Help

【影付き】超時空騎団サザンクロス2020 電子弦楽器「リーヴ・フィセル」(レーザーハープ)&「演奏制御卓付き肘掛椅子」抜き・弦楽器本体のみ

  • 1

Photos: 【影付き】超時空騎団サザンクロス2020 電子弦楽器「リーヴ・フィセル」(レーザーハープ)&「演奏制御卓付き肘掛椅子」抜き・弦楽器本体のみ

Photos: 【影付き】超時空騎団サザンクロス2020「演奏制御卓付き肘掛椅子」・電子弦楽器「リーヴ・フィセル」(レーザーハープ)専用 Photos: 【影付き】超時空騎団サザンクロス2020「ムジカ・ノヴァ」と電子弦楽器「リーヴ・フィセル」(レーザーハープ)

超時空騎団サザンクロス2020『ムジカ・ノヴァ』と 歌巫女の電子弦楽器「リーヴ・フィセル」(レーザーハープ)は、フォト蔵 のJPG劣化・縮小ファイルのみ反映されます。
画像サイズはヨコ・タテがそれぞれ110×80ピクセル以上、3600×5120ピクセル以下、4MBまでの制限により、原寸のPNG画像を投稿することは出来ませんでした。
以下のWeb頁から、原寸のPNG画像をダウンロードください。

〓 ゾル軍・歌巫女 電子弦楽器「レーヴェ・フィセル」(本体・単体)
https://www.pixiv.net/artworks/80009750

1.【Pixiv】〔一部に36000色に減色、また32MBまでの制限により、縮小している投稿があります〕
https://www.pixiv.net/user/150476/series/74560

2.【Deviantart】〔ごく稀に、投稿画像の80MBの容量制限により、縮小している投稿があります。〕
https://www.deviantart.com/yui1107/gallery/71354423/musica-allegra-and-octavia

3.【flicker】特に制限により、縮小している投稿はありません。
https://www.flickr.com/photos/169039156@N06/with/49608218881/

★「ムジカ・ノヴァ」単身の抜き出し(彩色済)は、pixivにて原寸PNG画像ファイルを掲載しています。
https://www.pixiv.net/artworks/79980671

▼ 0.ゾル軍・歌巫女の弦楽器「リーヴ・フィセル」
https://www.pixiv.net/artworks/79984676
▼ 1.「ムジカ・ノヴァ」と弦楽器「リーヴ・フィセル」(レーザー・ハープ)
https://www.pixiv.net/artworks/79925157
▼ 2.「ムジカ・ノヴァ」と弦楽器「リーヴ・フィセル」(レーザー・ハープ)【ムジカ単身の抜き出し】
https://www.pixiv.net/artworks/79980671

当初の制作動機であるムジカと 歌巫女の電子弦楽器「リーヴ・フィセル」(レーザーハープ)の組み合わせは、まだまだ先になりますが、待てない閲覧者の為に暫定的に組み合わせてみました。
湖川友謙氏が「超時空騎団サザンクロス2020」にて『ムジカ・ノヴァ』設定画を描いたら?
楽器(レーザーハープ)を含む全体的なアートワークの進行状況はDeviantartにて逐次報告します。
つまりpixivは飽くまでもDeviantartの日本語簡易版の扱いです。ムジカのアートの閲覧者需要は残念ながら日本よりも海外の方が遥かに大きいので、当初より英語SNSであるDeviantartを主な公開発表の場とせざるを得ないのです。
https://www.deviantart.com/yui1107/gallery/71354423/musica-allegra-and-octavia

▼【超時空騎団サザンクロス2020】『ムジカ・ノヴァ』制作の切っ掛けとなったのは、2020年2月22日の実家の倉庫の整理で37年振りに発見された 1984年夏頃の14歳の少女だった私の描いた恥ずかしい拙い水準ながら私の描いた初めてのムジカでした。https://www.pixiv.net/artworks/79924180

〓 俗称「コスミック・ハープ」(原作の「超時空騎団サザンクロス」ではラテン語を起源とするゾル人の言語で「リーヴ・フィセル」【Leve ficelle】と定義されています)。
このレーザー・ハープに演奏制御卓〔コンソール〕が組み込まれた肘掛け椅子は、ミューズ(ギリシャ語の原意「ムーサ」“Μο?σα”, ごく乱暴に日本語に訳せば「歌巫女」)の疲労を軽減します。
しかし、一方で、それは望ましくない共鳴を引き起こす可能性があり、さらに全身を覆うほどの大きな肘掛け椅子は大劇場で音を乱す可能性があります。

これを嫌うが故に、「シヴィラエ」(歌巫女たち)のミューズ(ギリシャ語でムーサ ,“Musο?αι” )らは、パイプ支柱フレームの骨格フレームで彼女らの体重を支持される簡素な丸い座椅子(スツール)と頻繁に交換しました。

私は14歳のとき湖川友謙の「シヴィラ」ミューズ「ムジカ」の線画について疑問に思っていました。
「なぜ湖川友謙氏は、自分の絵を描くのではなく、ムジカと一体とも言える弦楽器、西洋琴(Cosmic Laser Harp)を弟子の新井豊に任せたのですか? 」

器楽奏者と吟遊詩人としてのムジカには一卵性の他の2姉妹「ムジエ」〔アレグラ〕と「ムゼル」〔オクタヴィア〕がいます。

“ムジエ” こと「アレグラ」の扱う「シタール」はインド亜大陸に由来する弦楽器です。また“ムゼル” こと「オクタヴィア」の扱う「ツィター」はギリシアの単語「キタラ」のドイツの翻訳でありそこから現代語「ギター」の名称も由来します。

三姉妹は彼女らが演奏する楽器によって、より印象的ですが、残念ながらムジカと楽器〔「レーザー・ハープ」,ゾル人固有のラテン語由来の言語で「Leve ficelle」〕を一緒に考えたアートはありません。

将来にわたって「湖川友謙」さんが楽器の横に座っているムジカを描かないのなら、14歳の少女をだった私が50歳となった2020年の今、代筆者とし描くより他に表現手段がありません。

私は少女の未熟な頭脳ながら、上記の弦楽器の傍らに描かれていないムジカの単独線画の問題点を考え、1984年時点で既に稚拙ながら問題点を改善する意図でアートを描きました。

ただし、この1984年の画は、37年後の2020年、50歳の私の観点から鑑みれば、描画技術はあまりにも貧弱です。

だから「ひなまつり」(3月3日は、人形の日や女の子の日とも呼ばれ、日本では特別な日です。毎年3月3日に祝われます)が来たので、新しいファンアートを描き始めました。

50歳で私の描画能力スキルに合致したリメイクされている「ムジカと弦楽器」つまりこの新作『ムジカ・ノヴァとレーザー・ハープ』(リーヴ・フィセル, Leve ficelle)を!

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.