愛人契約のお手当相場!相場の基準や交渉術をパパ活女子が徹底解説

愛人契約のお手当相場!相場の基準や交渉術をパパ活女子が徹底解説

※本記事では、アフィリエイト広告を掲載しています。

愛人契約の相場まとめ

愛人契約は、
年齢や容姿によって相場が変わる

容姿レベル金額
ブス5~20万円
普通10万~40万円
美人15万~100万円
愛人契約のお手当相場

>>年齢・容姿別の相場を詳しく見る

気軽な関係で安く愛人契約を結ぶなら
プチ愛人」がおすすめ

愛人探しには「ラブアン」「ペイターズ」が
男女人気TOPクラス!

※リンクをクリックして内容を詳しく確認する

「お金持ちの愛人になりたい」
「美人で若い子を愛人にしたいな」

愛人契約とは、月あたりの報酬を提示されてその金額で関係を持つこと。

20代 女性OL

お金が発生する疑似恋愛ですね!

愛人契約に興味がある男女も多いと思いますが、実際の相場や契約内容がイマイチわからない方も多いでしょう。

そこで今記事では、愛人契約の相場について徹底調査した結果を解説いたします。

また、自分の好みの女性が見つかる愛人探し向けアプリや交渉のコツも解説していますので、愛人契約に興味がある方は、ぜひ最後までご覧ください。

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる /

スクロールできます
愛人向けアプリ契約相場特徴

Love&
(ラブアン)
10〜30万/月
【男性からの支持率No.1】
・今一番勢いがあるパパ活サイト!
・動画でパパ活女子が見れる
・近くにいる相手と即マッチ可能
・オンライン顔合わせでトラブル回避

\今なら3日間600円でお試しできる/
無料登録はこちら

paters
(ペイターズ)
15〜35万/月
【会員数No.1のパパ活アプリ】
・会員数190万人でパパと出会いやすい
・メッセージなしで即顔合わせ可能
・スクショ禁止でセキュリティが◎
身バレ防止機能を多数搭載
\安全にパパ活したい人向け/
無料登録はこちら

ユニバース
18〜45万/月
【愛人専門の交際クラブ】
・パパ活より質の良い出会いがある
・女性も面談するから良い子が多い
会う前からプロフィールが見れる
\40代以上の男性におすすめ/

無料登録はこちら
2〜3個併用すると出会える確率UP!

男性限定!
入会金50%バックキャンペーン実施中 /

ユニバース大人の交際バナー
目次

愛人契約とは(契約の種類など)

愛人と聞くと数年に渡って肉体関係を持ち続けることを想像する方も多いと思いますが、そうではないケースもあります。

では肉体関係を持たない愛人契約はパパ活とは違うのか?など、定義を含めわかりづらいところがあるでしょう。

そこで愛人契約のお手当相場をご紹介する前に、お手当の金額にも大きく関係してくる愛人契約の種類と契約内容について以下で詳しく解説していきます。

愛人契約とは(契約の種類など)

男性限定!
入会金50%バックキャンペーン実施中 /

ユニバース大人の交際バナー

経済力のある男性が女性を援助する

愛人契約の基本は、経済力のある男性が女性に金銭的な援助をするスタイルです。

肉体関係を持つことがほとんどで、男性がセックスの対価として女性にお金を渡すというケースが大多数を占めます

後ほどご紹介しますが、愛人契約のお手当相場はかなり高額で1対1のお付き合いが基本の形。

男性が複数人の愛人を囲ったり、女性が愛人男性を掛け持ちすることはあまりなく、男性が一人の愛人に対して多額のお手当を渡すことが多い傾向にあります。

だからこそ、愛人関係のお手当相場は高額になるのです。

プチ愛人というのもある

プチ愛人とは

愛人契約には、基本スタイルの他にプチ愛人もあります。

プチ愛人とは、その名の通り基本の愛人契約よりも軽めな契約を指す言葉です。

愛人契約は長期の付き合いを前提しているのに対して、プチ愛人は短期間の契約。

会う頻度も少な目なので、愛人を作ったことがない方・愛人になったことがない方にとってもハードルが低く、愛人契約デビューしやすい関係の築き方でしょう。

プチ愛人と同じような頻度で男性と会う「パパ活」といった関係の持ち方もありますが、体の関係があるかどうかで両社は差別化されています

プチ愛人をするなら、登録している女性もまだ経験がなく軽い子が集まるワクワクメールがおすすめ。

プチ愛人なら月3〜5万程度で会えるので、コスパ良く可愛い子と遊べますよ。

定期契約と単発契約

愛人契約には、主に定期契約と単発契約があります。

定期契約は、その名の通り男性から愛人へ1カ月分のお手当を毎月支払う契約の形です。

基本的な愛人契約のスタイルがこれに該当し、長期的な関係を前提としています。

一方で単発契約は、男性が1度デートをするたびにお手当を渡すスタイルです。

プチ愛人やパパ活といった会う頻度が少ない愛人契約では、お手当の支払い方として単発契約が採用されることが多くなっています。

肉体関係のない愛人契約もある

肉体関係のない愛人契約は存在しますが、前述の通りその関係性はもはやパパ活と言ってもいいでしょう。

肉体関係がない場合は一般的に愛人関係にあると言わないため、「愛人」というワードは使われません。

ちなみに肉体関係がないパパ活においても、定期契約と単発契約があります。

愛人契約のお手当相場は何で決まる?

この章では愛人契約のお手当を決める基準について詳しく解説していきます。

効率良く稼ぐ方法が知りたい女性や愛人契約初心者の男性・女性は、相場からかけ離れたお手当を渡さない・貰わないためにも必見です。

自身がどれくらいの相場感で愛人契約を結んでいるのか、本格的な愛人関係へ踏み込む前に理解しておきましょう。

愛人契約のお手当相場は何で決まる?

女性の年齢や容姿レベル

年代ブス普通美人
20代10万~20万円30万~40万円50万~100万円
30代10万~15万円20万~30万円30万~80万円
40代5万~10万円15万~20万円20万~25万円
50代5万~6万円10万~15万円15万~20万円
女性の年齢や容姿レベル別の愛人契約の相場

愛人契約のお手当相場は、女性の年齢や容姿レベルによって変動します。

男性は若い女性を好むことが多いため、20代の若い女性ほど良い条件で愛人契約を結んでもらえる傾向が強いです。

また年齢が同じだとしても、ルックスやスタイルが優れており容姿レベルが高い女性はさらにお手当の金額が跳ね上がります。

ただ、「可愛い子と安く愛人契約をしたい」と思う男性も多いですよね。

そこでおすすめなのがペイターズです。

ペイターズは会員数200万人超えの超人気パパ活アプリ。

40代 会社経営者

スレてない女子大生がたくさんいます

20代女性の普通クラスの愛人契約なら月30万~40万円かかりますが、ペイターズでは月12万〜15万が相場。

ペイターズは愛人契約におすすめ。可愛い子とヤれる

しかも可愛いので、愛人契約にちょうど良いです。

無料登録でプロフィールが見れるので、まずはどんな子がいるのかを確認することをおすすめしますよ。

\ 無料登録だけで相手のプロフィールを見る /

地方在住か、都市部在住か

愛人契約のお手当は、男女共に地方在住か都市部在住かによって異なります。

一般的に都市部で行われる愛人契約の方がお手当相場は高めで、地方になるにつれて相場は低くなるのが特徴です。

これは単純に、各地域の男性の平均年収によって相場も変動しているというだけです。

女性の職業(スペック)

愛人契約のお手当相場は、女性の職業によっても左右されます。 例えば下記職業の女性は、男性からも人気が高いです。

男性人気の高い女性の職業
  • 女子大生
  • 看護師
  • CA
  • モデル
  • 女優

上記のような特別な職業に就く女性は、愛人契約をした時のお手当相場も上がるでしょう。

しかし高いお手当が貰えるからと言って、女性が男性に職業を偽るのはオススメしません。 なぜなら突っ込んだ質問をされれば、すぐに職業の嘘はバレてしまうからです。

もし愛人契約に有利な職業についていない場合は、自分磨きをして着実に自分の価値を上げていきましょう。

そうすることで肩書きでは語れない自分だけの魅力でパパを虜にでき、結果的に長期的な愛人契約を取り付けることができるようになります。

デートをする頻度

愛人契約はデートをする頻度によってお手当相場が変動します。

特に定期契約の場合は毎月会う頻度が高ければお手当も高くなり、会う頻度が少なければお手当も少額に。

会う回数と比例して拘束時間も増えるわけですから、当然相場も高額になります。

愛人関係で本格的に稼ぎたい方は、どれだけ愛人男性と会う時間を作るかが月収・お手当を上げるカギになるでしょう。

愛人を迎える男性の経済力

愛人契約で貰えるお手当は、どれくらいの経済力の男性と愛人関係を持つかでも変わってきます。

愛人を作ろうとしている男性は、必ずしもお金持ちであるとは限りません

「好きな時にセックスできる女性が欲しいけど、自分の生活もあるしお金は安く抑えたい…」 このように考えている低収入男性も一定多数います。

愛人契約のお手当を相場以上にするには自分自身に魅力を付けることも大切ですが、実はどんな人と関係を築くかも非常に重要なのです。

愛人契約のお手当相場はいくら?

ここからは、愛人契約のお手当相場をご紹介していきます。

お手当相場は、居住地や女性の容姿レベルで違いが出てくるものです。

「相場より安い料金で愛人契約してしまった!」
「愛人契約が、こんなに高いとは知らなかった…」

このような後悔をしない為にも、しっかりお手当相場の知識を身に着けておきましょう。

愛人契約のお手当相場

男性限定!
入会金50%バックキャンペーン実施中 /

ユニバース大人の交際バナー

定期契約のお手当相場

定期の愛人契約の場合、1カ月のお手当相場は20万~100万円程です。

定期契約は男性の経済力や女性の容姿によって、かなりお手当の金額に差があるのが実情と言えます。

そのため、相場の最大額と言える1カ月100万円というお手当を貰うには、「男性に経済力があること」「愛人側の女性にも高レベルの魅力が備わっていること」が大前提と言えるでしょう。

ちなみに、愛人の定期契約は肉体関係があるのが基本です。 食事やカラオケなどのデートのみでは、定期契約をしてもらうこと自体難しいかもしれません。

プチ愛人(単発契約)のお手当相場

単発のプチ愛人の場合、お手当相場は1回2万~5万円です。

定期契約同様男性の経済力や女性の容姿レベルによってお手当は変動するものの、拘束時間が短く、ある意味使い捨ての意味合いが強い分お手当相場や定期契約よりも少なめ。

またプチ愛人の場合は食事だけのデートも可能ですが、その場合のお手当は相場よりもさらに低くなります。

肉体関係がない場合のお手当相場は、5,000円~2万円程が一般的です。

愛人男性に提供できる価値や快楽が減っていく分、貰えるお手当も比例して少なくなっていきますね。

地方と都市部のお手当相場比較

地方と都市部の愛人契約のお手当相場を比較すると、下記の通りです。

エリア定期契約プチ愛人(肉体関係)
地方10万~50万円1万~3万円
都市部20万~100万円25,000~5万円

定期契約を結んだ愛人関係の場合、都市部ではお手当相場が100万円近くなることも少なくありません。

地方では男性の平均年収が低い為、1カ月で貰えるお手当は多くても50万円程でしょう。

プチ愛人の場合も、地方と都市部ではお手当の相場に約2倍の差があります。

相場以上に愛人契約のお手当を貰う方法

愛人契約でお金を稼ぐ女性であれば、いつかはお手当をアップして欲しいと思うはず。

しかし、ただ単に「お手当をアップして」とお願いしても受け入れてもらえないことがほとんどでしょう。

この章では、そんな言いづらいお手当アップ交渉を成功させ、相場以上のお手当を貰う方法をいくつかご紹介していきます。

男性と一緒に居る時間は全力で楽しませる

まずは、男性と一緒に居る間は相手を楽しませることに全力を尽くしましょう。

あなたと一緒にいる時間に価値を感じてもらうことができれば、相場より多いお手当を見込めます。

女性は愛人契約でお金を貰うことが最終目標ですが、男性側にそれを悟られてはいけません。

男性を楽しませる方法
  • 一緒に居る時間は、時計やスマホを頻繁に見ない
  • 愚痴や自慢話も良く聞いてあげる(自分の話は抑えめにする)
  • 男性を適度に褒める
  • 常に愛想を良く接する
  • 食事や行きたいホテルなど、女性側からの提案もする
  • 男性好みの見た目になる(ヘアスタイル・ファッションなど)

一緒に居る時間を楽しんでもらう為には、上記内容を心がけてみてください。

男性があなたと一緒に居る時間をより楽しいと思えば、相場以上のお手当をくれる可能性が高まります。

愛人男性を複数人作る

愛人契約は1対1が基本ですが、中には複数人の愛人を作っている人もいます。

女性が複数人の愛人を作れば、その分トータルで貰えるお手当の金額はアップするのが当然です。

プチ愛人しかいなかったり、中々会えない男性を愛人にしていたりする女性は他の愛人を作りましょう。

1人の愛人にお手当アップの交渉をせずとも、稼げる金額がアップします。

ただし愛人男性を作り過ぎると、お誘いがあった時に上手くローテーションを組めない可能性もあるでしょう。 愛人の人数は、いくら多くても3~4人程度に留めておくのが安心です。

自分磨きをして魅力をアップさせる

自分磨きに精を出すのも、王道のお手当アップを掴む方法のひとつと言えるでしょう。

外観が美しく教養やマナーも備わっている女性はとても魅力的で、男性もあなたの価値を高く感じるようになり、お手当を増額してもらいやすくなります。

肌や髪・スタイルなど見た目を磨くことはもちろん、教養を身に着けるセミナーに参加してみるのも自分磨きの1つです。

愛人男性にあなたの魅力を再確認してもらい、お手当アップを狙いましょう。 特に、相場以上のお手当が貰える特別な職業についていない女性は、別の面で自分に価値を付けていくことが重要になってきます。

交通費をお願いしてみる

愛人契約で貰える金額をアップさせる為に、お手当とは別途で交通費をお願いする手段もあります。

数千円の交通費なら男性の負担も少なく、受け入れてもらえる可能性が高いです。

交通費をお願いするセリフ
  • 「待ち合わせ場所まで行く交通費が貰えれば、もっと○○さんと会えるから」
  • 「○○さんの気持ち程度でいいから、交通費を少し貰えたら助かるな」

上記のように、具体的な金額をこちらから提示するのではなくやんわりと交通費のお願いをしてみましょう。

もちろん男性が交通費を上乗せしてくれることが決まったら、しっかりと感謝の気持ちを伝えてください。

ストレートなお手当交渉は嫌がられる

お手当アップを狙い、男性に対してストレートに「お手当を増やしてくれないかな?」とお願いするのはNG。

長期的な愛人関係を築いていても、お手当交渉をした途端に男性と連絡がとれなくなった実体験を持つ女性は一定多数います。

十分な金額・相場に見合ったお手当をあげている男性から見れば、女性からのお手当アップ交渉は図々しく感じてしまうもの。

お手当アップは、基本的に自分磨きによって勝ち取っていきましょう。 自分からお手当アップを交渉するのではなく、男性から金額を上げて貰える状態が理想ですね。

お手当アップ交渉に適したタイミング

生活費などの支払いをする為に、どうしても自分から男性にお手当アップの交渉をしなければいけない女性もいるでしょう。

女性からお手当アップの交渉をするのはややリスクですが、成功率の高いタイミングもあります。

お手当交渉に適したタイミング
  • 男性との愛人関係が長く続いている時(1~2年目など)
  • 男性から会う頻度を増やせないかと提案された
  • 男性が酔っぱらって気が大きくなっている時
  • 2人の会話が盛り上がっている時

上記のタイミングであれば、女性からお手当アップの交渉をしても成功率が高いです。

逆に上記に該当しない時に交渉をしても、図々しいと思われるだけで成功率はかなり低くなります。

どうしてもお手当をアップしてほしい事情のある女性は、タイミングを計らって交渉をしましょう。

愛人の手切れ金相場

愛人契約を終了する際は、男性から女性に手切れ金としてお金を渡すのが一般的。

女性の中には愛人契約のみで生計を立てている方もいるので、新しい愛人や仕事が見つかるまでのお金として渡されることが多くなっています。

愛人契約の手切れ金相場がどれほどなのか、実態をしっかり頭に入れておきましょう。

愛人契約が短期の場合、手切れ金は必要ない

愛人関係が短期の場合、手切れ金の相場は0です。

数か月間だけの付き合いしかしていない・もしくは数回デートをしただけだけでは、女性側から手切れ金を請求されることも少ないでしょう。

また女性側があなたから貰うお手当で生活を賄っているとも考えづらく、法律でも手切れ金については全く定めがないので、男性が責任を感じて手切れ金を支払う必要はありません。

愛人契約で手切れ金が発生するのは、長期的な関係を解消して女性に大きな損害を与えた時であると考えましょう。

定期契約の場合は20万~100万円が相場

愛人契約の手切れ金は、20万~100万円が相場となっています。

手切れ金相場は、愛人契約をしていた期間や契約を終了する理由によって変動するのが一般的。

手切れ金の金額は第3者が決めるものではなく、個人間で決めるものなので相場にかなりの差が出てきます。

愛人への手切れ金の支払いは任意

愛人契約の手切れ金を支払うかはあくまで任意。

なぜなら、「愛人契約解消時に手切れ金を支払う」といったことを定めた法律は日本に存在しないからです。

無理に手切れ金を要求すれば脅迫罪、こっそり男性の財布から手切れ金と称してお金を抜き取ると窃盗罪が成立してしまいます。

愛人契約の手切れ金は男性の意思で関係の感謝を示したり、後腐れなく関係を終わらせたりする為のお金と認識し、もらえたらラッキーと思っておきましょう。

手切れ金が相場よりも高額になるケース

支払いは任意で法律上の定めは存在しない手切れ金ですが、場合によっては男性が女性に1,000,000円以上の高額な手切れ金を支払うこともあります。

手切れ金が高額になるケース
  • 男性が女性を妊娠させ、中絶手術を余儀なくされた時
  • 愛人関係が長く、女性が結婚適齢期を大幅に過ぎた時
  • 男性名義で借りていたマンションに住んでいたが、突如退去を命じられた時
  • 生活費全般を男性に頼っていたが、一方的な理由で女性が契約解除を申し込まれた時

上記のパターンは、女性が男性に愛人契約を解除されたことによって金銭的・精神的ダメージを強く受けています。

男性は女性の事情を考慮し、100万~500万円程の手切れ金を女性に支払うことになるでしょう。

手切れ金を年間110万円以上貰ったら贈与税がかかる

手切れ金を年間で110万円以上貰った場合、贈与税がかかるので注意しましょう。

110万円以上のお金を手にしているにも関わらず、申告をしないのは脱税行為に該当します。

脱税が税務署にバレると、延滞税や加算税など本来の税金よりも高額なお金を支払う羽目になるのです。

ちなみに、複数の男性から貰ったお金の合計が110円を超えた場合も申告が必要になります。

手切れ金は現金で貰ったとしても申告が必要ですが、振り込みで手切れ金を貰った場合は銀行に履歴が残るので税務署からお金の動きが丸見えです。

税務署からお尋ねハガキが自宅に届くので、あなたは脱税を言い逃れできません。

年間で110万円以上の手切れ金を貰った場合は、忘れずに贈与税の申告をしましょう。 申告用のソフトは気軽に購入でき操作も簡単なので、贈与税の申告を重く捉える心配はいりませんよ。

愛人契約をする男性の年収相場

愛人と聞くと、高収入ハイスペックな男性が女性にお手当を渡しているイメージを持つ方が多いと思います。

では実際に愛人契約をしている男性はどれくらいの年収がいくらなのか?ご紹介していきます。

年収1,000万円が大きなボーダーライン

愛人契約をする男性の年収は、1,000万円がひとつのボーダーラインです。

男性が愛人を囲い、生活を保障するレベルでお金を支援するにはそれなりの経済力が必要になります。

年収1,000万円以上ある男性であれば、自分の生活費を差し引いても十分な金額を女性に支援できるでしょう。

愛人を作る男性の年収相場は、一般的に1,000万円以上と考えてください。

パパ活アプリを利用する男性の平均年収

同じ愛人契約でも、パパ活アプリを利用して愛人を探している男性の年収は1,000万円よりも相場が下がります。

パパ活アプリの男性会員全体の平均年収は、700万~1,000万円程です。

パパ活アプリは月額5,000~1万円で全ての機能を利用できて年収や職業などの審査もなく、未成年でなければ誰でも登録ができるシステムです。

その為パパ活アプリは参入のハードルがかなり低く、男性会員が全員ハイスペックだとは限りません。

月に数十万円の収入を稼ぎたい方は、パパ活ではなく愛人として男性と関係を形成した方が確実に多額のお手当を受け取れます。

「愛人を作りたいけど、自分の経済力でも大丈夫なのかな…」 このような心配がある男性は、ハードルの低いパパ活アプリで愛人探しをするのがオススメです。

交際クラブを利用する男性の平均年収

交際クラブを利用する男性の平均年収は、800万~1,500万円程とかなり相場が高くなります。

交際クラブはパパ活アプリと異なり、入会に厳しい審査があるのが普通です。

男性の場合は年収や職業などを厳しくチェックされ、交際クラブに適しているか運営にチェックをされます。

入会料金やデートのセッティング料も高額な為、一般的な会社員の給料(300~500万円)では入会すらできないのが現実です。

交際クラブはレベルの高い女性との出会いが実現できますが、男性も同様に経済力を重視されることを覚えておきましょう。

愛人契約をする女性の月収相場

愛人を作ろうと思っている女性にとって、「月でどれくらいお金を稼げるのか」はかなり気になる部分でしょう。

愛人契約をしている女性の月収相場をご紹介するので、チェックしてみてください。

愛人契約をする女性の月収相場

年齢・容姿別の月収相場

愛人契約は、若くて綺麗な女性ほど男性に高額なお手当を貰える傾向にあります。

長期的な関係で肉体関係もあると仮定して、年齢別の月収相場を比較すると下記の通りです。

年代美人普通ブス
20代50万~100万円30万~40万円10万~20万円
30代30万~80万円20万~30万円10万~15万円
40代20万~25万円15万~20万円5万~10万円
50代15万~20万円10万~15万円5万~6万円

トークスキルや気遣いなど、年齢や容姿に関係のない武器があれば相場は上記の表よりも高くなることもあります。

しかし年齢を重ねたり、容姿に清潔感がなかったりすればお手当の相場は落ちていくのが一般的だと覚えておきましょう。

デート頻度による月収相場(定期契約)

定期契約の愛人は、毎月のデートの頻度によって月収相場も変動します。

会う頻度が高ければもちろん月収も高くなり、会う日が少ない契約ならば月収も低くなるのが基本です。

週1~2日以上会えば相場通りの月収、それ以下だと相場の7~8割程度の月収になると覚えておきましょう。

地方と都市部の月収相場

記事の前半でもご紹介しましたが、愛人契約のお手当は地方と都市部で変動します。

年代地方の月収相場都市部
20代20万~50万円25万~100万円
30代20万~25万円15万~80万円
40代10万~15万円10万~25万円
50代5万~6万円10万~15万円

上記のように、地方と都市部では女性の年齢が同じでも毎月のお手当相場にかなりの差があるのです。

愛人契約の相場のまとめ

さて今回は、愛人契約のお手当相場についてご紹介しました。

愛人契約の相場の決め手
  • 女性の年齢・容姿・職業
  • 地方在住か、都市部在住か
  • デートの頻度
  • 男性の経済力(年収)

愛人契約の相場は、上記の条件で変動します。

ご自身のスペックでは、どれほどのお手当が妥当なのかしっかり把握しておきましょう。

また愛人を作りたい男性の場合、ご自身の経済力で問題がないかどうかも事前にチェックしておくことをおすすめします。

愛人契約とお手当は、切っても切り離すことができないくらい大切な物です。 しっかり相場について理解し、トラブルのないようにしましょう。

>>おすすめのパパ活アプリ・サイトについて知りたい方はこちら

\ 無料登録で相手のプロフィールが見れる /

スクロールできます
愛人向けアプリ契約相場特徴

Love&
(ラブアン)
10〜30万/月
【男性からの支持率No.1】
・今一番勢いがあるパパ活サイト!
・動画でパパ活女子が見れる
・近くにいる相手と即マッチ可能
・オンライン顔合わせでトラブル回避

\今なら3日間600円でお試しできる/
無料登録はこちら

paters
(ペイターズ)
15〜35万/月
【会員数No.1のパパ活アプリ】
・会員数190万人でパパと出会いやすい
・メッセージなしで即顔合わせ可能
・スクショ禁止でセキュリティが◎
身バレ防止機能を多数搭載
\安全にパパ活したい人向け/
無料登録はこちら

ユニバース
18〜45万/月
【愛人専門の交際クラブ】
・パパ活より質の良い出会いがある
・女性も面談するから良い子が多い
会う前からプロフィールが見れる
\40代以上の男性におすすめ/

無料登録はこちら
2〜3個併用すると出会える確率UP!

男性限定!
入会金50%バックキャンペーン実施中 /

ユニバース大人の交際バナー

コメント

コメントする

目次