Help

inアンモナイト

Photos: inアンモナイト

Photos: ある日の雨上がり Photos: ただの昆布ではない

いわゆる・・一石二鳥と言いたいとこですが、流石に昆布を持ち帰ることは出来ません。(漁業権)
勿論、アサリ、ウニ、ツブ、タコ、ナマコ、ホヤも同じで、これらを持ち帰ると密漁となります。

Favorite (17)

17 people have put in a favorite

Comments (8)

  • kei

    すごい! 昆布を担いで海から上げてる風景見ました。。
    小石の上に干すのですよね。。おいしい昆布、大好き。。

    03-13-2019 15:57 kei (111)

  • 豊後守

    おお~っ、こんなのが出るんですね!
    昆布もアンモナイトも立派ですね。

    03-13-2019 16:34 豊後守 (4)

  • いち花

    凄いですね~。なんだろー?って思いました(^^)

    03-13-2019 22:36 いち花 (1)

  • Nature

    .
     Run.through.the.Night

    03-14-2019 11:38 Nature (2)

  • rinzo

    keiさん。
    基本的はそういう干し方をしますし、ある程度干せたら更に機械で干して効率化させている漁師も居ます。

    豊後守さん。
    ここは日本の古生物学会やアマチュワ(コレクター)にとっても有名な産地の一つですが、昆布だけは・・マイナーな産地です。

    いち花さん。
    アンモナイト♪
    正確にはネオフィロセラスと言う種で、これを持ち帰りコツコツとクリーニングします。!(^^)!

    Natureさん。
    う~ん・・・・アルバム?どう解釈せばいいのかwww

    03-14-2019 16:11 rinzo (0)

  • SF Studio

    お持ち帰り?
     ダメでしょうねwww・・・石は興味が有るのでついポッケに

    03-14-2019 23:25 SF Studio (102)

  • みーお

    お仕事でアンモナイトさんも取り扱っておりますが、
    開けてみないときれいな隔壁が見えるかどうかわからないので、
    化石堀自体もそうですが、アンモナイトさんを削るのも
    宝探し気分ですよね~、あはは(*^_^*)ノシ

    以前削ったものを拙作ですが、フォト蔵さんにも
    アップしておりますです、よろしければご覧くださいです
    (*^_^*)ノシ

    04-23-2019 07:37 みーお (22)

  • rinzo

    SF Studioさん。
    リコメ大変遅れてしまい失礼しました。
    海での石は問題ないと思います。!(^^)!

    みーおさん。
    コメントありがとう御座います。
    そうですか、アンモナイトを取り扱って加工もされて居られるんですね。

    僕も昔・・採って削って磨いて、いろいろ作り楽しみました。
    とくにこの産地(東浦)のアンモ(テトラ)の気室内は空洞というより黒系とかオレンジ系に鉱物化しているのが特徴で専門業者(装飾品)から人気がありました。
    現在は・・??です。当時でけっこうな御年でしたからもう死んじゃったかもwww

    御言葉に甘えて早速拝見させて頂きますね。!(^^)!

    04-23-2019 11:52 rinzo (0)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.