないと思いますが、念のため覚えておきましょう。

女性からパパに強制はNG

パパ活で稼ぎたい女性であれば、顔合わせでもお手当と別に交通費を貰えた方が好都合でしょう。

しかし顔合わせの場で、女性側からパパに交通費の支払いを強制するのはNGです。
初対面で交通費の要求をすれば、多くの男性が「図々しい子だな…」とネガティブな印象を抱くでしょう。

顔合わせの印象が悪ければ、その後食事デートや大人の関係で稼ぐのは難しいです。
少しでもお金を稼ぎたい気持ちは分かりますが、顔合わせの場だけは交通費の要求を避けましょう。

初回でパパに好印象を持ってもらい、継続的な関係になれば後からいくらでも交通費をおねだりすることは可能です。

>>おすすめのパパ活アプリ・サイトはこちら

交通費をお願いしたい時の基準

基本的に、女性からパパに交通費を強要するのはNG行為です。

特に関係性がまだ出来ていないうちは、「なんて図々しい女の子なんだろう」と思われてしまうこともあるでしょう。
しかしパパ活の状況によっては、交通費を請求するのが妥当な場面もあります。

「こんな時は交通費を請求した方がいい!」という場面をいくつかご紹介するので、チェックしてください。

女性が遠方からパパに会いに来た時

先ほどもご紹介しましたが、女性が遠方からパパに会いに行った場合は交通費を請求しても失礼にはあたりません。

交通費をお願いしても良いケース
  • 移動時間が1時間以上かかった
  • 1泊しなければ会いにいけない距離を移動した
  • パパの出張先(県外)に会いに行った

上記のように、パパとの待ち合わせ場所まで向かうのに時間やお金がかかった場合は交通費をお願いしましょう。
移動に1時間以上かかった場合であれば、多くのパパが交通費のお願いも飲んでくれる可能性が高いです。

デート代を割り勘にされた時

もしパパから食事代やカラオケ代を割り勘にされた時は、交通費をお願いしてもよいでしょう。

パパ活では、デートにかかる支払いをパパが負担するのが一般的です。
女性がお金を支払うことは、まずありません。

デート代を負担することになれば、お手当を貰っても儲けが少なくなってしまいます。
マイナス分のお手当を補填する意味でも、交通費をお願いしてみましょう。

お手当の値下げ交渉をされた時

約束していたお手当よりも少ない金額を交渉された
お手当を次回から少なくしたいと相談された

上記のように、パパ側の都合でお手当減額を体験した時は交通費をお願いするチャンスです。

「待ち合わせ場所に来るまで〇分かかってて、結構大変なんだ…」
このようにあなたの時間やお金の負担を伝えれば、交通費としてお手当の減額をストップしてくれる可能性があります。

上手くいけば、元々のお手当にプラスして交通費を別途に貰えることもあるでしょう。

パパの用事で予定がキャンセルになった時

あなたが待ち合わせ場所に向かったにも関わらず、パパの都合で予定がキャンセルになった場合は交通費をお願いして問題ありません。

せっかく時間をかけて会いにいっても、本来貰えるはずだったお手当が貰えなければ時間をロスして終わりです。
100%パパ側に落ち度があるので、交通費をお願いして断られることはまずないでしょう。

お手当だけでは割り切れないパパに遭遇した時

下記のように、対応に困ってしまうようなパパに遭遇した時は交通費をお願いしてもいい場面でしょう。

交通費がないと割りに合わないと感じるパパ例
  • 上から目線で女性をバカにしてくる
  • 他の女性と比べる
  • 清潔感がなく、一緒に歩くのも恥ずかしい
  • 自慢話が多く、会話しているだけで疲れてしまう

普通のお手当だけではわりにあわないと感じるレベルのパパなら、数千円の交通費を上乗せしてもらうのが妥当です。

交通費の上手な交渉の仕方とタイミング

パパに交通費を交渉する方法と、適したタイミングをご紹介していきます。

交通費を貰えた方が、お金を稼ぎたい女性にとっては好都合です。
しかし言い方やタイミングを間違えると、パパの機嫌を損ねてしまう可能性があるので身長にいきましょう。

上手な交渉の仕方とタイミングは、下記を参考にしてください。

パパ活アプリ内で事前交渉しておく

お手当と別途で交通費を貰いたいのであれば、パパ活アプリでやり取りをしている段階で交渉しておくのも手です。

いざ男性を目の前にしてしまえば、中々お金を話しはしづらくなります
パパ活アプリ内では気軽にメッセージを送り合えるので、交通費のお願いもしやすいでしょう。

ただしいくら顔が見えないからと言っても、お願いの仕方には注意が必要です。

「お手当と別で交通費5,000円お願いします」
などと上から簡素で目線な言い方をしては、パパに約束をなかったことにされるでしょう。

【パパ活交通費の交渉方法の例】

「○○(地名)は自宅から30分以上と遠いので…交通費も込みで15,000円貰えたら助かります。もちろん私のことがナシだと思ったら、0円で構いません!」

このように、移動に時間がかかることを明確に伝えて交通費をお願いしましょう。
「ダメだったら0円でもいい」と伝えることで、お金に汚い印象を与えずに済みます。

3回以上デートをした時にお願いする

3回以上デートを重ねたタイミングで、交通費をお願いしてみるのもおすすめです。

男性が同じ女性と3回以上会い、その都度お金を払うのは余程のお気に入りである証拠と言えます。
あなたが交通費をお願いしても、「図々しいな…」と思われるリスクは減るでしょう。

仮に交通費を渡すことを拒否すれば、「他の男の元へ行ってしまうかも…」と不安感を煽ることもできます。
ちなみに3回以上デートを重ねている場合は、LINEでななく直接会って交通費のお願いをするのがおすすめです。

自分が気に入っている女性の前では、格好つけたいと思う男性がほとんどなのでLINEよりも成功率が上がります。
パパ活で交通費の交渉タイミングに悩んでいる方は、3回目以降のデートを狙って切り出してみましょう。

金銭的に苦しいことを伝える

パパ活で交通費を貰う為には、経済的に苦しいことを匂わせれば成功率が上がります。

基本的にパパ活をしている男性は経済力があるので、プライドも高い人が多いです。
目の前で経済的に苦労している女性にお手当の上乗せ(交通費)をお願いされれば、とても断りづらいでしょう。

「お金のないケチな男だと思われたくない」
という心理が働くので、交渉がしやすくなります。

「奨学金の返済が間に合わなくて…○○さんに会いに来るお金も都合出来ないの」
「お金の心配が多くて…○○さんとデートする時くらいは忘れたいのに」

このように、わざとらしくない程度でお金に困っていることをパパに伝えましょう。
困っていることを伝えたうえで交通費をお願いすれば、応じてもらいやくなります。

交通費が貰いやすいのは夜

パパに交通費を交渉するのであれば、昼よりも夜の方が成功しやすいです。

昼間は電車に乗ることも容易で治安も良いので、パパが率先して交通費をくれることはありません。
しかし夜であれば、終電がない時間や人通りの少ない時間に女性を歩いて帰すのは危険と考えるパパが多いです。

「安全に帰って欲しい」という気遣いから、タクシー代が貰える可能性があります。
また夜はお酒を飲むことも多く、酔った勢いで気持ちが大きくなり交通費を奮発してくれることもあるでしょう。

パパ活で交通費をお願いするのであれば、昼間よりも夜の方が成功率高めです。

よくある質問

パパ活の交通費について、よくある質問をまとめました。

交通費のもらい方(受け取り方)

交通費のもらい方は、下記4パターンのいずれかです。

交通費のもらい方4パターン
  • 現金で都度払い
  • 現金で定期払い
  • 振込で都度払い
  • 振込で定期払い

都度払いとは、パパ活で男性と会う度にお金を貰うことです。

1回のデートで1回分のお手当や交通費を貰います。
対して定期払いとは、月に何度かデートした分のお金を1ヵ月に1回まとめて払うシステムのことです。

パパとの信頼関係が出来ていないうちは、なるべく都度払いをお願いしましょう。
1ヵ月の間に散々パパと会っても、お金を貰う約束の日になって連絡がつかなくなるのはよくある話です。

またお金の受け取り方法は現金払いか振込が主な手段ですが、こちらもパパとの信頼関係が築けるまでは現金払いをお願いしてください。
経済力がなく、ヤリ逃げなどを企んでいるパパであれば「後でまとめて振り込むから」と言って姿を消す危険性があります。

交通費の受け取り方法は、「現金で都度払い」を選択しておけば間違いありません。

交通費のお釣りは貰っていい?

パパ活で貰った交通費は、乗り物の利用料金を除いてもお釣りがくることがほとんどでしょう。

交通費はパパの気持ちでもあるので貰っておいても問題ありませんが、出来ればお返しするのがおすすめです。
「移動する手段として受けとっただけで、儲けるつもりはない」と誠実さをアピールすることができます

更にパパから好感を持ってもらうには、タクシーの領収書も一緒に渡しましょう。
会社を経営している男性であれば、領収書があるだけで経費として扱うことが出来るので喜ばれます。

貰った交通費にお釣りが発生した倍は、茶封筒やポチ袋に入れてパパに渡しましょう。

パパ活交通費まとめ

さて今回は、パパ活の交通費について解説しました。
パパ活には、単純な足代と手間賃の異なる2つの意味合いがあります。

パパが言う交通費はどちらの認識なのか、後々のミスマッチを防ぐ為にも必ず確認していきましょう。
またパパに交通費をお願いする時は、タイミングや言い方を間違えばパパに不快な思いをさせてしまいます

成功率を上げる為には、下記を心がけて交渉をしましょう。

パパ活交通費
  • デート中に交渉するなら昼間よりも夜
  • パパ活アプリで事前交渉もアリ
  • 3回以上デートした時にお願いする
  • 顔合わせの場では交渉しない
  • お金がないことを匂わせる

「貰えて当然」という上から目線にならず、謙虚な姿勢を見せることが重要です。
交通費でお互いに嫌な思いをしない為にも、相場の金額や受け取り方をしっかり頭に入れておきましょう。

>>おすすめのパパ活アプリ・サイトはこちら

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる /

パパ活アプリ
BEST4
特徴

paters
(ペイターズ)

【人気No.1のパパ活アプリ】
会員数200万人でパパと出会いやすい
男性の半数以上が経営者・役員の太パパ
・ご飯のみでも稼ぎやすい
・運営の監視体制バッチリで安心◎
\無料登録で異性のプロフ見放題/
無料登録はこちら

Love&
(ラブアン)

【男性からの支持率No.1】
女性のプロフィール動画が見れる
男性月額料金が安くコスパ良し
・近くにいる相手と即マッチ可能
・20代前半女性の割合が高い
\無料登録で異性のプロフ見放題/
無料登録はこちら

ワクワクメール

【運営歴23年の老舗サイト】
会員数が多く地方でも出会いやすい
検索機能が充実で理想の相手◎
・掲示板があるので誘いやすい
無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「Pappy(パピー)」
Pappy
(パピー)

【新しいパパ活アプリ!】
・ライバルが少なく出会いやすい
・他のアプリで出会えなかった人におすすめ

無料登録はこちら
いつでも退会できます

コメント

コメントする

目次