Jメールでママ活のやり方!成功させるコツや口コミからわかる向いてる理由を解説

Jメールでママ活のやり方!成功させるコツや口コミからわかる向いてる理由を解説

※本記事では、アフィリエイト広告を掲載しています。

「Jメールならママ活でお金を稼げる?」
「ママを探すやり方や、実際の口コミを知りたい」

Jメールは女性会員も多く知名度が高いので、このようにママ活が可能か気になっている男性が多数。

今回の記事では、利用ユーザーの評判も踏まえながらJメールでママ活するやり方を徹底解説していきます。

また、Jメールで成功させるためのコツや危険な目に遭わないための注意点もご紹介。「ママ活してみたい…でも危ないことに巻き込まれるのが怖い」このように、安全にお金を稼ぎたい男性はぜひ最後までご覧ください。

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる

おすすめアプリBEST3おすすめポイント
【一番おすすめ!】

おすすめパパ活アプリ・サイト「ワクワクメール」
ワクワクメール

【低コストで会える】
・1日1回無料で書き込める
・アダルト掲示板で年上女性と会える
・無料ポイントが多い

\今だけポイント1,700円分もらえる/
無料登録はこちら

Jメール

【老舗で安心できる】
・大学生〜20代後半の男子が人気!
・欲求不満な女性が多い
\今だけポイント1,000円分もらえる/
無料登録はこちら
おすすめパパ活アプリ・サイト「イククル」
イククル

【年齢層が幅広く出会いやすい】
・アクティブな会員が多い
・安心の24時間365日サポート
\今だけポイント800円分もらえる/
無料登録はこちら
目次

出会い系サイト「Jメール」の特徴

「ママ活したいけど、出会い系サイトの違いが分からない」
「実際に出会う前に、Jメールがどんなサイトなのか知っておきたい」

Jメールは知名度が高いため、名前くらいは聞いたことがある男性も多いでしょう。ここからは、Jメールの特徴をいくつかご紹介。

出会い系サイトはそれぞれに特徴があるので、事前にJメールの特徴をおさえておけば利用を後悔することはありません。ぜひチェックしてください。

特徴1.会員の年齢層が幅広い

Jメールは広告宣伝を盛んに行っている老舗出会い系アプリなので、幅広い年齢層の会員を確保しています。10~20代の若い世代はもちろん、若い頃にJメールを使っていた方が年齢を重ねて再度出会いを求めていることも多いです。

ちなみにJメールの女性会員の年齢層分布は、下記のようになっています。

年齢層割合
10~21歳12%
22~29歳29%
30代34%
40代18%
50代7%

例えば年齢層が若めの出会い系アプリだと、ママ活をしてくれる女性を見つけるのは困難です。また年齢層が高かったとしても、年齢の若いママ活男子は場違い感が出て相手にされない可能性もあります。

ですがJメールは年齢層に偏りがないので、年下の可愛い女の子が好きだったり年上のお姉さんと出会いたかったりしてもオールマイティに利用することができるのでおすすめです。

特徴2.ヤリモク・遊び目的の利用者が多い

Jメールは、恋活や婚活など真剣な出会いを探しているユーザーがほとんどいません。『Jメール=遊び』といったイメージが強いため、ユーザーのほとんどは軽く遊べる相手を探しています。

実際にJメールには、プロフィールや掲示板でセフレや飲み相手を探しているユーザーが多数。

「セフレが欲しいです。ヤリモクでもいいって方はぜひ」「出張で来ているので、ワンナイト楽しめる方~」など、かなりオープンな募集も目立ちます。そのためJメールで真剣な出会いを探しても、多くのユーザーとは目的が合いません。

Jメールは軽い出会いを求める方が多いので、ヤリモクや遊び目的の利用だと目的がマッチしやすいです。

特徴3.掲示板機能が充実

公式Jメールの掲示板は、目的別に相手を探せる募集機能。「食事に行ける相手が欲しい」「今から遊びたい」など、事前に目的を設定したうえで相手を探すことができます。

Jメールは遊び目的のユーザーが多いですが、都合の合う日程やメッセージの頻度までは中々希望が一致しません。例えばじっくりメッセージを交わしてから平日の夜に会いたい女性と、マメにメッセージをするのが面倒で土日にサクっと会いたい男性であれば、アポを取るのは難しくなります。

しかし掲示板を使えば、メッセージを交わす前に相手の大まかな希望を知ったり伝えたりすることが可能。「ある程度メッセージでやり取りしたい」「会うなら土日の夜がいい」などの条件を事前に把握しておけば、目的の合わないユーザーと無駄なメッセージを交わす必要もありません。

Jメールは掲示板に自由にコメントを追記できるので、目的の合うユーザーを探すことに特化しています。

特徴4.援助交際・売春・買春等の勧誘行為は禁止

Jメールは遊び目的の利用者が多いですが、利用規約では下記のように援助交際や売春・買春などお金と引き換えに行う性行為を禁止しています。

Jメール利用規約第14条(禁止事項)

(1)援助交際・売春・買春などの勧誘行為

そもそも日本では売春防止法が定められているので、援助交際や売春・買春は犯罪行為に該当するのです。Jメールの運営がお金の絡む性行為を禁止するのも、無理はありません。

ちなみにJメール内で援助交際や売春・買春を連想させる書き込みがあると、すぐに規制が入ります。関連キーワードは削除されて警告がくることはもちろん、悪質な場合はJメールを強制退会になって2度と利用できなくなることも。

ママと大人の関係になってお金を貰う場合は、サイト内で直接的な表現をするのは危険性が高くNGです。「エッチしてお金くれる人いませんか?」ではなく、「大人の女性とWin-Winなお付き合いをしたいです」などオブラートに包んだ表現で交渉をしましょう。

Jメールがママ活に向いてる理由

「実際にJメールでママ活してる人もいるらしいけど、本当に上手くいく?」
「他の出会い系サイトと比べて何がママ活に優れてるの?」

ママ活で稼いでいる男性は少数派ですし、Jメールでママと出会うことが現実的に思えなくて無理はありません。複数ある出会い系サイトの中で、Jメールのどんな点がママ活に向くのか分からない方もいるでしょう。

ここからは、Jメールがなぜママ活におすすめなのかその理由を詳しくご紹介。ママを探すアプリに迷っている方や、これからJメールでママ活したいと考えている方はぜひチェックしてください。

理由1.30代~40代のママ候補世代の女性会員が多い

ママ活をする女性はある程度経済力があるので、年齢も高めな傾向があります。Jメールは他の出会い系アプリと比較しても30~40代女性が多く、必然的にお金持ちのママ候補の女性が多い環境なのです。50代以上の女性も一定多数いるため、Jメールはママを探すのにうってつけといえます。

例えば10~20代の若い女性しかいない出会い系アプリだと、ママ活をするのはかなり困難。若い女性は経済力にも期待できず、ママ活を持ちかけても相手にされません。むしろ女性側からパパ活を提案されてしまう危険すらあり得ます。

Jメールの女性会員は年齢層が高いので、ママ候補が見つかりやすくおすすめ。他サイトで若い女性しか見つからず、ママ活できなかった男性はぜひ1度Jメールで大人女性を狙ってみましょう。

理由2.掲示板で食事デート相手の募集が盛ん

Jメールは女性側も積極的に出会いを求めており、掲示板には食事相手を求める女性の投稿が多数あります。食事デートを希望する大人女性はママ候補である可能性も高いため、男性はスムーズかつ有利にママ活を進められるのでおすすめです。

ちなみに冷やかしや暇つぶし目的の女性が多い出会い系アプリの場合、女性自ら男性を募集することはありません。男性は会う気があるのか分からない女性にアプローチしなければ話が進まないので、時間やお金を無駄に消費してしまいます。

Jメールの『誘い飯掲示板』には男性と食事に行きたい女性の投稿が多いので、食事デートでママ活をしたい男性にはうってつけの環境です。他サイトを利用したものの女性とアポを取れなかったり、メッセージすら返ってこなくて苦労した経験があったりする男性は、1度Jメールを利用してみる価値があります。

理由3.遊び・体の関係を求めている人が多い

Jメールの利用者は、恋活や婚活など真面目な出会いを求める方がほとんどいません。「恋人はいらないけど男の子と遊びたい」「年下のセフレが欲しい」など女性側も遊びや体の関係を求めています。

特に経済力のある大人女性は仕事が忙しい傾向があるので、お金で割り切って好みの男性と遊びたいと考えることも。男性が年上女性に抵抗がなく、お金のためにセックスができるのであればママ活が成功する確率も大幅アップ。

真剣な出会いを求める女性に対してママ活を提案しても失敗しますが、Jメールの女性は遊び目的がほとんどのため、かなりママ候補と出会いやすくなります。Jメールはママ活向きの出会い系アプリだと考えられ、ママ活男子におすすめです。

Jメールでママ活で会うまでやり方を解説

「Jメールでママと出会うまでの手順が知りたい」
「サイトの使い方はよく分からないから、最短でママ活する方法を教えてほしい」

実際にJメールに登録しても、ママ活のやり方が分からなければ効率も悪くもどかしい思いをしますよね。

ここからは、実際にJメールを利用してママからお金を貰うまでのやり方を解説。効率よく確実にママと出会いたい方は、必ずチェックしてください。

1.公式サイトからJメールに登録

まずはJメールの公式サイトにアクセスし、新規登録を行いましょう。登録自体は男性も無料で、ポイントを購入しない限りは料金も発生しないので気軽な気持ちで行うのがおすすめです。

具体的な手順は、下記の通りです。

STEP
Jメール公式サイトを開き、『男性登録100ptプレゼント』をタップ
STEP
登録情報入力

・ニックネーム
・都道府県
・年齢
・メールアドレス
・パスワード(ご自身で設定)

上記内容を入力し、利用規約を確認後『規約に同意して送信』をタップしてください。

STEP
電話番号の認証

『SMSメール送信』をタップし、電話番号の表示を確認して『OK』を選択します。入力した電話番号宛に4桁の番号が届くので、入力して『登録』をタップします。

STEP
会員IDが表示されるので、『さっそくはじめる』をタップ

Jメールのマイページにログインができるようになります。

2.プロフィールを設定

Jメールの新規登録が完了したら、ご自身のプロフィールを作成しましょう。プロフィールを全く作っていない状態で女性へメッセージを送っても、興味を持って貰えず返信はきません。ママ活を始めるスタートラインにすら立てずに終わってしまいます。

Jメールのプロフィールは、マイページの『マイプロフ』から編集可能です。

後で詳しくご紹介しますが、プロフィールの印象の良し悪しでママ候補の女性と出会える確率は大きく変わります。多少の手間はかりますが、必ず女性を探す前にプロフィール作成をしてくのがおすすめです。

3.掲示板や検索を使ってママ候補を探す

プロフィール作成まで済ませたら、いよいよママ候補の女性を探す段階に移行します。Jメールの掲示板やプロフィール検索機能を使い、女性を探していきましょう。

掲示板でママ候補の女性を探す方法

STEP
Jメールのマイページより、『ピュア』『アダルト』『誘い飯』いずれかの掲示板を選択。

アダルトは業者が多く危険なので、掲示板は『ピュア』か「誘い飯」がおすすめです

STEP

『絞り込み』を選択し、投稿をしている女性の都道府県や職業を指定して『検索する』をタップ
STEP
当する女性たちの投稿が表示されるので、メッセージを送ってアプローチしましょう。

もちろんメッセージを送る際は、女性のプロフィールによく目を通したうえで丁寧な敬語を心掛けてください。

プロフィール検索でママ候補の女性を探す方法

STEP
Jメールのマイページより、『プロフィール検索』をタップ
STEP
『カンタン検索』もしくは『詳しく検索』をタップし、女性に希望する条件を入力して『検索する』を選択
STEP
条件に合致する女性が表示されるので、気になる女性にメッセージを送りましょう。

4.メッセージのやり取りをしてデートへ

掲示板やプロフィール検索で女性とコンタクトが取れたら、メッセージのやり取りを重ねてアポを取り付けましょう。

ただし確実にデートをするには、メッセージの送り方や内容の工夫が必要です。いくら遊び目的やママ候補の女性が多いJメールでも、いきなり「今日会えますか?」と急いで交渉したり「エッチでお金ください!」と直球すぎるメッセージを送ってはいけません。

女性は警戒心が強いので、自己紹介や世間話に十分な時間をかけてやり取りしてください。もちろんトラブルを防ぐためにも、会う前にはママ活目的であることをやんわり伝えておきましょう。

約束の日時になったら、遅刻のないようにデートに向かってください。デート中は女性を楽しませることに集中し、お手当を貰う時は必ず感謝の気持ちを示しましょう。

Jメールでママ活した男性の口コミ・評判

いくら公式サイトの情報が魅力的でも、「運営が都合よく言ってるだけじゃない?」「リアルな評判が知りたい」と思う男性は多いはず。特に出会い系サイトへの警戒が強い方だと、実際の口コミが分からなければ利用に抵抗を持って当然です。

ここでは、Jメールで実際にママ活をした男性たちのリアルな口コミ・評判をご紹介していきます。良い口コミと悪い口コミそれぞれカバーしていくので、Jメールの利用を悩んでいる方はご覧ください。

Jメールでママ活した男性の口コミ・評判

良い口コミ・評判

Jメールは出会い系アプリとしての評判がよく、ママ活もしやすいです。実際にJメールを利用している男性からは、下記のように良い口コミ評判が多く挙がっています。

Jメールの良い口コミ・評判
  • 冷やかし目的の女性が少なく、しっかり出会いに繋がる
  • 大人の女性が多いので、ママ活交渉しやすい
  • プロフィール検索で希望の女性を見つけられる

Jメールの女性会員は年齢層が高めで、30代以上の大人女性が多数。経済的にも自立している女性が多く、夢を追いかけるママ活男子が偏見を持たれることは少ないです。しっかりと交渉をすれば、デートしたお礼にお金を受け取ることは十分可能になります。実際のママ活男子からは、「他の出会い系アプリでは相手にされなかったけど、Jメール女性はママ活に対しての反応がいい」と嬉しい声も。

プロフィール検索を利用すればママ活に興味のない若い女性を省くこともできますし、ママ活でお金を得たい男性はJメールを使って損はないでしょう。

悪い口コミ・評判

ママ活のしやすさに評判のあるJメールですが、中には悪い口コミもあります。良い口コミだけを信じてしまうと、Jメールが自分には合わなかったと後悔することもあるでしょう。

実際にJメールを利用した男性からは、このような悪い口コミが挙げられています。

Jメールの悪い口コミ・評判
  • 他の出会い系アプリよりもコスパが悪い
  • パパ活女子が一定多数いる

多くの出会い系アプリはポイント課金制で、機能を利用するごとに購入したポイントを消費していくシステム。ちなみにJメールの場合、女性にメッセージを送る際に7P(70円)を消費します。ですが同じ出会い系アプリのハッピーメールやワクワクメールは、女性にメッセージを送る時に消費する料金が5P(50円)です。同じ機能にも関わらず、Jメールは他の出会い系アプリよりもコスパが劣ります。

また若い女性だとパパ活目的の登録者が多いので、ママ活したい男性からは「Jメールの女性と目的がまるで合わなかった」などの悪い口コミも。

Jメールでママ活をする際は、若い女性ではなく大人の女性に狙いを定めるなどの工夫をしましょう。

Jメールでママ活を成功させる具体的なコツを紹介

Jメールに登録したけど、中々ママ候補の女性と出会えない」
「いつも女性からメッセージが来なくなって、フェードアウトしてしまう…」

ママ活しやすいJメールですが、デートしてお金を貰うまでいかずに悩んでいる男性も多いのではないでしょうか。ですがJメールは優良サイトなので、コツさえ掴めばママと出会える可能性が大幅にアップします。

ここからは、Jメールでママ活を成功させるコツを徹底解説。「ママと出会えない」といった悩みを卒業し、ママ活でしっかりお金を稼いでいきましょう。

コツ1.誘い飯掲示板でママ候補を探す

Jメールの誘い飯掲示板には、食事相手を探す女性の投稿が多数あります。食事デートで出会うことが前提になるので、ママ活に繋げやすいメリットがあるのです。

Jメールは会員数が多い分、食事デートではなく暇つぶしや最初から大人の関係になることを望んでいる女性も多数。利用目的の幅が広いので、食事目的の女性をプロフィール検索から探し出すのは簡単ではありません。ですが誘い飯掲示板を利用すれば、最初から食事目的の女性を絞りこめるのでかなりママ活の効率がアップします。

ただし食事掲示板にいる若い女性の場合、ママ活ではなくパパ活を目的にしていることも。ママ候補の女性を探すためには、女性の年齢を高めに設定しましょう。誘い飯掲示板から『絞り込み』をタップし、女性の年齢を高めに設定して検索をかければ、大人女性の投稿だけを表示させることが可能です。

コツ2.検索機能でママ候補を絞り込む

ママ活をしてくれる女性は、比較的お姉さん世代でお金を稼いでいる方です。プロフィール検索は条件を指定して女性を探せるので、ママ候補になりえる女性を検索すればママ活成功に大きく近づきます。また近くに住む女性を探すことで、即日でママ活が叶うことも多いです。

Jメールのマイページより、『プロフィール検索』をタップして女性の条件を入力しましょう。

おすすめ設定
  • 女性の年齢を30代以上にする
  • 自分の住む地域を選択
  • 職業は『役員・事業経営』や『自営業』『公務員』『夜職』などを選ぶ

ママ候補の女性を絞るためには、上記の検索条件がおすすめです。

ただしプロフィールの段階で、男性に高額なお手当を約束しているような女性は注意しましょう。

美人局(つつもたせ)で男性からお金を騙し取ろうとしたり、「最初の1回だけ保証料を払ってほしい」などと言われて音信不通になったりなど悪質な業者である可能性があります。素人のママは、最初からプロフィールでお手当を提示するようなことはありません。

コツ3.プロフィールをしっかり作り込む

プロフィールが初期設定のままだったり、適当なことしか書いていなかったりすると、女性には全くあなたの魅力が伝わりません。女性は多数の男性からメッセージを貰っているため、プロフィールで魅力を感じない男性にはわざわざ返信をしないことが多いです。

いくら女性にメッセージを送ってアプローチしても、返信を貰えない限りはアポも取れずママ活にも繋がりません。ママ活したいなら、必ずプロフィールを作りこみましょう。

プロフィール作成のポイント
  • プロフィール画像を必ず設定
  • 職業やルックスなど、選択項目は全て埋める
  • ニックネームは呼びやすいものに設定
  • 自己紹介文を適度な長さで記載

プロフィール作成は、上記のポイントを抑えてママからの印象アップを狙ってください。特にJメールでは、プロフィール画像で与える印象がかなり大きいです。

初期設定のままだと無機質でなんとなく気色悪い印象を与えてしまうので、女性に安心感を与えるためにも必ずご自身の写真を設定しましょう。どうしても身バレが心配な方は、横顔で雰囲気の分かる写真を使うなどの対応をしてください。

コツ4.日記投稿機能で自己アピール

Jメールの日記投稿機能は、サイト内で自由に日記を書いたり読んだりすることが可能。

コメント機能を経由して女性とコミュニケーションをとることもできるため、効率よく多くの女性と接触を図ることができます。男性側の利用料金も無料なので、コスパを抑えてママを探したい男性にもピッタリです。

例えば日記を投稿する場合は、下記のような文章がおすすめ。

おすすめの日記投稿(例文)
  • 「〇〇にあるカフェに行ってきました。絶品です!でも1人で行くのは寂しいので、次はご一緒できる女性がいたらな~」
  • 「最近〇〇に行くことにハマってます。周りに趣味の合う人がいないので、こちらで同じ趣味の女性と会えたら嬉しすぎるな」

このように、ただ単に自分のでき事を書くのではなく女性とのデートに繋がりやすい日記を投稿しましょう。興味を持ってくれた女性がいれば、コメントで交流することができます。

もちろん女性側も日記を投稿しているので、ポイントに余裕がない時は積極的にコメントを残していきましょう。コメントである程度会話をすることで、メッセージにかかるポイントを節約することが可能です。

コツ5.「夢を語る」「ママを褒める」など会話に気を遣う

Jメールで女性とメッセージを交わしていても、途中でフェードアウトされたりブロックされたりしてしまう男性は意外と多くいます。女性は複数の男性と同時進行でメッセージをしているので、返信しづらかったり失礼だと感じたりするメッセージには返信をしなくなるためです。

また経済力のあるママは、「どうせお金を払うなら応援しがいのある男の子がいい」「こちらが気分よくなれることが第一前提」などと考えています。

「将来〇〇の会社を立ち上げるのが夢です!資金集めと人脈作りを頑張っているので、応援してくれる女性がいたら泣いて喜びます」
「〇〇さんの雰囲気がタイプだったので、メッセージ送ってしまいました。〇〇が趣味ってサラっと言えるのも素敵だしすごいです」

上記のようにママ活をする理由(夢)を語ったりママを褒めたりすることで、女性に「応援したい」「デートしたら楽しそう」と思わせることが可能。

いくらあなたがイケメンで若かったとしても、ママ活のメッセージでは謙虚な姿勢を崩さないのがおすすめです。最初からお金の話はせず、あなたの魅力を伝えたあとで具体的な交渉をしていきましょう。

Jメールでママ活する際の注意点

Jメールは軽い出会いを求める大人女性が多いのでママ活に向きますが、やり方を間違えると1円のお金も稼ぐことはできません。ちょっとしたことが原因で、お金持ちのママを逃したり金銭的な被害に遭ってしまったりすることもあります。

ここからは、Jメールでママ活をする際に気を付けるべき注意点をいくつかご紹介。

事前に注意点を把握しておけば、ママ活で損をすることはありません。お金を稼ぐことも重要ですが、まずは安全性を確保したうえでママ活をスタートさせましょう。

注意点1.常に相手が業者でないか疑ってかかる

Jメールを始めとする多くの出会い系サイトには、違法風俗斡旋やネズミ講勧誘などを目的とした悪質な業者が存在します。相手が業者だった場合、ママ活でお金を稼ぐどころかお金を騙し取られたり個人情報を悪用されたりする可能性があるので注意が必要です。

ご自身が時間やお金を無駄にしないためには、業者の特徴をよく把握して見分けることが重要。

業者の特徴
  • プロフィール画像がやたらと美人
  • やたらと長文のメッセージを送ってくる
  • 性的なメッセージが多い
  • 会話が嚙み合わないことがある
  • 「最初だけ2万円ください」など、金銭を要求してくる
  • お金持ちアピールが露骨
  • ビジネスや副業を勧めてくる

上記のような特徴に多く当てはまる相手は、業者である可能性大。関わってもママ活でお金を稼げることはないので、メッセージを無視して相手をブロックしましょう。

ママ活目的でJメールを利用する場合、常に相手が業者ではないかどうかを疑う心が必要です。

注意点2.お手当条件の話を焦らない

経済力があるママ活希望の女性から見ても、お金にガツガツしている男性は余裕がなく自己中心的な印象を与えてしまいます。

メッセージの序盤なのにも関わらずお手当の話をしてしまうと、女性からのい印象は最悪。メッセージの返信すら返ってこず、出会いに繋げることはできないので注意してください。

お手当の交渉をするのは、メッセージを十分に交わしてからがおすすめ。少なくても、5~6通は自己紹介や世間話に時間をかけてください。

女性自身にも興味がある姿勢を伝えることで、ママ活のアポも取りやすくなります。またお手当条件は、自分の希望を伝えるだけでなくママの希望にも耳を傾けることを意識してください。

注意点3.美人局(つつもたせ)に遭う可能性がある

美人局(つつもたせ)とは
  • 男女が結託して行う恐喝行為
  • 女性が男性のターゲットと肉体関係持ち、後から男性が現れて肉体関係をネタにお金を脅し取る

Jメールには、ママを装って美人局を企む女性が存在します。美人局に引っかかると、1度だけでなく長期的にお金を脅し取られる可能性があるので要注意です。ママ活で稼ごうとしていたにも関わらず、大金を失ってしまうようなトラブルに遭っては元も子もありません。

美人局の特徴
  • 待ち合わせ場所や時間にこだわりが強く、融通が利かない
  • 高額なお手当で男性を釣ろうとしてくる
  • すぐに肉体関係を持とうとする
  • 入るホテルを事前に決めてある

例えば上記に特徴に多く当てはまる女性は美人局を企んでいる可能性が高いので、会う約束をしてはいけません。被害に遭う前に相手をブロックし、関わりを絶ちましょう。

注意点4.既婚者とのママ活は危険

例え肉体関係がなくても、既婚ママとのデートは相手の旦那さんに良く思われません。

もしも関係性がバレれば、取返しの付かないトラブルに発展する可能性もあります。さらに既婚ママと肉体関係を持っていた場合は、不倫の慰謝料を請求されることも。慰謝料相場は50~300万円程なので、大きな金銭的ダメージに繋がってしまうのです。

安心安全にママ活をしたいなら、できるだけ独身のママを相手に選びましょう。どうしても既婚者の女性とママ活する場合は、肉体関係を持たずに食事や買い物など健全なデートのみに留めておくのがおすすめです。

既婚者ママとの肉体関係は、どれだけ気を付けていても相手の旦那さんにバレない保証はありません。トラブルを防ぐためにも、相手の婚姻ステータスは事前にしっかり確認しておきましょう。

注意点5.待ってるだけでは出会えない

Jメールはママ活が成功しやすいですが、女性の割合は少なめなので積極的なアプローチは必須です。男性が飽和しているので、ただJメールに登録して待っているだけでは女性から1通のメッセージすら貰えることはありません。

「出会える」といった口コミは、「待っているだけでも出会える」といった意味とは違うため誤解しないようにしてください。

Jメールでママ活を始める時は、ご自身のプロフィールをしっかり作成したり掲示板で女性との出会いを求めたりなどそれなりのアクションが必要です。お金を稼ぎたい男性は、待ちの姿勢を卒業して積極的に出会いを求めていきましょう。

Jメールはママ候補の利用者も多くママ活におすすめ

Jメールはサイトの特徴的にもママ活がしやすく、コツさえ掴めば高確率でママと出会うことができるのでおすすめです。

アクティブユーザーが多く掲示板も賑わっているので、積極的にメッセージを送ってアポを取りましょう。事前にプロフィールをしっかり作り込み、誠実さが伝わるメッセージを送ればママからの反応も良いです。

ただしお金が欲しい焦りが先行するあまり、急いで女性とアポを取るのはかなり危険。相手がママではなく業者の可能性もあれば、「ガツガツしていて苦手」と距離を置かれてしまうこともあります。

Jメールのママ活は、今回ご紹介した順序をしっかり踏んで安全かつ効率よく行いましょう。

コメント

コメントする

目次