Help

化粧坂切通(源氏山。鎌倉市)

  • 163

Photos: 化粧坂切通(源氏山。鎌倉市)

Photos: 化粧坂切通(源氏山。鎌倉市) Photos: 化粧坂切通(源氏山。鎌倉市)

mixi記事コピペ――
源氏山(鎌倉市営 源氏山公園)
2011年12月05日 13:20

11.12.02.
●源氏山――標高93mの山。

・源氏山公園――この公園は、1965年に山の地形を利用して造営。
中央に芝生、広場にはベンチ、遊歩道も整備、陽射しあたたかく、休日にはカップルや家族連れの憩いの場。
源頼朝の坐像は高さ2m、扇ガ谷、佐助ガ谷一帯を静かに見つめている。
鎌倉山と並ぶ桜の名所。秋の紅葉も見応え十分。
源氏山は他に白旗山、旗立山と呼ばれている。これは後三年の役に際し、八幡太郎義家が奥羽に向かう折、山頂に白旗を立てて戦勝を祈ったという伝説による。


・鎌倉時代、葛原岡(くずはらがおか)一帯は刑場だったと言われており、後醍醐天皇の側近で、鎌倉幕府討幕に関わった日野俊基もここで処刑され、その墓といわれる宝篋印塔、俊基の霊を祀る葛原岡神社が創建(明治21年)されている。
ご神徳は縁結びとある。由緒不明。


・化粧坂――
鎌倉七口のひとつ。
名称の由来は諸説多く、どれも後世に考えられたもの。
“化粧”を“けしょう”と読むと、現在の意味同じく“白粉でお化粧”だが、古くは“けわい”とも読み、その場合は“身だしなみを整える”と言う意味で使われる。
その場合は、都市に入る境で“身だしなみを整える”と言う意味で“けわい(化粧)坂”、鎌倉への境界である坂、との意味で捉えるのが某には最有力。
“化粧坂”という地名は日本各地に見られ、多くは中世の国府や守護所などの近辺に存在する。それらの伝承の多くは境界で“身だしなみを整える”と解釈出来るもので、“境界の場の呼称”として“化粧坂”と通称されていたと考えられる。
現在は鎌倉の内側(鎌倉中)への下り坂が“仮粧坂”として史跡に指定されているが、道の痕跡はいくつもあり、鎌倉時代にどのルートであったのかは全く不明である。
主に武蔵国の国府(現在の府中市・国分寺市)から上野国へ向かう道(上道)の出口と考えられているが、鎌倉時代初期には武蔵国の東方へ向かう中道、下道もまたここを通った可能性もある。


●16.05.13.
化粧坂切通のみ。。。。(o゜ー゜)oテクテク


鎌倉巡回マップ
https://www.google.com/maps/d/edit?mid=1jxb6mB3DQV4YD4D4murEy9SF9Rk


●17.06.19.
御前は6年ぶりか…┌(_ _)┐

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.