ヘッジファンドをおすすめしない理由とは?失敗例や失敗しないコツも解説

【下書き】ヘッジファンドをおすすめしない6つの理由とよくある失敗例を解説

ヘッジファンドに興味があるものの「おすすめしない」という意見を聞いて投資するか迷っていませんか?

本記事では、ヘッジファンドをおすすめしない6つの理由ヘッジファンド投資に向いている人の特徴を解説しています。

自分がヘッジファンド投資に向いているのか、投資するならどこのファンドがいいのか理解できるので、ぜひ参考にしてください。

目次

ヘッジファンドをおすすめしない6つの理由

ヘッジファンドは富裕層向けの投資なので、万人向けではありません。

なぜ「ヘッジファンドはおすすめしない」という意見があるのか、6つの理由について解説します。

おすすめしない理由①1,000万円以上の投資資金が必要なため

ヘッジファンドに投資する場合、最低でも1,000万円以上の資金が必要です。

金融広報中央委員会が発表している「家計の金融行動に関する世論調査[総世帯](令和4年)」によると1,000万円以上の金融資産を保有している世帯は全体の28.4%と少数派です。

そもそも1,000万円以上の資金を用意できない世帯の方が多いので、ヘッジファンドはおすすめできないと言われています。

言い換えると、1,000万円以上の余剰資金があれば、ヘッジファンド投資を検討する価値があります。

おすすめしない理由②手数料が割高なため

ヘッジファンドは他の投資商品よりも、手数料が比較的割高に設定されています。

運用会社やファンドマネージャーに対して報酬を支払う必要があるためです。

ヘッジファンドの手数料は「管理報酬」と「成功報酬」の2種類。

管理報酬とは

管理報酬とは資産運用や管理に対する手数料のことで、運用成績と関係なくヘッジファンドの運用会社に支払われます。

一般的に、管理報酬は資産運用額の2%〜20%に設定されています。

管理報酬が高いヘッジファンドに投資すると、運用益が出ていても手数料負けするリスクがあるので注意しましょう。

成功報酬とは

成功報酬とはヘッジファンドの目標値を上回る運用成績が出た際に、ヘッジファンド会社に支払われる手数料のことです。

一般的に、成功報酬は利益の20%〜50%に設定されています。

損失が発生している場合、成功報酬は支払われません。

ヘッジファンドは高いリターンが得られやすい一方で、高い手数料もかかります。

検討中の商品が、手数料を差し引いても利益が出ているのか実績を確認しておきましょう。

おすすめしない理由③私募の金融商品で情報量が少ないため

誰でも購入できる投資信託と異なり、ヘッジファンドは運用会社が50人未満の少数に対する「私募」によって投資家を募っています。

私募形式の投資商品は、目論見書による情報開示が義務付けられていません。

目論見書とは、投資商品の運用方針や投資先などの情報をまとめた書類のことです。

インターネット上に公開されている情報量が少ないことから、初心者にとっては投資するハードルが高く感じられるかもしれません。

投資経験が浅い人は、ヘッジファンドをはじめる前に投資信託を経験しておくとヘッジファンドの仕組みを理解しやすくなります。

おすすめしない理由④投資先の見極めが難しいため

ヘッジファンドの場合、目論見書が公開されていないため、インターネット上の情報だけでは投資商品の良し悪しの見極めが非常に困難です。

運用会社との面談においても、ある程度の金融リテラシーが求められるので上級者向けの投資と言えるでしょう。

投資未経験の人が、いきなりヘッジファンドに挑戦すると失敗するリスクが高まるのでおすすめしません。

おすすめしない理由⑤ヘッジファンドが破綻するリスクがあるため

ヘッジファンドは投資のプロが運用していますが、レバレッジをかけてハイリスクで運用しているため、失敗すれば投資先の会社が経営破綻するリスクもあります。

ヘッジファンドでは資金の数倍の金額を運用する「レバレッジ取引」や第三者から商品を借りて運用する「空売り」を行うので、投資信託よりハイリスクな投資であることを認識しておきましょう。

おすすめしない理由⑥投資詐欺に引っかかる可能性があるため

私募形式の投資は金融庁への届出が不要なため、中には悪質な詐欺商品も出回っています。

特にSNSや金融セミナーでの勧誘は詐欺が多いので、注意しましょう。

ポンジスキーム
投資詐欺「ポンジスキーム」に注意

ヘッジファンドは基本的に最低でも1,000万円の資金が必要です。

相場より低い100万円前後の少額から始められるヘッジファンドの勧誘があれば、ほぼ間違いなく詐欺なので、引っかからないように気をつけましょう。

ヘッジファンドをおすすめしない人の特徴

ヘッジファンドは1,000万円以上の資金が必要なので、万人におすすめできる投資手法ではありません。

以下のような人は、ヘッジファンドに投資するには早いため、資金や経験を積んでからはじめることをおすすめします。

1,000万円以上の余剰資金がない人

ヘッジファンドには1,000万円以上の投資資金が必要です。

1,000万円の投資資金が集まっていない場合は、貯金を増やす努力をしましょう。

投資は余剰資金の範囲内で行うのが常識です。

お金の分類【余剰資金・余裕資金】

1,000万円貯まったからといって全額投資するのではなく、生活防衛資金を別途用意した上でヘッジファンド投資をはじめましょう。

投資や資産運用の経験が少ない人

ヘッジファンドの商品を理解するには投資のリスクに関する金融知識が必要です。

1,000万円以上の余剰資金を持っていたとしても投資未経験の場合、いきなりヘッジファンドに投資するにはリスクが高すぎます。

まずは少額から始められる投資信託を経験した上で、ヘッジファンドをはじめましょう。

信頼できる投資アドバイザーがいない人

ヘッジファンドをはじめるには、ある程度の専門知識が必要です。

投資に関して信頼できるアドバイザーがいない場合、自分で投資判断をするのは難しいと思われます。

身近に投資の相談ができる専門家がいない場合、投資に関する知識をつけた上でヘッジファンドに投資する検討をしましょう。

ヘッジファンド投資に向いている人の特徴

ヘッジファンド投資をおすすめできない人がいる一方で、以下の特徴がある人はヘッジファンド投資を検討する価値があります。

1,000万円以上の余剰資金がある人

ヘッジファンドをはじめるには、一般的に1,000万円以上の資金が必要です。

1,000万円以上を投資しても生活に困らないだけの余剰資金がある場合は、ヘッジファンド投資を検討しましょう。

ヘッジファンドは短期的に含み損をかかえるリスクがありますが、長期投資を行うことで10~20%の利回りが期待できます。

資金が足りない場合は、交渉次第で500万円程度から申し込めるファンドもあるので、担当者に相談してみましょう。

運用方針を理解した上で投資できる人

ヘッジファンドは高額投資なので、運用方針を理解した上で投資しましょう。

過去の利回りの情報だけなど、表面的な情報だけで投資先を決めてしまうと失敗する恐れがあります。

投資商品にはどのようなリスクがあるのか理解した上で、ヘッジファンド投資をはじめましょう。

担当者の説明が理解できない場合は、理解できるまで聞き直すか、ヘッジファンドをはじめる前に投資信託を経験してみることをおすすめします。

投資信託についての詳しい内容は以下の記事で解説しています。

高利回りで積極的に資産運用したい人

ヘッジファンドはレバレッジをかけて運用しているので投資信託よりも高利回りが期待できます。

レバレッジとは、借入により元手の数倍の資金を運用することで高いリターンを目指す手法のことです。

また、ヘッジファンドの特徴として「絶対収益」を目指している点が挙げられます。

絶対収益とは、下落相場においてもリターンを追求することです。

投資信託でインデックスファンドに投資した場合、期待利回りは3〜8%程度ですが、ヘッジファンドであれば10~20%の利回りが期待できます。

投資信託の利回りでは物足りないと感じる人におすすめです。

資金力があるが時間にゆとりがない人

十分な資金や金融知識があるのに、投資にかけられる時間がない人に、ヘッジファンドはおすすめです。

自分の考える運用方針にマッチするヘッジファンドを見つければ、ファンドマネージャーがあなたの代わりに運用してくれます。

ヘッジファンドのよくある失敗例

ヘッジファンドをはじめる前に、よくある失敗例を確認しておきましょう。

事前に失敗パターンを把握しておくことで、対策を講じやすくなります。

失敗例①投資商品の運用方針を理解せずに投資する

過去の運用実績のみで判断して商品を選ぶと、同様の成績が維持できなかった場合に失敗します。

投資商品を選ぶ際は運用方針を理解し、将来性が見込めると判断した商品に投資しましょう。

ヘッジファンドは最低でも1,000万円必要なので、商品選びには慎重になるべきです。

失敗例②詐欺業者にだまされる

ヘッジファンドは私募のため金融庁の許可が要らず、詐欺業者も多数混在しています。

特に、セミナーやSNSなどによる勧誘はほとんど詐欺だと思っていいでしょう。

少額から投資できる、利回りが20%以上など非現実的な数字を謳ったヘッジファンドも詐欺である可能性が高いです。

契約する前に、信頼できるヘッジファンドかよく調べるようにしましょう。

失敗例③余剰資金を超える金額を投資する

ヘッジファンドに限らず、投資は基本的に余剰資金の範囲内で行いましょう。

生活費を削ってまで投資に回したり、投資資金を集めるために借金を背負ってしまうと投資に失敗した場合、生活に困窮してしまいます。

ヘッジファンドに投資できるだけの資金がないうちは、投資信託など少額からはじめられる投資で慣れましょう。

ヘッジファンドで失敗しないコツ

ヘッジファンドはすべての商品が儲かるわけではありません。

基本的に10~20%の利回りで絶対収益を目指しているファンドがほとんどですが、あくまで目標値であり、その通り運用されるとは限らないからです。

以下の点に注意しながらヘッジファンドをはじめましょう。

失敗しないコツ①運用方針に納得できる商品を選ぶ

ヘッジファンドは投資会社ごとに運用方針が異なります。

自分がどのような方針で資産運用したいのか、投資目的に合っているヘッジファンドを選びましょう。

自身の方針が決まっていない場合は、ヘッジファンドの運用方針を比較して最も納得できる商品を選ぶことで失敗を防げます。

失敗しないコツ②担当のファンドマネージャーの経歴を確認する

ヘッジファンドの運用成績はファンドマネージャーの実力で決まります。

投資先の分析を徹底的に行い、利益を出し続けているファンドマネージャーを選べば今後も安定したパフォーマンスを残し続ける可能性が高いです。

ファンドマネージャーの経歴を紹介しているヘッジファンドもあるので、どの程度の実績を残しているのか確認しておきましょう。

失敗しないコツ③これまでの運用実績を確認する

ヘッジファンドの中には、これまでの運用実績を公開している会社もあります。

過去に十分な実績を残しているか確認した上で、ヘッジファンドを選びましょう。

非公開のヘッジファンドに関しては、問い合わせすることで実績を開示してもらえることもあります。

問い合わせをしても実績の公開を拒否するファンドは信用面で不安があるので、慎重に選びましょう。

ヘッジファンドの始め方3パターン

ヘッジファンドの仕組みを理解し、十分な資金があるものの、ヘッジファンドをはじめるにはどこに問い合わせをすればいいのかわからない人もいると思います。

ヘッジファンド投資の始め方は、主に次の3パターンです。

①投資会社に問い合わせする

BMキャピタルハイクアインターナショナルなどヘッジファンド専門の投資会社に問い合わせをするとヘッジファンドを始められます。

投資信託や株式と違い、ヘッジファンドをはじめるには運用会社との面談が必要です。

まずは、運用会社の問い合わせフォームを利用してコンタクトをとりましょう。

担当者から返信があるので、やり取りを行い、問題がなければヘッジファンド投資を始められます。

②投資家からの紹介で始める

ヘッジファンドには、応募形式ではなく投資家からの紹介でないと始められない運用会社もあります。

すでにヘッジファンドで資産運用をしている知人がいる場合は、紹介してもらいましょう。

ただし、知り合ったばかりの投資家からの紹介には注意が必要です。

紹介者が詐欺師である可能性もあるので、紹介者や紹介された会社が信用できるのか見極めましょう。

③証券会社から購入する

ヘッジファンドを取り扱っている証券会社は少ないですが、三田証券やエアーズシー証券のように富裕層向けの証券会社であれば、ヘッジファンドを取り扱っているケースがあります。

信頼できる証券会社に問い合わせしてみましょう。

「おすすめしない」を上回る日本国内の信頼できるヘッジファンド2選

ヘッジファンドは私募のため、一般的に運用会社の知名度は高くありません。

どこのヘッジファンドを選べばいいかわからない人のために、国内のおすすめヘッジファンドをご紹介します。

それぞれのファンドの特徴について解説しているので、ぜひ参考にしてください。

BMキャピタル

BMキャピタル公式HP
(出典:BMキャピタル)
運用開始2013年
投資対象日本株(バリュー株)
年間利回り10%以上
最低投資額1000万円
※1000万円未満の相談可
公式サイトBMキャピタル公式サイト

BMキャピタルは2013年創業の老舗ヘッジファンドです。

景気が悪い年でも運用成績がマイナスになったことが1度もないことから、「絶対収益」を実現している安心感のあるヘッジファンドです。

BMキャピタルは、バリュー株投資をメインに平均利回り10%以上の運用実績があります。

バリュー株とは、企業価値が高い割に株価が正当な評価を受けていない割安株のことです。

割安株は株価の下落のリスクが少なく、今後株価が上昇する可能性が高いので、長期運用によってリターンが得られやすくなります。

国内のヘッジファンドの中では歴史が古く、運用成績が安定していることからBMキャピタルが一番おすすめのヘッジファンドです。

ハイクアインターナショナル

運用開始2023年
投資対象ベトナム企業
年間利回り12%
最低投資額500万円
公式サイトハイクアインターナショナル公式サイト

ハイクアインターナショナル(以下、ハイクア)は、親会社であるSAKUKO VIETNAM(以下、SAKUKO)への貸付利息を投資家に利益として還元します。

SAKUKOはベトナムに進出した日系企業で、日本製品の販売店やスイーツ店、ホテルを多数展開。メディアにも取り上げられています(「SAKUKO VIETNAM」で検索してみてください)。

投資家はハイクアに投資し、ハイクアはそのお金をSAKUKOに融資します。SAKUKOはこの資金を元手に事業を拡大し、ハイクアに利息とともに返済し、ハイクアは投資家に年利12%で配当として還元します。

配当の12%は3カ月ごとに3%ずつ受け取ることも、再投資に回すことも可能です。再投資に回せば、6年で約2倍に増やせる計算になります。

金融商品への投資ではなく、経済成長著しいベトナム企業への融資という投資案件のため、格段にリスクが低く堅実なリターンが期待できます。

最低投資額も500万円からと他のヘッジファンドと比較しても始めやすい金額設定ですので、投資初心者におすすめです。

無料のオンライン面談では、ハイクアやSAKUKOのより詳しい情報も聞けますので、ぜひ問い合わせてみてください。

ヘッジファンドに関するよくある質問

最後に、ヘッジファンドに関するよくある質問をまとめました。

疑問点を解消した上で、ヘッジファンドを始めましょう。

ヘッジファンドと投資信託の違いは?

ヘッジファンドと投資信託は、どちらも投資家に代わって資産運用のプロが運用する点が共通しているので、違いがわからない人も多いでしょう。

ヘッジファンドと投資信託には以下のような違いがあります。

スクロールできます
ヘッジファンド投資信託
対象投資家機関投資家・富裕層一般的な個人投資家
募集形式私募公募
最低投資金額1000万円100円
投資対象先物や信用取引、オプションなど株や債券など
収益目標絶対収益相対収益

投資スタイルとして、ヘッジファンドはいかなる局面でも収益を上げる「絶対収益」を目指しています。

筆者としては、安定的に利益を目指したい方は過去に一度も運用成績がマイナスになったことがないBMキャピタルが1番おすすめ。手堅いリターンを得たいならハイクアインターナショナルがおすすめです。

ヘッジファンドは儲からないって本当?

ヘッジファンドは長期運用すれば、10~20%の利回りが期待できます。

株式投資や仮想通貨投資のようにハイリスク・ハイリターンな投資手法ではないので、1年で資産を何倍も増やせるわけではありません。

短期間で儲けたい人にはおすすめできませんが、リスクを抑えつつも安定してリターンを得たい人にはヘッジファンドをおすすめします。

ヘッジファンド投資に成功するためのポイントは?

ヘッジファンド投資で成功するためのポイントは長期投資です。

運用を始めたばかりの頃は運用成績が安定しないため、一時的に資産が減少するリスクもあります。

投資先の運用方針を理解した上で、長い目で投資し続けることでリターンが拡大します。

ヘッジファンドはなぜ日本であまり知られていないのですか?

ヘッジファンドが日本であまり知られていない理由の1つに、ヘッジファンドが「私募」であることが挙げられます。

私募とは、限られた人だけが出資できる仕組みの債券などを指し、基本的には49人までしか買うことができません。

合同会社の社員権を購入する仕組みを採用すれば499人まで参加することができますが、いずれにせよ広く多くの人が購入できるわけではないことから、ヘッジファンドはあまり知られてないといえるでしょう。

ヘッジファンドはリスクを理解した上で投資しよう

ヘッジファンドは1,000万円以上の資金が必要となるため、資金が不足している人や投資経験がない人にはおすすめしません。

しかし、資金力があり過去に投資経験がある人であれば、平均利回り10~20%が目指せることからヘッジファンド投資はおすすめです。

>>日本のおすすめヘッジファンドランキングはこちら

【平均年利10%超を継続中】
投資で悩んだらBMキャピタル

引用:BMキャピタル公式

「投資信託やファンドラップで損をした」
「まとまったお金をプロに任せて運用したい」
「低リスクで安定的なリターンを得たい」
「貯金だけでは老後が不安」

日本国内のおすすめヘッジファンドBMキャピタルは、このような悩みを持つ方向けに資産運用を行っています。

BMキャピタルの特徴
  • 2013年の運用開始以来マイナスの年ゼロ
  • 平均年利10%超を10年以上継続
  • 直近6年で資産価値は2倍

最低投資額は1000万円からですが、1000万円未満の投資も相談可能です。

資料請求も運用の相談も無料で、出資をするかどうかはじっくり考えてから決められますので、まずは問い合わせてみてください。

目次