ヘルプ

今日は、三鷹市議会全員協議会(非公式)が9時半から協議会室で開かれ...

  • 117

写真: 今日は、三鷹市議会全員協議会(非公式)が9時半から協議会室で開かれ...

写真: 安倍晋三は、SAELDsやT-ns SOWLなどが、憲法変えるな 戦争反対 安倍はヤメ... 写真: 1/24は高浜原発再稼働を許さない全国集会@高浜町 0泊2日 1/31~...

今日は、三鷹市議会全員協議会(非公式)が9時半から協議会室で開かれました。清原市長等から2016年度三鷹市予算概要の説明を受けた。各派代表者会議で質疑を行うことを決定した。11時から交渉会派往復30分、非交渉会派10分の質疑を行った。私は、5番目に質疑した(内容は別記の通り)。
これから昼食弁当〈画像〉です。

 2016年度当初予算案について 質問 にじ色のつばさ・嶋? 英治

 持ち時間が往復10分しかありませんので、第4次基本計画・第1次改定を中心に「意見書」を2月1日に提出させていただいています。

<予算の特徴について>
Q1 三鷹市まち・ひと・しごと ということですが、この順番どうもすっきりしません。人・仕事・町だと思います。しかも漢字で
 「三鷹市まち・ひと・しごと」という総合戦略・新規事業は、実際は、国の「地方創生戦略」のまち・ひと・しごと創生という、国が認定した地域再生計画及び地方版総合戦略事業に国は金を出すというものです。しかし、これでいいのでしょうか、国のこの考えは地方分権にもとるものであり、「1億総活躍社会」の実現、「地方創生加速化交付金」とかいう「新・三本の矢」に自治体職員は振り回されているのではないでしょうか。
 そもそも地域再生とか地方創生とかは、その地域の人々の暮らしや自治発展のためにあるべきであり、当該自治体が住民と協働してその具体の施策を独自に創造してゆくべきものであると考えます。
 地方再生、地方創生について市長は、どのようにお考えでしょうか

Q2 ワーク・ライフ・バランスに向けた啓発と支援を中小企業にしてゆくとのことですが、三鷹市職員についてはどのように具体化するのでしょうか

Q3 市税収入について
 2016年度は約368億、過去最高水準の予算、その裏付けはの税義務者の増加とのことです。個人市民税2.6億円増のみこみだが、どのような所得層の納税義務者が増加したのでしょうか。
 また先ごろ日銀が発表した「ゼロ金利」・マイナス金利政策は、鳴り物入りの「アベノミクス」が失敗したことの証左だと思います。また世界同時株安などを考慮すれば、来年度の税収増は計算できても、2016年度の予算編成にあたり、経常経費対前年比マイナス1%をめざしたように、更に緊縮型の財政運営が不可欠だと思いますが、市長の所見をお聞かせください。

Q4 国民健康保険事業特別会計について ※質問からカット
 国民健康保険事業特別会計の減となっています。国保事業の都道府県化についてどのような展望をお持ちでしょうかお聞かせください。
※注:質問せず

Q5 保育事業について
 待機児童解消に全力を挙げていることに敬意を表します。質の確保を図りつつ、多様な保育所や保育事業を展開していますが、一方で保育の質の確保がどのようになされているか検証すべき時機に来ていると私は認識します。質の確保にどのような手法を用いるのでしょうか

アルバム: 公開

お気に入り (0)

まだお気に入りに追加している人はいません。

コメント (0)

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。