女子高校生(JK)でもパパ活できる?リスクや相場・安全に稼ぐ方法を解説

女子高校生(JK)でもパパ活できる?リスクや相場・安全に稼ぐ方法を解説

※本記事では、アフィリエイト広告を掲載しています。

パパ活は、女性がお金を稼ぐ方法として一般的になりつつあります。

短時間で効率よく収入を得られることや、成人年齢が18歳に引き下げられたことから女子高生(JK)でパパ活を始めようとする方も多いです。
しかし高校生のパパ活は、パパ側はもちろんパパ活をした高校生本人もトラブルに巻き込まれる可能性があります。

そこで今回は、高校生のパパ活についてリスクや安全に稼げる方法を徹底調査しました。

「高校生でパパ活をしたいけど、危険な目に遭いたくない」
「パパ活で出会った相手が、成人を偽った高校生だったらどうしよう」
このような悩みを抱えている方は、ぜひ最後まで参考にしてください。

パパ活アプリ
BEST
4
特徴

Love&
(ラブアン)

【男性からの支持率No.1】
・今一番勢いがあるパパ活サイト!
・動画でパパ活女子が見れる
・近くにいる相手と即マッチ可能
・オンライン顔合わせでトラブル回避

\今なら3日間600円でお試しできる/
無料登録はこちら

paters
(ペイターズ)

【会員数No.1のパパ活アプリ】
・会員数190万人でパパと出会いやすい
・メッセージなしで即顔合わせ可能
・スクショ禁止でセキュリティが◎
身バレ防止機能を多数搭載
\安全にパパ活したい人向け/
無料登録はこちら

SugarDaddy
(シュガーダディ)

【国内最大級の老舗パパ活サイト】
・運営歴10年以上で信頼性が高い
・会いたい日からパパを探せる

・顔登録なしでも出会える
ご飯だけでも稼ぎやすい
\パパ活初心者向けアプリ/

無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「Pappy(パピー)」
Pappy
(パピー)

【新しいパパ活アプリ!】
・ライバルが少なく出会いやすい
・他のアプリで出会えなかった人におすすめ

無料登録はこちら
2〜3個併用すると出会える確率UP
目次

高校生のパパ活はどこまでOK?

高校生のパパ活は、一体どこまでが許容されているのかご紹介していきます。

年齢やデート内容によってセーフとアウトの判断が異なってくるので、「知らなかった」と後悔しない為にもしっかり確認しておきましょう。

満18歳の女子高校生はパパ活ができる

女子高生の場合、18歳の誕生日を迎えていればパパ活ができます

2022年4月から、日本では法律で成人年齢が20歳から18歳に引き下げられました。
18歳の誕生日を迎えている高校3年生の女性は成人として扱われるので、パパ活をしても法律で罰せられることはありません。

成人同士がデートをしてお金のやり取りがあったとしても、それは自由交際の領域です。
警察に取り締まられ、法律で罰せられる対象にはなりません。

(例)パパ活ができるデート
  • 食事
  • カラオケ
  • 映画
  • ドライブ
  • 買い物

18歳以上の高校生であれば、上記のように健全なデートのパパ活は問題ありません。

満18歳の女子高生が大人の関係をするのはグレーゾーン

18歳の誕生日を迎えた女子高生でも、パパ活で大人の関係をするのはグレーゾーンです。

特定のパパと身体の関係を持ってお手当を貰うのは、自由交際の領域なので問題ありません。
しかし高校生の女性が不特定多数の男性と身体の関係を持ち、お手当を貰うのは「売春」と定義されてしまいます。

日本では売春防止法が施行されており、セックスの対価としてお金やプレゼントを貰うのは法律違反です。
大人の関係は特定のパパとするならOKですが、不特定多数の男性を相手にすると売春になり法律違反になります。

満18歳の女子高生でも、大人の関係で稼ぐパパ活はグレーゾーンなので注意が必要です。

18歳未満の女性(高校生)がするパパ活は法律違反

女性が18歳未満で未成年の場合、パパ活で男性からお金を得る行為は法律違反に該当します。

18歳未満の女性(高校生)がするパパ活は法律違反
  • 食事やカラオケなど健全デート→未成年者誘拐罪・青少年保護育成条例違反(深夜の場合)
  • 大人の関係→児童福祉法違反・青少年健全育成条例違反・(ポルノ禁止法違反)・強制性交罪・強制わいせつ罪

上記のように、女性が18歳未満の場合は大人の関係があってもなくてもパパ活が法律で罰せられてしまうのです。

後で詳しくご紹介しますが、法律違反の代償や被害は男性側にだけ降りかかることではありません。
女性側にも法律違反のパパ活でリスクはあるので、18歳未満の方は成人するまでパパ活を避けてください。

高校生のパパ活は満18歳で健全デートが安心

高校生がパパ活をする場合は、満18歳以上でありデート内容は健全なものにしておくと安心です。

18歳未満の高校生は健全なデートをしただけでも法律違反になる可能性が高いので、おすすめできません。
また18歳を迎えていても、不特定多数の男性と身体の関係を持ってお手当を貰うと売春行為と見なされ法律に違反します。

高校生のパパ活はグレーゾーンが多くリスクも高いので、18歳以上で健全なデートに限定することを徹底した方が安心です。

高校生のパパ活お手当相場

高校生がパパ活をした場合、20代以上の女性らとは相場が異なってきます。
デートごとの相場をまとめたので、下記を参考にしてください。

高校生のパパ活デートお手当相場
顔合わせ(お茶)0円~5,000円
食事5,000円~10,000円
買い物3,000円~10,000円
カラオケ3,000円~10,000円
ドライブ3,000円~10,000円
大人の関係10,000円~50,000円

顔合わせのお手当相場

高校生がパパ活で顔合わせをした時の相場は0円~5,000円程です。

顔合わせは長くても1時間程で終るので、お手当が10,000円を超えることは中々ありません。
またパパにあなたがハマらず次のデートがないと判断されれば、お手当1円も貰えないこともあります。

顔合わせで利用するカフェ代はパパに負担してもらうのが一般的で、高校生が自分の財布を開くことはないと考えてよいでしょう。

食事デートのお手当相場

高校生がパパ活で食事デートをした場合の相場は5,000円~10,000円程と覚えておきましょう。

20代以降の女性がパパ活で食事デートをした場合と、相場にほとんど変動はありません。
パパに経済力があるなど、場合によってはお手当と別途で交通費を貰えることもあります。

1回のデートで10,000円以上手にできることもあるので、お小遣いを稼ぎたい高校生にはピッタリです。

健全なデート(買い物・カラオケ・ドライブ)のお手当相場

買い物やカラオケ・ドライブなどのデートをした時の相場は、3,000円~10,000円程です。

デートの所要時間や、パパの経済力によってお手当の金額に差が開いてくるのが一般的だと覚えておきましょう。

1~2時間の短時間デートであれば3,000円~4,000円のお手当であることが多く、半日以上のデートになると10,000円近い金額を貰えることもあります。

大人の関係で貰えるお手当相場

高校生がパパ活で大人の関係をした場合、貰えるお手当相場は10,000円~50,000円程とかなり差があります。
理由は下記の通りです。

高校生の大人のお手当相場に幅がある理由
  • 高校生がお手当相場を理解していない
  • パパによって経済力が全く異なる(当たりハズレが激しい)
  • ルックスや容姿でお手当を増減される

高校生が大人の関係をすれば大金が手に入るイメージを持つ方も多いですが、実際はそうとは限りません。

想像していたお手当よりも低い金額を提示されることも多々あるので、顔合わせの段階でよく確認しておく必要があります。

JKは希少価値があるものの、お手当は足元を見られやすい

若さが武器のJK(女子高生)は希少価値があり、パパ活をしたい男性からも人気です。

しかし「まだ子供だからお手当は安くても文句言わないだろう」とお手当については足元を見られる傾向があります。

例えば高校生にとって、10,000円近い金額は大金です。
大人の関係で10,000円を下回るのはかなり安い金額ですが、お金欲しさにパパから提示された金額で食事や大人の関係に応じてしまう高校生は多数いるでしょう。

しかし相場よりも下の金額でデートに応じていても、効率が悪いだけです。
パパに足元を見られない為にも、しっかりデートごとのお手当相場を覚えておきましょう。

高校生がパパ活をする方法

パパ活をする方法として、真っ先に思いつくのはパパ活アプリの方も多いでしょう。
しかしパパ活アプリは出会い系サイト規制法により、18歳未満だと一切利用ができません

満18歳を迎えてとしても、高校を卒業していなければ利用ができないパパ活アプリもあります。
パパ活アプリを使えない高校生がパパ活をするには、どんな手段があるのでしょうか。

いくつか方法をご紹介していくので参考にしてください。

TwitterやInstagramなどのSNSで募集する

高校生がパパ活をするのであれば、TwitterやInstagramなどのSNSを利用するのが王道の方法です。

パパ活アプリは18歳以上でなければ利用ができませんが、TwitterやInstagramは高校生でも利用ができます。
SNSは不特定多数の異性と簡単に繋がることができるので、パパ活目的でも利用が可能なのです。

「○○(地名)P活」
「○○パパ募集」

例えばTwitterであれば上記のようなワードでハッシュタグ検索をすれば、近隣に住むパパ活希望者を見つけることができます。

ただしSNSを利用したパパ活は、合法とされていません。
サイバーポリスにパパ活をしていることがバレると、アカウントを凍結させられる恐れがあります

またSNSでパパ活女子を探す男性は経済力がないことが多く、やり逃げをされる可能性が高いです。
TwitterやInstagramでパパ活相手を募集することは可能ですが、メリットがあまりないのでおすすめしません。

無料チャットアプリやソーシャルゲームで出会う

高校生はパパ活アプリを利用できないので、年齢制限なく使えるチャットアプリやソーシャルゲームを通じてパパ活相手と出会っている人もいます。

LINEやパパ活アプリ同様に相手とコミュニケーションが取れるので、実際に会うアポを組むのも簡単です。
ただしチャットアプリやソーシャルゲーム内に、優良なパパが居る可能性は限りなく低いでしょう。

経済力があって紳士的なパパは、安心して出会えるパパ活アプリや交際倶楽部を利用します。
無料で使えるチャットアプリやソーシャルゲームには、経済的にも余裕がなく最初からやり逃げを企むような男性が多いです。

無料チャットアプリやソーシャルゲームは高校生でもパパ候補と出会えますが、危険性が高いのでおすすめはできません。

友人や知人にパパを紹介してもらう

高校生がパパ活をするのであれば、友人・知人にパパ候補の男性を紹介してもらう手段もあります。
知り合いを介入する分、SNSでパパ活相手を探すよりもリスクが少ないです。

友人や知人にパパを紹介してもらうデメリット
  • パパを紹介できる知り合いが居なければ無効
  • パパ活をしていることが周りにバレる可能性がある

ただし上記のようなデメリットもあるので、友人・知人を介したパパ活は効率が良いとは言えません。

会わないパパ活をする

高校生におすすめなのが、「会わないパパ活」です。

「会わないのにパパ活ってどういうこと?そんなの無理じゃない?」
このように疑問を持った方も多いでしょう。

会わないパパ活と呼ばれているのは、スマホ画面を介して男性と会話を楽しむライブチャットサービスのことを指します。
「チャットレディ」と聞くと、イメージが掴める方も多いでしょう。

男性とメールをしたり、電話をしたりすると報酬がゲットできます。
高校生でも、ノンアダルトのライブチャットサービスであれば会わないパパ活を始めることが可能です。

会わないパパ活のメリット
  • 直接パパと会う必要がない
  • パパに身体を触られない(襲われない)
  • 顔出しは任意なので、身バレ対策ができる
  • 在宅でできる
  • アダルトを求められても断ることができる

会わないパパ活には、上記のように複数メリットがあります。
安全にパパ活がしたい高校生の方は、ライブチャットサービスの利用を検討してみましょう。

高校生がパパ活するリスク

高校生は学校や親との関係性が切り離せないので、パパ活をすると必ずリスクがあります。

パパ活を「簡単に稼げる副業」と軽視せずに、しっかりリスクを頭に入れておきましょう。

パパ活がバレたら学校を退学になる可能性がある

高校生でパパ活をしていることがバレた場合、通っている学校を退学になってしまう可能性があります。

パパ活が警察にバレれば、通っている学校に連絡がいく為です。
1回だけであれば厳重注意や停学処分で済むこともありますが、繰り返しパパ活をしていることがバレれば退学処分を受けてもおかしくありません。

簡単にお金が稼げると思いがちのパパ活ですが、学校を退学になれば人生が狂うこともあります。
高校生のパパ活は、常に退学のリスクと隣り合わせであることを覚えておきましょう。

警察に補導されるリスク

高校生がパパ活をしていると、警察に補導されるリスクがかなり高いです。

特に学校の制服を着たまま年の離れた男性と歩いていれば、警察に売春を疑われて職務質問をされてもおかしくありません

パパ活をしていることが明らかになれば、すぐに警察に補導されます。
当然あなたの親にも連絡がされるでしょう。

また実際にパパと歩いていなくても、TwitterなどのSNSはネット上を取り締まるサイバー警察によるパトローナも行われているので注意が必要です。
実際にサイバー警察によってパパ活がバレた高校生もいるので、他人事ではありません。

高校生のパパ活は、警察に補導されるリスクを忘れないでください。

殺人事件や強姦に遭うかもしれない

お金を稼げるパパ活ですが、殺人事件や強姦に遭う事例もあることを忘れてはいけません。

大人無しの予定でも無理やり男性に襲われたり、お手当の条件が合わずに揉めたことがきっかけで殺人事件に発展したりした事例は実際にあります。

特に高校生はパパ活アプリが使えないので、TwitterなどのSNSで質の悪いパパに遭遇する可能性が高いのです。
いくら高額なお手当を提示されても、鵜呑みにせずに相手が信頼できる人なのかをしっかり見分けましょう。

パパにやり逃げされることもある

パパ活では、大人の関係をしたもののお手当を払わずに逃げようとする「やり逃げパパ」が存在します。

「女子高校生とエッチしてみたいけど、お金はないし…」
「終わったら隙を見て逃げればいいか」

上記のように、最初から女性にお手当を支払う気がないにも関わらず大人の関係をするパパは実は少なくありません。

やり逃げされたことは警察や親に相談もしづらく、高校生側にもリスクがあります。
やり逃げを企むパパは、高校生の弱みにつけ込んでいるのです。

お手当を前払いしてくれないパパには着いていかないなど、対策をする必要があるでしょう。

普通のバイトや仕事ができなくなる

パパ活をすれば、短時間でお金を得ることができます。

金額も大きいので、普通のアルバイトをすることが馬鹿らしくなってしまうのはよくあることです。
パパ活で稼ぐことに味を占めた結果、社会に出て普通の仕事ができなくなる女性は少なくありません

高校生のうちからパパ活で大金を手にすることで、金銭感覚が狂うリスクもあることを覚えておきましょう。

パパが高校生とパパ活するリスク

高校生のパパ活は、お手当を渡す側の男性にももちろんリスクがあります。

普段接することのない女子高生とデートを体験できるとなれば、浮かれてしまう男性も多いでしょう。
しかし後で後悔しない為にも、高校生とのパパ活に付き纏うリスクを覚えておいてください。

犯罪に手を染めて逮捕される可能性

高校生とパパ活をしていることが警察にバレれば、様々な法律に違反する可能性があります。
あなたは軽い気持ちで高校生と遊ぶつもりでも、やっていることは犯罪です。

高校生とパパ活をすると違反する可能性がある法律
  • 未成年者誘拐罪
  • 青少年保護育成条例違反
  • 児童福祉法違反
  • 青少年健全育成条例違反
  • 売春防止法
  • ポルノ禁止法違反
  • 強制性交罪

上記のように、高校生とパパ活をすると様々な法律に違反することになります。

18歳未満の高校生と大人の関係をするのはもちろん、食事やカラオケデートをするのも誘拐罪に該当してしまうのです。
更にデートをする時間が深夜帯の場合は、青少年保護育成条例にも違反して罰金や懲役に科せられるので覚えておきましょう。

若い高校生とのデートに夢を抱く男性は多いと思いますが、相手が18歳未満の場合は犯罪に手を染めることになります。

周りから白い目で見られる

高校生とのパパ活は、男性側と年齢が離れていることもあり周りから白い目で見られることが多いです。

一緒に歩いている現場を見られれば、「援助交際では?」と指をさされることもあるでしょう。
高校生とのパパ活は、周りから良い見られ方をすることはありません。

家族や職場にバレたら立場を失う

高校生とパパ活をしていることが家族や職場にバレた場合、男性側は立場を失ってしまうリスクがあります。

パパ活が浸透している現代ですが、高校生にお金を渡してデートやセックスをする行為は「援助交際だ」「気持ち悪い」と揶揄される可能性が高いです。
家庭や職場では、あなたの印象が必ず悪くなるでしょう。

最悪の場合は、パートナーに別れたり会社を退職せざるを得なくなったりすることもあります。
高校生とのパパ活は、家庭や職場にバレることで立場を失ってしまうリスクが高いことを忘れないでください。

パパ活で高校生と出会わない方法

パパ活をする男性であれば、相手の女性が未成年ではないかどうかをしっかり確認しておきたいところです。

しかしいくら年齢を尋ねても、中には未成年の高校生でありながら成人を名乗ってパパ活をしようとする女性が少なくありません。

男性が安心できるように、パパ活で高校生と出会わない方法をご紹介していきます。

パパ活アプリを使う

パパ活で高校生と出会わない為には、パパ活アプリを利用して相手を探す方法がおすすめです。

パパ活アプリの利用は、満18歳を迎えている成人でなければ登録ができません
新規登録の際は必ず身分証明書を用いた年齢確認が行われるので、未成年が年齢を偽ってパパ活アプリを利用することは不可能なのです。

パパ活アプリを使って女性を探せば、高校生と遭遇するリスクはありません。
TwitterやInstagramは高校生でも利用できてしまうので、成人を偽った高校生と遭遇する可能性があります。

パパ活アプリであれば、年齢確認があるので18歳未満の高校生と出会うこともなく安心です。

出会い系サイトの利用もおすすめ

パパ活で高校生と出会わない為には、パパ活アプリ以外に出会い系サイトもおすすめです。

出会い系サイトに怪しいイメージを持つ方も多いと思いますが、会員数の多い大手出会い系サイトは新規ユーザーに年齢確認を義務化しています。
パパ活アプリ同様に、18歳未満の高校生は登録ができないシステムになっているのです。

「イククル」などの出会い系サイトでは、パパ活を目的に利用しているユーザーも多数いるのでぜひ利用を検討してみましょう。

身分証明書を見せてもらう

パパ活アプリや出会い系サイトを利用して出会っても、不安がぬぐい切れない方は相手に身分証明書を見せてもらう方法が確実です。

中々切り出しにくいことですが、生年月日を見れば確実に相手が成人していることを確認できます
未成年の高校生であれば、親や他人の身分証明書を盗みでもしない限り年齢を誤魔化すことはできません。

滅多にいませんが、パパ活アプリや出会い系サイトで他人の身分証明書を利用して年齢を誤魔化すユーザーも存在します。
実際に会った相手が自称年齢よりも若いと感じた場合は、相手に身分証明書を見せてもらうのが安心です。

>>おすすめのパパ活アプリ・サイトについて知りたい方はこちら

よくある質問

高校生のパパ活について、よくある質問に回答していくので参考にしてください。

パパ活をしている高校生の割合は?

パパ活をしている高校生の割合は、全体の2~3割程度とかなり少数派です。

短時間でお金を稼げると分かっていても、親や学校にバレる可能性を危惧して踏み出せないのが現状と言えるでしょう。
ただし現代の高校生は、SNSを利用して他人と繋がることに抵抗のない世代です。

これからパパ活を始める高校生は、増加していく可能性が高いでしょう。

18歳になれば高校生でもパパ活アプリは使える?

18歳の誕生日を迎えたとしても、学校に通っている高校生はパパ活アプリを使えません。
多くのパパ活アプリでは、例え18歳でも高校在学中の利用は規約で禁止しています。

以下のいずれかの条件を満たしている必要がある
  • 18歳の誕生日を迎え、学校に通っていない(仕事をしている・無職)
  • 18歳の誕生日を迎え、高校も卒業している

パパ活アプリを使うには、上記いずれかの条件を満たしている必要があるのです。
18歳の誕生日を迎えても、高校に通っているうちはパパ活アプリを利用できないので諦めましょう。

親や兄弟の身分証明書でパパ活アプリに登録したらバレる?

高校生ではパパ活アプリを使えないからと、親や兄弟の身分証明書を用いて年齢確認を済ませた場合は「公文書偽造罪」に該当します。

懲役や罰金が科せられるので、絶対に行ってはいけません。
パパ活アプリを利用したければ、18歳の誕生日を迎えて高校を卒業する日を待ちましょう。

高校生のパパ活まとめ

さて今回は、高校生がパパ活をする方法や付き纏うリスクについてご紹介しました。

高校生の内にパパ活をするのは、はっきり言っておすすめできません。
警察に補導されれば、親や学校にあなたのパパ活がすぐにバレてしまいます。

親から責められることはもちろん、最悪の場合は学校を退学になってしまうでしょう。
高校生が利用できるTwitterやInstagramで出会えるパパは質が悪く、やり逃げや殺人などの事件に巻き込まれるリスクが高いです。

当然高校生とパパ活をした男性も法律で罪が課されるので、安易に声をかけないようにしましょう。
どうしても高校生でパパ活をしたい人は、ライブチャットなど男性と直接会わないで稼ぐ方法もあるので、検討してみてはいかがでしょうか。

パパ活アプリ
BEST
4
特徴

Love&
(ラブアン)

【男性からの支持率No.1】
・今一番勢いがあるパパ活サイト!
・動画でパパ活女子が見れる
・近くにいる相手と即マッチ可能
・オンライン顔合わせでトラブル回避

\今なら3日間600円でお試しできる/
無料登録はこちら

paters
(ペイターズ)

【会員数No.1のパパ活アプリ】
・会員数190万人でパパと出会いやすい
・メッセージなしで即顔合わせ可能
・スクショ禁止でセキュリティが◎
身バレ防止機能を多数搭載
\安全にパパ活したい人向け/
無料登録はこちら

SugarDaddy
(シュガーダディ)

【国内最大級の老舗パパ活サイト】
・運営歴10年以上で信頼性が高い
・会いたい日からパパを探せる

・顔登録なしでも出会える
ご飯だけでも稼ぎやすい
\パパ活初心者向けアプリ/

無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「Pappy(パピー)」
Pappy
(パピー)

【新しいパパ活アプリ!】
・ライバルが少なく出会いやすい
・他のアプリで出会えなかった人におすすめ

無料登録はこちら
2〜3個併用すると出会える確率UP

コメント

コメントする

目次