【例文あり】ママ活の上手な条件交渉!決めるべき条件やお手当アップの方法

【例文あり】ママ活の上手な条件交渉!決めるべき条件やお手当アップの方法

※本記事では、アフィリエイト広告を掲載しています。

「ママ活を始める時の条件って何を決めればいいのかわからない」
「お手当をアップしてもらいたい時の条件交渉の良いタイミングはいつ?」
「ママ活で条件交渉をするときには、ママにどんな風に伝えればいいんだろう?」

今回は上記のようなお悩みを持つママ活男子に向けて、ママ活で決めておくべき条件と条件交渉の良いタイミングを解説します。

ママ活を始める前にしっかりと条件をママと擦り合わせしておくことで、これからの活動をスムーズに進めていくことができます。
ママ活では、決定権はママにあるのであなたの条件交渉の仕方次第で成功率はアップするでしょう。
この記事では、ママ活で条件交渉をするときの好印象な例文も紹介していますのでぜひ実践してみてください。
記事を読めばママ活で上手に条件交渉ができるようになります。最後まで読んでみてください。

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる

おすすめアプリBEST3おすすめポイント
【一番おすすめ!】

おすすめパパ活アプリ・サイト「ワクワクメール」
ワクワクメール

【低コストで会える】
・1日1回無料で書き込める
・アダルト掲示板で年上女性と会える
・無料ポイントが多い

\今だけポイント1,700円分もらえる/
無料登録はこちら

Jメール

【老舗で安心できる】
・大学生〜20代後半の男子が人気!
・欲求不満な女性が多い
\今だけポイント1,000円分もらえる/
無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「イククル」
イククル

【年齢層が幅広く出会いやすい】
・アクティブな会員が多い
・安心の24時間365日サポート
\今だけポイント800円分もらえる/
無料登録はこちら
目次

ママ活の条件とは?

ママ活の条件とは、デートの内容やお手当の金額、セックスを含めるのかなどママとあなたの希望のことです。
たとえば、あなたがママ活で月にどれくらい稼ぎたいかという希望があると思いますが、ママとお手当の金額やデートの回数などの条件が合わなければママ活は成立しません。

条件を事前に擦り合わせしておくことでお互いの相性やママ活を進めていけるのか明確になり、後でトラブルにならないためにも最低限の条件は決めておくことが大切です。

ママ活で決めるべき条件は6個

ママ活で事前に決めるべき条件6つを解説します。

ママ活では、仕事や家庭環境などいろいろな事情を持ったママが活動しており、ママがママ活で求める目的は様々です。
たとえば、子持ちで独身の経営者ママもいればセレブな専業主婦のママもいます。

下記で解説する条件を決めておけば、安全面でも金銭面でもお互い気持ち良く長期的にママ活することができるでしょう。

お手当の金額

お手当の金額はママ活でデートする前に条件として決めておいた方が良いです。

たとえば一日デートをして長い時間拘束されたのに、後から「思っていたお手当の金額が相場より少なかった」となれば、お手当が少ないことをその場で言うのは印象が悪いですし、モチベーションも下がり時間を無駄にしてしまいます。

いきなり最初からお金の話はしにくいと思う男性もいると思いますが、ママ活ではママと一緒に過ごすこと自体があなたの商品なので、あなたも相場を知って自分なりの希望の金額を設定しておいた方が後から後悔することはないと思います。

提示されたお手当の金額からママの金銭感覚を知ることで、今後もそのママとデートすることが本当に効率的なのかを判断することもできます。

デートの場所

デートの場所によっては、お互いの知り合いに見つかってしまう可能性が高いので会う前に決めておくと安心です。

お互いの家や勤務先の近辺などの最寄りはできるだけ避けたほうが良いでしょう。
また、デート場所が把握できれば事前にママ好みのお店を調べたり道に迷わないためのルートを考えたりして、ママを上手にエスコートするためのリサーチができるので便利ですし、もし遠方になれば交通費をどうするのかを先に相談することもできます。

ママ活をはしごする場合にもデートの場所が決まっていれば予定を立てやすくなるので効率的です。
中には午前中にママとカフェデートをして、その後同じカフェで別のママと待ち合わせをするママ活男子もいます。

ママ活相手と会う頻度

ママ活では、会う頻度を条件として決めておくといいでしょう。

あなたが彼女と付き合う時と同じで、ママの希望するデート頻度とあなたがママと会いたい頻度のバランスが取れないとお互いにストレスになってしまいます。

月1回程度の気晴らしが心地いい既婚者ママにとって会いたいアピールをしてくるママ活男子は面倒ですし、時間に余裕があって寂しさを埋めてほしい独身ママであれば月に1回のデートでは満足できないでしょう。
お互いが負担にならないペースを決めておくことで、継続してママ活を進めることができます。

連絡するタイミング

ママに連絡するタイミングやあなたが返信できる時間帯を先に伝えておくことも大切です。

既婚者ママは内緒でママ活をしているので、旦那さんがいる時間に連絡をされることを嫌がります。
また忙しいキャリアウーマンママも仕事の時間は集中したいですし、自分の時間は邪魔されたくないと思っています。

あなたはママの都合に合わせて連絡するタイミングを考えなければいけないので、いつなら連絡しても大丈夫なのかを事前に把握しておきましょう。

また、あなたが返信できる時間帯を伝えておくと返信が遅くなっても「私に興味ないんだ」とママに誤解されることはありません。

2人だけのルール

ママ活でデートするときに2人だけのルールを先に決めておけばお互いにとって気持ちよく活動ができるでしょう。

あなたも彼女とデートする時にはお互いにしてほしくないこと、してほしいことを把握したいと思います。
「たばこは吸わないでほしい」や「デート中にはスマホを見ないでほしい」など話し合っておきましょう。

実は2人だけのルールを決めることはちょっとした疑似恋愛の感覚があり、ルールを決めるプロセスでママにトキメキを感じさせることができるので最初に決めておいて損はないです。

セックスありかなしか

ママ活をしているママの中には、セックスを希望する人もいればセックスはしないと決めている人もいます。

ママ活男子は年上の女性と割り切ってセックスしたい人は多いかもしれませんが、ママがセックスはしないと決めている人であれば強引に誘うと印象が悪くなり、不信感から二度と会ってもらうことはできないでしょう。

逆に、ママがセックスを希望している場合には気持ちを満たしてあげる必要があります。
見た目や雰囲気だけでは判断できないので、先にママがセックスを希望しているのかどうかは話し合っておくと良いでしょう。

>>おすすめのママ活アプリ・サイトを知りたい方はこちら

条件交渉のタイミングはいつ?

ママ活で条件交渉をする良いタイミングを解説します。
条件交渉のタイミングはママと知り合った時か、デートを重ねた後にしましょう。

アルバイトや転職をするときをイメージしてみてください。
入社する時に給料や待遇などの条件を擦り合わせて、仕事ができるようになってから条件交渉をする人が多いと思います。

ママ活でも条件交渉の成立には会う回数は関係なく、関係性が大事です。

メッセージのやりとりを始めたとき

ママとメッセージのやりとりを始めたときが、最初に条件交渉をする良いタイミングです。

ママ活詐欺の場合は見分けることができますし、お互いにまだ知らない者同士なので最も条件を伝えやすいからです。
会う前に確認すれば後から予期せぬトラブルに巻き込まれることもないでしょう。

お手当の交渉の際は、最初に相場よりも低い金額を提示すると第一印象がよく、顔わせやデートに発展したときにはお手当をアップしてもらえる可能性が高まります。
もし条件が合わなくてお断りする時もメッセージのやりとりを始めたばかりならマイナスな気持ちにはならないですし、他のママをすぐに探すことができます。

顔合わせのとき

もしあなたがイケメンで女性ウケするタイプの男性であれば、メッセージのやりとりを始めたときに条件交渉するよりも、顔合わせの時にお手当の条件を交渉する方がうまくいく場合もあります。

顔合わせでママがあなたと今度もデートをしたいと思うことができれば、ちょっと奮発してお手当を渡してくれるからです。

ママとの会話で、どうしてもお金が足りないことをさりげなく匂わせて、「もしまた会いたいと思ってくだされば、お手当をいただけると嬉しいです」のように謙虚な言葉を添えれば、顔合わせの時点で情が湧いているのでママは喜んで条件交渉に応じるでしょう。

信頼関係ができてきたとき

信頼関係が深まり、あなたをママが気に入ってくれているなと感じた時に条件交渉をすると成立しやすいです。
そのサインはママによりけりですが、たとえばいつもよりスキンシップが多くなってきたことや、デートに誘われる回数が多くなってきたことなどから見極めることができます。

ママにとってあなたが大事な存在になっているのであなたの願い事を少しでも叶えてあげようとお手当のアップを聞いてくれたり、身体を許してくれたりするでしょう。

あなたも見知らぬ人の頼み事よりも、仲の良い友達や家族からの頼み事なら快く聞いてあげようと思いませんか?
日頃からママを楽しませるように努力をして、関係性を深めて条件交渉しやすい雰囲気にもっていきましょう。

上手な条件交渉のコツ

ママ活で上手な条件交渉のコツを紹介します。
まずは、ママの満足度を精一杯あげることが肝となります。

お手当の条件交渉は、いきなり高額な金額を交渉するとお金目的であることが見え過ぎてしまいママに嫌われてしまうので、徐々に進めていく方が成功しやすいでしょう。

また、条件交渉をするママを選ぶこともコツです。下記で具体的に解説します。

ママがママ活で満たしたい欲求を把握する

先述の通り、ママがどんな目的でママ活をしているかを把握できれば、ママの満足度を上げることができます。

ママの欲求に合ったデートプランを提案しやすく、話を聞いてほしいママにはとことん寄り添って聞き役に徹し、癒されたいママには非日常なデートをしてトキメキとリラックス感を与えましょう。

ママは気に入った男性にはできるだけサポートしてあげたいと思いますし、逃がしたくないので条件交渉に応じてもらえる可能性が高いです。

お手当アップの理由付けをする

ママがあなたにお手当を渡す理由を明確に伝えることで理由付けをします。

人に言われてする行動よりも、自分で決めて行動した方が自分の中で納得ができるので、条件交渉を成功させやすくなります。
そのためにはママが納得しそうなあなた独自の理由が必要です。

「借金があって、大学に通いつづけるためにはお金が必要」
「留学したいからお金を貯めているけど勉強が忙しくてバイトができない」

上記のように自分の成長のための理由を添えるとママの母性本能がくすぐられて、上手に条件交渉することができます。
また、信頼性を高めるためには成長のために実践したことをマメに報告すると良いでしょう。

低い条件からおねだりする

低い条件からおねだりすることでハードルが下がり交渉が成立しやすくなります。
そこから徐々に上げていけば、いつの間にか希望の条件に近づけることができます。

たとえば、あなたが10万円のMacbookがほしいとします。
いきなり10万円のプレゼントがほしいとママに交渉するのは難しいでしょう。

そこでまずは英語学習のために2万円のヘッドセットからおねだりし、次に英会話スクールの入会金5万円を交渉、そして「誕生日には10万円のMacbookが嬉しい」と伝えるとママにとってあなたへのプレゼントの相場がアップしているので、条件交渉をスムーズに行うことができます。
また、ママが関係性ができたらセックスもOKにしている場合は最初は手をつなぐなどの軽いスキンシップから始めて、徐々に親密になっていく方が自然です。

条件交渉するママを選ぶ

収入ベースで考えて条件交渉をするなら、太ママに条件交渉をすると良いでしょう。

太ママであれば金銭感覚が通常よりも高いですし、先述のように信頼関係を築くことができれていれば条件交渉しやすいです。

また、太ママのプライドと独占欲を刺激するのもおすすめです。

「本当はあなたとだけデートしたいけれど、お金が足りないから他のママともデートしなくてはいけない」
上記のように太ママが特別な存在であることをアピールすれば、もっとお手当をアップしてくれる可能性が高まります。

またあなたが割り切って年上の女性と遊びたいと思っているなら、セックスは絶対にしないと決めているママよりも、いずれはセックスもしたいと思っているママを選ぶことで条件交渉しやすくなります。

おすすめママ活アプリ

おすすめママ活アプリおすすめポイント
おすすめパパ活アプリ・サイト「ワクワクメール」
ワクワクメール

【 登録者数3000万人以上 】
・会員数が多い=ママ候補も多い
・食事、大人等様々な目的で探せる
・経営者、綺麗目ママが多い
・ママ活初心者におすすめ
\今だけポイント1200円分もらえる/
おすすめパパ活アプリ・サイト「Jメール」
Jメール

【 大人ありでママ活したい 】
・年齢層が幅広く出会いやすい
・元読モ系、美魔女ママ多数
・大学生〜20代後半の男子が人気!
・欲求不満なママが多い
\今だけポイント800円分もらえる/
おすすめパパ活アプリ・サイト「イククル」
イククル

・ミクシィグループが運営
・ママ活したい女性が多い
・1日3人まで無料メッセージが送れる
\今だけポイント800円分もらえる/

ママ活アプリ・ママ活サイトはいくつかありますが、その中でも厳選したおすすめのママ活アプリを紹介します。

ママ活初心者には、安全に利用できることママ活相手と出会いやすいことを一番の基準に選んでいます。

安全なママ活アプリの条件
  • 会員数が多い
  • 運営会社がはっきりしている
  • インターネット異性紹介事業届出済み

上記の安全なママ活アプリの条件をすべてクリアした中からさらに厳選した3つのママ活アプリを紹介します。

ワクワクメール

おすすめのママ活アプリは「ワクワクメール」
サービス名ワクワクメール
会員数1,100万人
リリース日2000年
料金男性:ポイント制
女性:無料
年齢層男性:20〜60代
女性:10〜40代
男女比5:5
登録方法電話番号、メールアドレス、アプリ認証
身バレ対策なし
運営会社ワクワクコミュニケーションズ
公式サイトhttps://550909.com/
ワクワクメールの詳細情報
ワクワクメールの特徴
  • 会員数1100万人超えの老舗出会い系サイト
  • 豊富な募集機能から1時間以内に年上女性が見つかる
  • 運営がしっかりしていて安全
  • 掲示板募集で人妻が見つかりやすい

\ 無料登録で1,700円分のポイントをもらう /

※30秒で登録完了

ワクワクメールの特徴

ワクワクメールはママ活専用アプリではありませんが、ママ活相手と出会うのに最適に出会い系サイトです。
ワクワクメールはママ活を公認しているわけではありませんが、上手に利用することで理想のママ活相手と出会うことができます。

ワクワクメールの特徴
  • ママ活に適した条件で検索・募集できる
  • 1日1回各掲示板に無料で書き込みができる
  • 無料ポイントをもらいやすい
  • 本人確認済みの人だけを検索できるので安心

ママ活に適した掲示板を活用

ワクワクメールには、ママ活を公認していないのでママ活募集!といった掲示板はありませんがママと出会える掲示板がたくさん用意されています。

ワクワクメールにはピュア掲示板とアダルト掲示板が用意されており、それぞれの掲示板の中にも目的別で分かれているのでママ活相手を探しやすいです。

<ピュア掲示板のおすすめ>
  • 30代以上の方との出会いを目的とした「ミドルエイジ掲示板」
  • 友達や恋人探しに使う「趣味友掲示板」
  • まずはお食事デートから「一緒にごはん掲示板」
<アダルト掲示板のおすすめ>
  • 色々な欲を解消したい人が集まる「アブノーマル掲示板」
  • すぐにアダルトな関係を求めている「すぐ会いたい掲示板」
  • その名の通りアダルトだけが集まる「アダルト・H掲示板」

自ら掲示板にママ活相手募集を書き込むのもひとつの方法ですが、既に書き込んである人の中から選ぶこともできますので手軽に検索からママ活相手を探すことができます。

ワクワクメールの口コミ

掲示板がとにかく使える。こんなにみんな募集してるんやなって思った

海斗(20)

こういう出会い系サイトは怪しい!から入ったので、使ってみたらけっこう良かった。 いまだけ?無料ポイント1200Pもらえたのでそれだけでも十分楽しめる。

Takumi☆

\\ 今なら無料登録で1500Pゲット! //

Jメール

おすすめのママ活アプリは「Jメール」
サービス名Jメール
会員数600万人
リリース日2000年
料金男性:ポイント制
女性:無料
年齢層男性:20〜60代
女性:10〜40代
男女比6:4
登録方法電話番号、メールアドレス、アプリ認証
身バレ対策なし
運営会社有限会社エムアイシー総合企画

Jメールの特徴

東京都心ではJメールの宣伝カーが走っているので、お近くに住む人は見たことがある人も多いのではないでしょうか。
Jメールはサービス開始から20年以上運営しているだけあり、不適切な内容の投稿を24時間・365日監視体制で監視しているのでユーザーはしっかり守られています。
都道府県・性別・年齢などの様々な条件で絞り込んで検索ができるので、多くの人の中からあなた好みの相手と出会うことができます。

”誘い飯掲示板”を活用

Jメールの掲示板の中でママ活相手の募集に適しているのは「誘い飯掲示板」です。
誘い飯掲示板は、”ご飯をご馳走して欲しい”女性の書き込みや、”奢るのでご飯を一緒に食べましょう”とお食事相手を募集している男性の書き込みがあります。もちろん自分から募集をかけることもできます。
Jメールでのママ活募集は禁止されていますので、入り口はママ活ではなくそれっぽい人を探

Jメールの口コミ・評判

今使ってるアプリ 今のところ周りが言うほど悪くない
(エチ目的は別) 問題は会えてデートできるかだね
#Jメール

2023年5月5日 カラス@dekunobo5963

イククル

おすすめのママ活アプリは「イククル」

イククルは、会員数1500万人の出会い系アプリです。
イククルには、「日付から探す」機能があり効率良く相手を探すことができます。

完全前払い制なので、後から料金を請求される事は一切ないので安心して利用できます。
また、24時間365日のサポートの管理体制でメールだけでなく電話での対応も行っているのでメールが苦手な方にも使いやすい環境が整っています。

イククルは、ママ活目的の利用は禁止しているので表立ってママ活アピールをしないよう気を付けましょう。

イククルの特徴

・「会える日から探す」機能(出張検索)がある ・困ったことがあれば電話での対応も可能

・年収機能がある

「会える日から探す」機能

イククルには、日付から会う相手を探せる機能があります。

自分の空いてる日・場所を選ぶと、会える日を設定した人が表示されるので簡単に相手を探すことができます。

出張や旅行のタイミンで会える人を探せるので、周りの人にママ活をしていることを知られたくない人におすすめです。

年収検索を活用する

イククルには、他のアプリにはない「年収検索」機能があるので高収入なママを探すことができます。
効率の良いママ活をするためにも、年収を検索して太ママになりそうな相手を探してみましょう。

年収を登録していないママもいますが、是非活用してみてください。

\ 無料登録だけで800円分のポイントがもらえる /

>>イククルを実際に使っている人のリアルな口コミ・評判を見る

【例文あり】ママから条件を聞かれた場合の例文

ママから条件を聞かれた場合の例文を紹介します。

ママ側の意思を尊重することが大切ですが、あなたの希望もさりげなく伝えるとお互いに納得した条件でママ活を進められるでしょう。
ママから条件を聞かれた場合にはママなりの意図があるので、ママの質問の意図を把握して返事をすることでお互いの勘違いを回避することができます。

「条件はある?」と聞かれた場合

ママから条件を聞かれた場合はあなたのお手当の希望金額を聞かれているので素直に伝えてみましょう。
ただし条件を聞いてくるママはママ活経験者で、ある程度の相場は把握しています。

あまりにも強気な条件は引かれてしまいますので謙虚に返信する方が好印象です。

「学費を稼ぎたいので、月に3万円くらい助けていただけると嬉しいです。」
「勉強が忙しくバイトに入れないので、お手当は交通費を含めて顔合わせで5千円、お食事デートなら8千円くらいが理想ですがいかがでしょうか?」

上記のようにママ活をしている印象の良い理由を一言添えて、具体的な金額を出して条件交渉すれば大丈夫です。

「どんなママを探しているの?」と聞かれた場合

どんなママを探しているのかママに聞かれた場合は、ママ活でどんなママと出会いたいのかを聞かれています。

自分の理想を語るよりも、ママ活していそうな大人の女性をイメージして下記のように答えるのがマナーです。

「包容力のある女性を探しています」
「社会人からお話を聞いてみたいので、自立した女性と出会いたいです」
「普段で会わないような大人の女性と出会って、視野を広げたいと思っています」

上記のように一般的な大人の女性なら誰にでも当てはまりそうなイメージを伝えれば間違いありません。

【例文あり】条件が合わなかった場合の断り方

ママ活で条件が合わなかった場合の断り方の例文を紹介します。

デート場所やお手当の金額など、明らかにあなたにとって都合が悪い条件を提示されたら、無理に引き受けずにお断りしましょう。
あやふやな断り方は結局どっちなのかわからないため、ママにとってもあなたにとっても良くないです。
言いづらいと思ってしまう男性もいると思いますが、あくまでビジネスだと思ってはっきりと断りましょう。

条件が合わなかった場合の断り方【例文】

条件が合わなかった場合

完全にお断りする場合には、条件が合わないことをきちんと伝えると後を引かないので良いでしょう。
たとえば、次のような言い方がおすすめです。

「申し訳ないのですが、今回は条件が合わないのでお断りさせていただきます」
「条件が合わず残念ですが、またご縁があればよろしくお願いします。」

条件が合わないからといって乱暴な言い方をするよりも、丁寧な表現を心がけ「ありがとうございます。」と感謝の言葉を添えると良いでしょう。

誰にでも気遣いができる男性は自然とママから好意を持たれ、あなたの丁寧なお断りのメッセージで気持ちが動かされて、条件を受け入れてくれる可能性もあります。

セックスの断り方

セックスを条件として提示された場合には、最初から信用するのは危険です。
ママ活詐欺かもしれないですし、ママが既婚者なら旦那さんから慰謝料請求されるようなトラブルを回避するために断るのが無難です。

理由もなしに断ってしまうと、失礼になるので下記のようにあなたの意思をしっかりと伝えましょう。
「ママ活で身体の関係はもたないと決めています」
「残念ですが、トラブルを避けるためにセックスなしでお願いしたいです。」

もし独身ママでキープしておきたい場合には下記のように返事をすることもできます。
「まだ慣れていないので、信頼関係ができるまでは待ってほしいです」
「仲良くなってから考えたいです」
可能性を残しつつデートにつなげると、ママを見極める時間ができるので継続するかは後から検討してみるのも良いと思います。

ママ活の条件に関する注意点

ママ活の条件に関する注意点を解説します。

ママ活は、ママを楽しませて対価をもらう活動だということを忘れないようにしてください。
あなたが希望する条件を押し付けてしまうとママからの信頼を損なってしまいます。

仕事で言えば、接客業をイメージするとわかりやすいです。具体的に見ていきましょう。

ママを満足させることを優先にする

ママ活の条件では、ママを満足させることを優先に考えましょう。

「稼ぎたいからママとコスパの良いデートをしたい」「ママとセックスをしたいからすぐにホテルに行きたい」というようなあなたの気持ちを優先させるのではなく、ママが望むことを第一に考えてデートプランを考えるべきです。

ママ活の条件は、ママがお金を支払うのでママにメリットがあるように設定しなければ意味がありません。
たとえば、あなたが人ごみが苦手でもママがディズニーランドに行きたいと言えば最高のプランを実践し、女性のショッピングが退屈でもママとのお買い物は楽しそうにお付き合いしましょう。

お金に執着しすぎない

ママ活の条件交渉をするときにはお金に執着しすぎないようにしましょう。

たくさん稼ぎたいからと言って、高額なお手当を交渉したり次々とプレゼントを要求するとママが離れていってしまいます。
あなたも彼女から高額なプレゼントばかり要求されたら、不信感を抱くのと同じです。

お金に執着せず、あなたの価値をママが買っているんだという気持ちを持ってママの満足度のバランスを見ながらお手当やプレゼントの交渉をすると良いでしょう。

関係性をはっきりさせる

ママ活の条件では、ママとの関係性をはっきりとさせることが大切です。
実際に本当の恋人のように嫉妬されたり、最悪の場合にはストーカーに発展したりすることもあります。

あなたはママ活で仕事としてママを満足させている
ママは気分転換のためにあなたの時間を買っている

決してあなたとママは恋人関係ではないということをお互いが認識することが大切です。

ママが条件についての話を切り出してこない場合は?

ママが条件について話を切り出してこない場合には、あなたから切り出しましょう。

どちらかが切り出さないと、ずっと平行線をたどることになってしまいます。
あなたから条件を切り出す時は、まずママのママ活している理由を先に聞いてから、その目的に合った相場で条件を交渉するとスムーズです。

「なぜママ活をされているんですか?助けていただけるのであれば、全力で癒せるようにがんばります」
「ママ活でどんなデートを希望していますか?一生懸命できることはさせていただきます」

上記のようにママの希望を先に聞き、あなたの熱意を伝えることで誠実感を出すことができて好印象なメッセージになります。

ママ活の条件まとめ

ママ活で条件交渉をする時には信頼関係を築きながら、ママに納得してもらえるような理由で交渉し、長い目で見て良い関係性を作ることが大切です。

ママ活の条件交渉の良いタイミングは、第一印象が決まる最初のメッセージの時と、ママとの信頼関係ができてきた時です。
最初のメッセージの時には低い金額からお手当を交渉してお金目的でないことアピールすると後々有利です。

ギブアンドテイクの気持ちで先にママの満足度を高めて信頼されるようになってから、ベストタイミングを見極めて徐々に条件交渉すると良いでしょう。
ただし、ママから無理な条件を提示された場合には肉体的にも精神的にも疲れるだけなので丁重にお断りしても大丈夫です。
本記事を参考にママ活でしっかりとママとの関係性を深め、上手に条件交渉をしてママ活を楽しみましょう。

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる

おすすめアプリBEST3おすすめポイント
【一番おすすめ!】

おすすめパパ活アプリ・サイト「ワクワクメール」
ワクワクメール

【低コストで会える】
・1日1回無料で書き込める
・アダルト掲示板で年上女性と会える
・無料ポイントが多い

\今だけポイント1,700円分もらえる/
無料登録はこちら

Jメール

【老舗で安心できる】
・大学生〜20代後半の男子が人気!
・欲求不満な女性が多い
\今だけポイント1,000円分もらえる/
無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「イククル」
イククル

【年齢層が幅広く出会いやすい】
・アクティブな会員が多い
・安心の24時間365日サポート
\今だけポイント800円分もらえる/
無料登録はこちら

コメント

コメントする

目次