Help

竪穴建物の内部(鉄器工房内の復元)

Photos: 竪穴建物の内部(鉄器工房内の復元)

Photos: 竪穴建物(鉄器工房の復元) Photos: 常隆寺山門

五斗長垣内遺跡(ごっさかいといせき)は、鉄器を製作する鍛冶作業用の建物であり、竪穴建物の一番大きなものは直径10.5m、柱も10本の大型建物であった。内部には10基の鍛冶炉がある建物と高度な炉跡が発見され、矢尻や鉄片、切断された鉄細片など 75 点が出土している。
五斗長垣内遺跡は、弥生時代に100年以上鉄器生産が続いていたことがわかっており、畿内の中枢部よりも早かったようである。このことは非常に大きな意味があり、当時の鉄器文化を解明する重要な遺跡であるが、周りの山の上に他の遺跡が発見されており、その全貌が明らかにならないと「五斗長垣内遺跡」の本当の意味が見えてこないと言われている。

Favorite (6)

6 people have put in a favorite

Comments (2)

  • islandscape

    くんちゃんさま
    ご訪問いただき、お気に入り☆ありがとうございます。

    09-20-2020 16:32 islandscape (3)

  • islandscape

    トキゾウさま
    うさこさま
    ご訪問いただき、お気に入り☆ありがとうございます。

    09-20-2020 19:19 islandscape (3)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.