ママ活の隠語・用語まとめ!使い方や意味を徹底解説

ママ活の隠語・用語まとめ!使い方や意味を徹底解説

※本記事では、アフィリエイト広告を掲載しています。

ママ活専門サイトやアプリを利用していると、メールで言われた単語や掲示板にかかれている用語の意味が分からないことがあるのではないでしょうか。

それもそのはず、ママ活では条件交渉などをする時に隠語が使われるのが一般的です。

隠語を理解していなければ、スムーズなママ活の交渉もできません。
「○○ってどんな意味ですか?」とママ活相手に聞く行為は敬遠されがちなので、ご自身で隠語の意味を理解しましょう。

そこで今回は、ママ活で使われる隠語やその意味について詳しくご紹介していきます!

ママ活初心者の男性や、知らないママ活用語が多数苦労している方はぜひ最後までご覧ください。

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる

おすすめアプリBEST3おすすめポイント
【一番おすすめ!】

おすすめパパ活アプリ・サイト「ワクワクメール」
ワクワクメール

【低コストで会える】
・1日1回無料で書き込める
・アダルト掲示板で年上女性と会える
・無料ポイントが多い

\今だけポイント1,200円分もらえる/
無料登録はこちら

Jメール

【老舗で安心できる】
・毎日ログインガチャあり
・24時間監視体制で安全
\今だけポイント1,000円分もらえる/
無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「イククル」
PCMAX

【年齢層が幅広く出会いやすい】
・大学生〜20代後半の男子が人気!
・欲求不満な女性が多い
\今だけポイント700円分もらえる/
無料登録はこちら
目次

ママ活アプリで隠語が使われる理由

冒頭でも触れましたが、ママ活では条件交渉時に隠語が使われます。

「なんでわざわざ意味の分からない用語を言うの?」
「隠語じゃなくて、ストレートに言うのはダメ?」
しかしママ活に慣れていない人であれば、このような疑問を持って当然でしょう。

ママ活アプリではなぜ隠語が使われるのか、理由をいくつかご説明していきます。

外部に秘密がもれない為

隠語を使うと、万が一、誰かにスマホを見られてもママ活がバレません。
ママ活をしたことがない人であれば、隠語の意味も分からない為です。

例えば「今度エッチして2万円欲しいです!」といった文面を見られればあなたが女性相手にお金を貰っていることが一発でバレます。

しかし隠語を使って「大人2でお願いします」と記載していれば、スマホを見た相手にもママ活をしていることはバレにくくなるでしょう。

ママ活で隠語が使われるのは、外部に秘密が漏れない為の工夫でもあるのです。

文字化けや削除の対象になるのを防ぐ為

ママ活アプリは、不適切な書き込みやメールのやりとりがないかを運営が有人体制でチェックしています。
援助交際を連想させるような用語を使うと、運営によって削除されたり文字化けしたりするのです。

しかし用語が消されてしまうと、相手に言いたいことが伝わらずママ活の交渉ができません。
運営による規制を回避する為に、ストレートな表現を避けた隠語が使われるのです。

アカウントの凍結防止

TwitterやInstagramでママ活をする場合、アカウント防止を防ぐ意味でも隠語が使われます。

TwitterやInstagramは、ユーザー同士がママ活目的で会うことを禁止している為です。
ママ活をしていると一瞬で分かるような用語があると、不適切だと判断されてアカウントを凍結されるリスクがあります。

しかしママ活だと分からない用語を使えば、アカウント凍結も防ぐことが可能です。
TwitterやInstagramでは、投稿内容やDMでママ活の隠語がよく使われます。

隠語を使えば交渉がしやすい

ママ活で隠語を使うと、交渉がスムーズにいくメリットがあります。

後で詳しくご紹介しますが、「本番ありのセックス(ゴムはあり)でお手当2万円でどうですか?」
と伝えたかったとしましょう。

これでは表現がオープン過ぎて、抵抗を感じる方も多いです。
しかし「ゴ有大人2」などといった隠語を使えば、表現もマイルドになりしっかり意味を伝えることもできます。

隠語は、ママ活の交渉をスムーズにする意味でも使われるのです。

ママ活用語・隠語(基本編)

ここからは、ママ活でよく使われる基本の隠語について言葉の意味をご説明していきます。

ママ活アプリではよく使われる用語ばかりなので、その都度調べたり聞いたりしなくてもいいようにしっかり意味を理解しておきましょう。

ママ活を意味する隠語

ママ活を意味する用語
  • M活
  • ま活
  • マ活

ママ活は、隠語で「M活」「ま活」「マ活」などと言われます。
「ママ活」はオープン過ぎる表現なので、ママ活アプリでは略した隠語が使われるのが一般的です。

ママ活でよく使われる隠語
  • 支援・応援→ママ活で男性が女性にお金を渡すこと
  • お手当→ママ活で女性が男性に渡すお金のこと
  • パトロン→異性に金銭的な援助をする人
  • 愛人→セックスをする代わりに、金銭的な援助をする関係
  • 話が分かる人→お金で割り切る関係(ママ活)をしてくれる・理解がある人

またママ活で女性が男性に金銭的な援助をして、応援をすることを上記のような隠語で表すこともあります。
「支援してくれる人いませんか」「パトロンになってくれる人募集」などのように使われるパターンが多いです。

ママ活では「話が分かる人」といった用語も登場しますが、表現を濁しているだけで「ママ活でお金をくれる人」を意味する隠語に変わりはありません。

ママ活をする人を意味する用語

ママ活をする女性や男性を表す際は、下記のような用語が使わることが多いです。

ママ活をする人を意味する用語
  • M活女子/ママ活女子→ママ活をして男性にお金を渡す女性
  • M活男子/ママ活男子→ママ活をして女性からお金を貰う男性
  • 地雷ママ→ママ活男子にとって不利益な言動をするママ
  • 太ママ→経済力があり、ママ活男子に支払うお手当の金額も高いママ
  • 細ママ→経済力がなく、貰えるお手当も少額なママ
  • 新規ママ・新規M→これから新しく関係を築こうとしているママ
  • ガチ恋ママ→ママ活相手の男性に、本気の恋愛感情を抱くママ
  • 神ママ→金払いもよく、容姿端麗で性格もよい神様のようなママ。
    全体の数パーセントしか存在せず、滅多に出会えない

ママ活をする男女は、「M活○○」「ママ活○○」と表記されます。
「ママ活をしている男性」などの表現するよりも、短くて分かりやすい為でしょう。

また経済力がなく安いお手当でママ活をしたり性格に難があったりする女性を、「地雷ママ」「細ママ」などと呼びます。

一方で、経済力がありお手当の金額も高く性格も優しいような女性は「太ママ」と隠語で表現されることが多いです。
ママ活で稼ぐことが目的の男性にとっては、地雷ママや細ママは会いたくない存在・太パパはぜひ出会いたい女性と言えます。

ママ活用語・隠語(条件編)

ママ活相手とお手当やデート内容などの条件を決める時も、隠語はよく使われます。

ママ活の条件はストレートに表現すると規制がかかる確率が高いので、隠語を使うのは当たり前とも言えるでしょう。

条件交渉時に登場する隠語について、しっかりマスターしましょう。

ママ活のデート内容に関する隠語

ママ活の条件(デート内容)などを決める時も、隠語を使うのは当たり前です。

下記の隠語について、しっかり理解しておきましょう。

ママ活の条件で登場する隠語
  • 顔合わせ・初回・お茶→ママ活で男女が初めてするデートのこと
    (初回でなくても、喫茶店などでお茶デートを楽しむこともある)
  • 大人・ドカタ→ママ活でセックス・肉体関係を持つこと
  • プチ→本番行為をしない前戯だけの性行為でママ活をすること
    (ハグやキス・添い寝をすることもある)
  • 車内プチ→ホテルではなく車の中でプチをすること
  • 添フレ・キスフレ→添い寝やキスを楽しむ関係
  • ヤリモク→ママ活の目的がセックスであること
  • オフパコ→ネット上で知り合った人と会ってセックスをすること
    (「オフの世界でパコる」からきている)
  • 即ホ・即ホテル→お茶や食事などをせずにホテルに直行してセックスをすること

ママ活のデート内容を表す隠語は、上記のように様々です。
特にママ活アプリ内では性的な表現がタブーなので、「大人」や「プチ」といった隠語は当たり前のように使われています。

ママ活のお手当に関する隠語

ママ活では、お手当の金額や渡し方についても下記のような隠語が使われています。
お手当に関するやり取りは、ママ活アプリで規制される可能性が高いです。

これからママ活をする方は、お手当に関する用語を覚えて自分自身でも使えるようになりましょう。

ママ活のお手当に関する隠語
  • 都度→1回のデートの度にママが男性にお手当を支払うこと。
    都度でお手当をくれるママを「都度ママ」と呼ぶ
  • 定期→1ヵ月にデートをする回数を決め、お手当は1か月分まとめて支払う契約スタイル。
    定期でお手当をくれるママを「定期ママ」と呼ぶ。
  • ホ別→「ホテル代は別で」を表す。
    「ホ別2」はホテル代別にお手当2万円の意味
  • いちご・苺・イチゴ→お手当の金額が「1万5千円」の意味
  • 0.5→5,000円の意味。1は10,000円・2は20,000円
  • K→1,000円を表す単位。1Kは1,000円・2Kは2,000円
  • M→100万円を表す単位。1Mは100万円・2Mは200万円
  • 諭吉→10,000円の意味。諭吉1は10,000円・諭吉2なら20,000円
  • 前払い・先払い→デートやセックスをする前にお手当を貰うこと
  • 後払い→デートやセックスをした後にお手当を貰うこと

ママ活では、お手当の支払い方について都度と定期が良く使われます。
デートの度にお手当が発生するなら「都度」1ヵ月のお手当をまとめてもらうなら「定期」です。
「定期ママ募集!」「都度で食事してくれるママいませんか?」などのように使います。

「ホ別」は大人をする時に使われる用語で、「お手当はホテル代別」を意味するので覚えておきましょう。
「ホ別2」は、「ホテル代は別でお手当を2万円」を意味します。

またお手当の金額が15,000円の場合、「いちご」と表現されることが多いです。
表記は「苺」「イチゴ」などになっていることもありますが、いずれも「お手当は15,000円」であることを意味します。

ママ活用語・隠語(トラブルや犯罪編)

ママ活は男女間でデートをしてお金のやりとりをするので、トラブルや犯罪に巻き込まれる確率は0ではありません。

トラブルや犯罪で使われる隠語やその意味について、解説していきます。

ママ活市場にいる悪質ユーザーに関する隠語

ママ活市場には、関わっても損するだけの悪質ユーザーがいます。
悪質ユーザーを指す用語もいくつか存在するので、意味を理解しておきましょう。

悪質ユーザーを意味する隠語
  • 業者→マルチやネズミ講・宗教などの勧誘が目的の女性。
    ママのフリをして男性に近づき、教材を買わせりお金を騙し取ったりする。
    ママ活サイトの運営とは無関係
  • サクラ→悪質なサイトに雇われて、会員のフリをしている女性。
    課金してメッセージをしても話をダラダラと続けられ、実際に会うことはできない。
    男性に課金を促し、サイトを儲けさせるのが目的
  • キャッシュバッカー→ママ活サイトでメッセージをすると貰えるポイントが目的の女性。
    実際に男性と会う気はないので、メッセージをしてもお金がかかるだけでママ活はできない
  • ダラメ→ダラダラとメールだけを繰り返すこと。
    実際のアポには繋がらない
  • ネカマ→ママを装った男性。
    ママ活男子を騙して面白がる目的

「業者」「サクラ」「キャッシュバッカー」「ネカマ」など、どれもママ活サイトにいる悪質ユーザーを表す用語です。
いずれもママ活でお金をくれる女性ではないので、男性は関わりを絶ちましょう。

ママ活のトラブル・犯罪に関する隠語

ママ活バイトはお金や男女関係が絡むので、トラブルや犯罪に巻き込まれることも少なくありません。

トラブル・犯罪関係の隠語についていくつかご紹介していきます。

ママ活のトラブルや犯罪に関する隠語
  • ヤリ逃げ→ママがセックスだけしてお手当を支払わずに逃げること
  • 食い逃げ→食事デートでママがお手当や飲食代を負担せずに逃げること
  • 美人局(つつもたせ)→ママと身体の関係を持ったことを脅され、慰謝料や口止め料としてお金を搾取されること。
    ママの家族やパートナーを名乗る男性が後から登場するのが王道のやり方
  • サイポリ→サイバーポリスの略。
    TwitterなどのSNSでママ活をしている未成年を取り締まる警察

ママ活では、上記でご紹介したようにトラブルや犯罪に関する用語もいくつかあるので覚えておきましょう。
隠語の意味を理解するだけでなく、ママ活でトラブルに巻き込まれない為の対策も必要です。

ママ活用語・隠語(連絡ツール編)

ママ活では、連絡ツールに対して隠語が使われることもあります。
相手から言われていることをスムーズに理解する為にも、よく覚えておきましょう。

「緑」が表す隠語

緑(みどり)とは、LINEを意味する隠語です。
LINEのアイコンは緑色であることから、隠語として使われるようになりました。

ママ活アプリや仲介サイトによっては、連絡先の交換がNGとされていることもあります。
「LINE教えてください」などといったやり取りがあれば、メッセージを規制されてしまうことがあるのです。

運営から見つからないように連絡先を交換する為にも、LINEを「緑」という用語で表すことがあるので覚えておきましょう。

「黄色」が表す隠語

黄色(きいろ)とは、カカオトークを意味する隠語です。
カカオトークを交換したい時に、隠語で「黄色しませんか?」などといった言い方をします。

カカオトークもLINE同様で、ママ活アプリないでの交換が禁止されていることが多いです。
運営から規制されずに連絡先を交換する為に、カカオトークは「黄色」と隠語が使われます。

「青い鳥」が表す隠語

「青い鳥」は、隠語でTwitterを意味します。
Twitterのアイコンが、青い鳥の絵である為です。
「青い鳥のアカウント教えてください」などと言われた時は、Twitterのアカウントを尋ねられていることになります。

ただし2023年8月現在、Twitterは「X(エックス)」と呼び名を変えたので、今後は「青い鳥」といった隠語が使われることは段々少なくなってくるでしょう。

「ずぶる」の意味

「ずぶる」とは、連絡先を交換することを表した用語です。

主に、連絡先の交換が禁止されているサイトでこっそりとお互いの連絡先を交換することを指します。
「よかったらずぶりませんか?」と聞かれれば、連絡先の交換を求められていることになるのです。

ママ活用語・隠語(性的用語編)

ママ活では、セックスをする代わりに男性が女性からお手当を貰うことも多いです。
しかし性的な表現はママ活アプリでタブーになりやすく、オブラートに包んだ用語が使われます。

性的用語の隠語について、詳しく意味をご紹介していきます。

プレイ内容を表す隠語

ママ活でプチや大人をする際は、隠語を使ってより詳細なプレイ内容を決めることがあります。
細かくお互いの条件を決めたくても、ストレートな表現はママ活アプリの運営に規制されてしまう為です。

ママ活でプレイ内容を表す隠語
  • ゴ無し・ゴム無し・生パコ→コンドームを付けずにセックスをすること
  • ゴ有り・ゴムあり→コンドームを付けてセックスをすること
  • 生中・NN→ゴムをつけずに、中だしをすること
  • 生外・NS→ゴムは付けないが、射精は膣外にすること
  • F・エフ・えふ→フェラのこと

ママ活でよく使われるプレイ内容の隠語は、上記のようになっています。
いずれも直接的な表現を避けているので、ママ活アプリの規制にも引っかかりづらいです。

ママ活で使われるその他の性的な隠語

ママ活で使われる性的な隠語
  • ただまん・タダマン→男性視点で無料でセックスできることを意味する用語
  • 割り切り→お互いプライベートに干渉せず、割り切った関係になること。
    主に大人だけの関係を指す
  • ヘドロ→ママ活をする女性の性器から、異色の液体が見えていること。
    性病を持っている確率が高い
  • トンカチマークの絵文字→ドカタ(セックス)の意味

ママ活では、上記のような性的隠語も使われます。
相手がママ活に慣れている場合、隠語で交渉されることも多いです。

スムーズに交渉する為にも、しっかりママ活の用語を覚えておきましょう。

ママ活で隠語を使う時の注意点

ママ活では隠語を使うのがマナーのこともありますが、注意点もあるのでご紹介していきます。

ママ活相手を不快にさせたり、騙されたりしない為にもしっかり確認しておきましょう。

隠語も規制されるアプリやサイトがある

アプリやサイトによっては、ママ活の隠語が既に規制対象になっていることがあります。
隠語を使ったメッセージを送っても、表示がキャンセルされたり警告を受けたりすることも少なくありません。

例えば「大人」や「定期」などは、隠語といってもママ活ではよく使われがちなワードです。
アプリの運営がママ活と判断できる隠語を規制することもあるので、スムーズな交渉ができないこともあります。

隠語が規制されずぎてスムーズに条件交渉ができない場合は、LINEやカカオに移動するのが便利でしょう。

相手が隠語を理解していない場合はそのまま話を進めない

ママ活の隠語は、あなたが意味を理解していても相手には伝わっていないこともあるでしょう。
相手が隠語の意味を理解していない場合は、そのまま話を進めてはいけません。

特にお手当の金額についての隠語は、お互いが意味を理解していないとトラブルの元になります。

例えば「大人10K」と条件を伝えた場合、あなたの解釈は10,000円でも相手の認識は100,000円であるかもしれません。
実際に会った時に、お手当の額に認識の違いがあると大きなトラブルに発展します。

安全にママ活をする為にも、隠語は相手も理解しているかどうか気を配りましょう。

隠語を使い過ぎると相手に警戒されることがある

隠語はママ活の交渉がスムーズにいくメリットがありますが、使い過ぎはNGです。
「ママ活に相当慣れている」と思われるようになり、最悪の場合は業者であることを疑われてしまいます。

一度でも「業者では?」と疑われてしまうと、いくら弁解しても相手の疑惑は晴れません。
せっかくデートの約束をしても、ドタキャンされたりフェードアウトされたりするリスクがあります。

ママ活で隠語を使うのは決して悪いことではありませんが、多用は避けましょう。

ママ活隠語 まとめ

さて今回は、ママ活で使われる隠語や用語についてご紹介しました。

アプリやサイトでの規制を避ける為に、ママ活ではストレートな表現を避けた隠語を使うのは一般的です。
相手から言われた用語の意味が分からず、その都度調べたり聞いたりする手間を省く為にも隠語の意味はある程度理解しておきましょう。

しかし、隠語は多用することで業者を疑われることもあるので注意が必要です。
ママ活では適度に隠語を利用し、相手の理解度も図りながらスムーズな条件交渉を目指しましょう。

>>おすすめのママ活アプリ・サイトを知りたい方はこちら

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる

おすすめアプリBEST3おすすめポイント
【一番おすすめ!】

おすすめパパ活アプリ・サイト「ワクワクメール」
ワクワクメール

【低コストで会える】
・1日1回無料で書き込める
・アダルト掲示板で年上女性と会える
・無料ポイントが多い

\今だけポイント1,200円分もらえる/
無料登録はこちら

Jメール

【老舗で安心できる】
・毎日ログインガチャあり
・24時間監視体制で安全
\今だけポイント1,000円分もらえる/
無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「イククル」
PCMAX

【年齢層が幅広く出会いやすい】
・大学生〜20代後半の男子が人気!
・欲求不満な女性が多い
\今だけポイント700円分もらえる/
無料登録はこちら

コメント

コメントする

目次