高校生はママ活できる?わかりやすく未成年のリスクや体験談を紹介

高校生はママ活できる?わかりやすく未成年のリスクや体験談を紹介

※本記事では、アフィリエイト広告を掲載しています。

「高校生でもママ活できるのかな?」
「未成年でママ活したら、どんなリスクがあるんだろう?」
「実際に高校生でママ活している人の体験談を聞いてみたい」

上記のようにママ活に興味がある男子高校生に向けて、今回は高校生のママ活の実態について調査しました。
ママ活で楽して簡単にお小遣い稼ぎができたという人の話を聞いたら、アルバイト感覚で始めてみたいと思う男子高校生は多いでしょう。
この記事では、高校生がママ活をした場合のリスクについても法律の話を交えながら解説しています。
記事を読めば、高校生がママ活することの危険性が理解できるようになります。

また、ママが未成年とママ活してしまわない方法も紹介しているので、これからママ活を始めようと思っているママにも参考になると思います。最後まで読んでみてください。

※以下のアプリは未成年は利用できません

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる

おすすめアプリBEST3おすすめポイント
【一番おすすめ!】

おすすめパパ活アプリ・サイト「ワクワクメール」
ワクワクメール

【低コストで会える】
・1日1回無料で書き込める
・アダルト掲示板で年上女性と会える
・無料ポイントが多い

\今だけポイント1,200円分もらえる/
無料登録はこちら

Jメール

【老舗で安心できる】
・毎日ログインガチャあり
・24時間監視体制で安全
\今だけポイント1,000円分もらえる/
無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「イククル」
PCMAX

【年齢層が幅広く出会いやすい】
・大学生〜20代後半の男子が人気!
・欲求不満な女性が多い
\今だけポイント700円分もらえる/
無料登録はこちら
目次

高校生でもママ活はできる?

結論、高校生はママ活できません。

未成年がママ活すると、「児童福祉法」で禁止されている援助交際や誘拐事件として扱われる場合があり、違法になります。
また、学校が生徒指導のガイドラインで出会い系サイトを利用した危険な出会いについて厳しく規制してることが多く、18歳で成年となった高校生の場合であってもママ活はできないことになっています。

あなたの家族や学校の先生、友達にも迷惑をかけてしまう行為になりかねないので、ママ活を始めるなら高校を卒業してから考えましょう。

実際に、ママ側も犯罪に巻き込まれるリスクを回避するために高校生や未成年を避けてママ活しているので、あなたが信頼できるママと出会えるチャンスは今はないと言えるでしょう。

未成年がママ活をした時のリスク

未成年がママ活をした時のリスクを詳しく解説します。
未成年がネット上で知らない大人と出会うことは危険なことが多いです。

ネット上では、名前や身分を偽ることができるためネットでの出会いに抵抗のない子どもたちを狙っている悪い大人が蔓延しています。

実際に、SNS経由で詐欺被害に遭ってしまったり性犯罪の被害者になってしまったりする未成年が後を絶ちません。
未成年がママ活をして警察や学校にバレた場合には厳しい処分が下されることを覚えておいた方が良いでしょう。
以下で、詳しくリスクを見ていきましょう。

ママ活詐欺に遭う場合がある

まず、未成年がママ活をすると詐欺に遭ってしまうリスクが考えられます。
まだ社会経験が少ない未成年はとっさに正しい判断ができずに、脅されたり強要されたりして詐欺師の罠にはまってしまう可能性があります。

具体的な詐欺被害のケースといて、17歳の男性がSNSでママ活募集の広告からサイトに登録したところ、仲介人から「ママと会う前には契約金が必要だ」と言われ、親に知られないようにコンビニで2万円のプリペイドカードを購入し番号を送ってしまった事例があります。

SNSでは相手の身元がわからず、アカウントもすでに退会されていたため、お金は1円も返金されずに男性は泣き寝入りするしかありませんでした。

他にもSNSのママ活募集に偽アカウントから公式LINEアカウントに誘導し、複数のサイトに登録させて登録料を請求されるケースが多く発生しており、誰にも相談できずに詐欺に合ってしまう未成年が多くいます。
未成年であるがゆえに、安全な出会い系サイトにも登録することができないので成人するまではママ活は諦めた方が良いでしょう。

警察官に補導される

未成年がママ活をした場合には警察官に補導されるリスクもあります。
近年、未成年が出会い系サイトで犯罪に巻き込まれるケースが多発しており、警察では児童を守るためにサイバーパトロールが強化されています。

具体的な事例では2018年、福岡県の当時17歳の男子高校生がツイッターでママ活を募集し、金銭目的の援助交際をにおわせていたため警察官がママになりすまして補導しました。

未成年が出会いを求める行為が危険な深夜の徘徊につながる「不良行為」と判断し、常に目を光らせて巡回しています。
警察官に補導されると、家族への連絡はもちろん家族と連絡がつかなかった場合や反省が見られなかった場合には高校生なら学校に連絡されることもあります。

高校生は学校から停学処分にされる

上記のように警察官から補導の連絡を受けたり、教員やクラスメイト、近所の人が通報したりして、あなたがママ活をしていることが学校にバレると生徒指導ガイドラインに沿って停学処分にされる場合があります。

学校の判断によっては、退学もあり得るでしょう。
実際に、ママ活をしていた未成年がクラスメイトに通報され一回目は停学処分、二回目は反省が見られないと学校が判断し退学処分になったケースもあります。

友達を失い、今後の進路に大きく関わる問題になるので、大きなリスクをおかしてまでママ活をするメリットは高校生にはないです。

違法行為になる場合がある

未成年がママ活をした場合には、違法行為になる場合があります。
刑法224条で「未成年者を略取し、又は誘拐した者は、3月以上7年以下の懲役に処する」と定められており、ママ活は「誘拐」にあたります。

テレビで家出をした高校生がネットで知り合った大人と一緒にいたところを未成年者誘拐で逮捕されるニュースを見たことがある人も多いのではないでしょうか。
お互いに合意していたとしても未成年のママ活は違法行為になり、まわりに迷惑をかけてしまうので注意しましょう。
もし未成年が身分を偽りママとセックスをしてしまった場合には、金銭のやりとりがなくても各都道府県が定める「青少年保護育成条例」に違反し、金銭のやりとりがあれば「児童買春」にあたりママが処罰されてしまいます。

違法行為で逮捕されるのは未成年のあなたではなくママの方ですが、先に述べた通りあなたは警察に補導され、学校に連絡が行けば厳しく処分されます。

未成年でもできるママ活の内容は?

未成年でも、ママとセックスはせずに食事や買い物デートだけならママ活しても問題ないのでは?と思う人もいるかもしれませんが、未成年でもできるママ活はありません。

確かに身体の関係を持たなければ援助交際や児童買春にはなりませんが、未成年が見知らぬママと一緒に過ごすことは先程も述べた刑法224条で「未成年者誘拐罪」にあたり違法です。

厳密には誘拐にならない場合もあるので、以下で詳しく解説します。

未成年者誘拐罪になるケース・ならないケース

未成年者誘拐罪になる場合

18歳未満がママ活をして「未成年者誘拐罪」になる場合は、ママが相手の男性を未成年だと知っていた場合です。

たとえば、相手が高校生だと知っていたが「家にいるのがつまらない。家にいたくない」と言われたので、良かれと思ってママの自宅にお茶に呼んだだけでも「未成年者誘拐罪」になる可能性はあります。
仮にママが相手の男性が未成年と知らなかった場合でも、男性の会話内容や見た目から未成年ではないかと認知できた場合には「未成年者誘拐罪」が成立してしまいます。

「18歳以上と嘘をつかれていた」というだけでは理由にならず、身分証明所の確認の有無や学生証の提示確認があったかなどの行動がなければ認められません。
ママと男性のメッセージのやりとりの内容や保護者の話などからも根拠を詳しく調べられます。

未成年者誘拐罪にならない場合

ママと会うことにあなたの保護者も同意すれば、「未成年者誘拐罪」にはなりません。
たとえば保護者も顔見知りの女性で連絡をした上で、ご飯に一緒に行く場合は問題ありません。

しかし、ネットで知り合った見ず知らずの女性とママ活を承認する保護者がいるとは思えません。
あなたが外出したことで保護者が捜索願を出していた場合には、確実にママは取り調べの対象になり、あなたは補導されてしまうでしょう。

何度も繰り返しになりますが、未成年がママ活すると多くの大人に迷惑をかけてしまい、あなたにとってもメリットは全くないのでやめましょう。

ママが未成年とママ活してしまわない方法

ママが未成年とママ活してしまわない方法を解説します。
ママが安全にママ活を楽しむためには、事前に未成年と出会わないように対策するのが一番良いです。

自分は意図していなくても援助交際や誘拐の罪で逮捕されれば、ママの家族に知られてしまい家庭が崩壊してしまうかもしれませんし、会社からは信用を失ってしまいます。

せっかく心を癒すためにママ活を始めても、人生が狂ってしまえば元も子もありません。
もしママ活で出会った男性の年齢がわからない場合の対策についても下記で紹介していますので、参考にしてみてください。

年齢確認が必要なママ活アプリを利用する

まず、未成年のママ活男子と出会わない方法は、年齢確認が必要なママ活アプリを利用しましょう。

ツイッターやインスタグラムなどのSNSは未成年でも気軽に登録できてしまい、身分を偽ることができるので危険です。
先述の通り、出会ったママ活男子が未成年だと知らなくても、違法になり逮捕されてしまう場合があります。

年齢確認が必要なママ活アプリは、登録時に身分証を提示する必要があるので未成年は登録できないシステムになっており、「出会い系サイト規制法」により高校生は18歳の誕生日をむかえていてもアプリは利用できません。

逆に、高校生でも登録できるようなママ活アプリは悪質な業者や詐欺アプリなので安全性を見極めるポイントでもあります。
また、不正ユーザーをパトロールしている安全なママ活アプリを使えば、もっと安心してママ活男子と出会うことができるでしょう。
大手で年齢確認が必要なママ活アプリは、「インターネット異性紹介事業者」として警視庁から認定を受けているので信頼できると思います。

LINEのIDを交換する

もし未成年でも使うことができるツールでママ活男子と出会ったら、会う前にLINEのIDの交換をして未成年かどうかを確かめる方法もあります。LINEのIDを交換する際には、年齢認証が必要だからです。

18歳未満の子どもたちが不特定多数の人と連絡先を交換して犯罪に巻き込まれないために追加された機能です。
相手のママ活男子がLINEのIDを教えられなかったり、別の連絡ツールを使いたいと濁してきたりした場合には未成年を疑ってください。

ママの需要は高いので、リスクを侵さず確実に成人のママ活男子と出会うことが大切です。
ただし、LINEをやっていないママ活男子もいるので確実性はありませんがその場合は下記の方法を併用して年齢を確認すると良いでしょう。

身分証明証を見せてもらう

念のため、会う前には必ず年齢確認ができる身分証明書をママ活男子に見せてもらうと確実です。
ママ活は女性であるママの方が危険やリスクがあるので、ママ活男子に「お互いの身分証を見せ合って安心してから会いたい」と伝えれば、健全な成人男性であれば快く受け入れてくれるでしょう。

ママ活男子にとっても、実際に会うママを信用してもいいのか不安でしょうし、身分証明所を確認し合うことはお互いとってメリットは大きいです。

やましいことがある男性ほど身分を知られたくないので、未成年を回避するだけでなくヤリモクや恐喝などの被害から身を守る対策にもなります。

高校生・未成年のママ活体験談

高校生のママ活体験談を紹介します。

2人の男子高校生が軽い気持ちでママ活を募集したために、怖いトラブルに巻き込まれそうになったり、決まっていた進路を失ってしまったりした体験談です。
高校生でママ活に興味がある人には、危険性と怖さが理解できる内容なので体験談を読んで踏みとどまりましょう。

ツイッターでママ活をした高校生の体験談

ツイッターでママ活をしたA君の体験談です。

A君は休日にファーストフード店でアルバイトをしていましたが、コロナの影響でアルバイトができなくなってしまいました。
A君の大学生の兄の友達がママ活をしている話を思い出し、大好きなアーティストのライブに行くためにお小遣いを稼ごうとツイッターで「ママ活募集」の裏アカウントを作りました。
するとすぐに20代の看護師の美人ママからDMをもらいました。
実際にお金を持っていそうな写真がアップされていており、「カフェで1時間くらい話を聞いてくれたら1万円支援するね」と優しい言葉をかけてくれたので、すっかり信用して翌日に会うことになりました。

ママに指定されたカフェに行くと、「A君?一人だよね?」と怖そうな男性に話しかけられました。
「ママはビルで待っているから」と雑居ビルの中に連れていかれそうになったので、慌ててカフェを飛び出し逃げました。
後でツイッターを確認すると美人ママのアカウントはすでに削除されており、A君はママ活の怖さを初めて知ったそうです。

20歳と偽ってママ活をした高校生の体験談

最初はヒマつぶしの目的でSNSの出会い系アプリを始めたB君のママ活体験談です。

B君はアプリ上では20歳の大学生と年齢を偽っていました。
特に年齢認証が必要ではなかったのでプロフィールで高校生だと疑われない内容にし、何人かとアプリ上でやりとりをしていました。
ある日、40代の専業主婦がママ活を募集していたので興味本位で連絡をし、メッセージ交換後も話が合ったので食事に行くことになりました。
B君は身長が高く、もともと大人びた顔つきだったので見た目は大学生と言われてもわかりません。
ママの話によると、子どもがほしかったが恵まれず楽しみを見つけるために出会い系アプリでママ活男子を募集していたそうです。

普段は食べられない高級店のステーキをごちそうになりながら、ママの趣味の話や旦那さんの愚痴を聞いていました。
しかし、途中で偽っている大学生活のことや就職先のことをいろいろとママに聞かれ、嘘をつき通すことができずに実は高校生であることを正直に話しました。
するとママは「私が犯罪者になってしまうから」と怒り出し、B君の親と学校に通報されてしまったそうです。

B君は停学処分になり、建設業の内定が出ていましたが取り消しになってしまい、進路を失ってしまいました。
親にも迷惑をかけ、軽はずみでママ活に手を出したことを後悔しているそうです。

高校生がママ活に求めていること

高校生がママ活に求めていることを解説します。

高校生は子どもから大人になろうとする時期で、ブランド品を持ったり大人の社会人に憧れることで自分がちょっと大人になったような気持ちになり優越感を感じることができます。

高校生が一番大切に思っているのは友達との付き合いだという人は多く、最新のスマホやiPad、イヤホンなどほしいものは尽きない好奇心旺盛な年頃でしょう。
大学受験や就職など自分の進路に悩むのも高校生ならではと言えます。
高校生がママ活に求めるものは、お金と進路に関係がありそうです。

すぐにお小遣いがほしい

高校生は、ママ活ですぐにお小遣いが手に入ることに魅力を感じています。
高校生のアルバイトといえばコンビニやファミレスが多いので、働いた分の給料は日払いバイトでない限り、給料日まで待たなければいけません。

流行っているゲームソフトやブランド品などほしいと思った物はすぐに買いたいと思う高校生は多いでしょう。
また、友達と遊びに行くために急なお金が必要になることもあると思います。

ある男子高校生は彼女に良く思われようと高いアクセサリーやコスメを頻繁にプレゼントし、デート費用もすべて払っているのでアルバイト代は残らないそうです。
ママ活をすれば、その日にお小遣いやプレゼントをもらうことができるので、欲しいものや遊びに行く機会が多くすぐにお金が必要な高校生にとってメリットがあります。

楽して稼ぎたい

ママ活は楽して稼ぐことができるというイメージから、アルバイトで辛い思いをせずに、サクッと短時間でお小遣いをもらうことができるので高校生は興味を持っています。
大学生や社会人の知り合いからママ活をして優雅に過ごしている話を聞いたら、アルバイトで長時間働くのが馬鹿らしく感じてしまう人も多いでしょう。

高時給なアルバイトは引っ越し作業や倉庫内の軽作業などありますがどれも体力的にきつく、高校生だからと扱いも雑なことが多いです。

部活や勉強の合間に必死でアルバイトをして、「これだけ苦労して働いたのに、給料はこれだけか」と体力の消耗具合と給料のバランスに愕然とする高校は多いのではないでしょうか。
実際に、ママ活ではお食事デートだけでも時給換算すれば3000円が相場なのでアルバイトがきつい高校生にとってはかなり魅力的です。

年上の女性と接したい

高校生は思春期ど真ん中なので、一番の興味の対象は女性です。

同級生の女ん子と話すのが恥ずかしい男子は、どこか別の方法で女性と出会うことを考えています。

それが今の時代は学校で女子と触れ合うことができなくても、SNSや出会い系サイト・マッチングアプリなどを通せば手軽に女性と接点を持つことができます。

中でも幅広く情報を手にしている男子高校生はママ活の存在に気づいています。
ママ活であれば女性と接することができて、自分のお金を使わなくて良いだけでなく逆にお小遣いをもらえることを知っています。

年上の女性と時間を共有することができ、さらにお金ももらえることに高校生は魅力を感じています。

社会勉強のため

社会勉強のためにママ活をしてみたいと考えている高校生もいます。

大学受験をしてその先の進路が不安で大人の意見を聞きたい、高校を卒業して就職する前に社会人の話を聞いてみたいとママ活に興味が湧くのです。

学校で接する大人は限られており、教員は教科書通りのことしかアドバイスしてくれないと不満に思っている高校生は多いのではないでしょうか。

いろいろな社会人と接する機会がなく、同年代は子どもっぽく馴染めない高校生にとってママ活で出会える大人の女性はキラキラしていて魅力的です。
実際にママ活で経営者ママから企業ついて学んでいる大学生や希望の就職先に勤めるママから就活の相談に乗ってもらっている大学生もいるため、人脈作りや社会勉強にママ活を利用したいと考える高校生は多いと思います。

高校生のママ活まとめ

高校生のママ活はリスクが大きく、犯罪に巻き込まれる可能性があるのでママ活をしたいのであれば高校を卒業してからにしましょう。

際に、警察のサイバーパトロールが年々強化され、学校とも連携して未成年の児童を守る動きが活発なので高校生がママ活できる環境はありません。
もし不正にママ活をして警察官に補導された場合には、家族にもママにも迷惑をかけることになります。

家族から非難され、居場所を失ってしまう可能性もあるでしょう。
そして最悪の場合、学校は停学処分や退学処分を覚悟しなければいけません。

将来を犠牲にするような大きなリスクを背負ってまで今ママ活をしなければならない理由は高校生にはありません。
高校生は大人になる大切な時期なので、自分の将来を一番に考えてルールを守って行動しましょう。

あなたが高校を卒業すればママ活をしてサクッとたくさん稼ぐことができるので、今は我慢をして自分磨きや勉強をした方が後にママに好かれるママ活男子になることができます。

>>おすすめのママ活アプリ・サイトはこちら

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる

おすすめアプリBEST3おすすめポイント
【一番おすすめ!】

おすすめパパ活アプリ・サイト「ワクワクメール」
ワクワクメール

【低コストで会える】
・1日1回無料で書き込める
・アダルト掲示板で年上女性と会える
・無料ポイントが多い

\今だけポイント1,200円分もらえる/
無料登録はこちら

Jメール

【老舗で安心できる】
・毎日ログインガチャあり
・24時間監視体制で安全
\今だけポイント1,000円分もらえる/
無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「イククル」
PCMAX

【年齢層が幅広く出会いやすい】
・大学生〜20代後半の男子が人気!
・欲求不満な女性が多い
\今だけポイント700円分もらえる/
無料登録はこちら

コメント

コメントする

目次