Help

味玉つけめん・中@國もと・葛飾区京成高砂

  • 10

Photos: 味玉つけめん・中@國もと・葛飾区京成高砂

Photos: 親鶏中華そば・中太麺@綾川・渋谷区恵比寿 Photos: 札幌中華そば(味噌)@にじゅうぶんのいち・荒川区東尾久三丁目

麺心 國もと
  葛飾区高砂5-36-10 植村ビル1階

 あるサイトでつけ麺が檄ウマと賞賛されていたので、下調べもしないままチャリでほぼ1時間かけて出かけた。お店は京成高砂駅北口の細い路地の途中にあった。土曜日のお昼を少し回ったくらいの時間で5人が列を作っていたので、まずは券売機でお目当ての標記の食券を発券し列に続いた。880円。すぐに女性店員さんが食券の回収に来て、つけ麺の場合は麺量が180gの小、270gの中、360gの大が同一料金なのでどれにするか問われたので、適量と思われる中でお願いした。思いのほか回転は速く、10分ほどで店内に、さらに5分あまりで配膳された。
 麺はストレートの中太。黄色い麺でツヤツヤと光っており、見るからに美味しそうだ。つけダレに潜らせずに一啜りすると、ツルッと口に収まる。やや硬めに茹でてあるので、噛むとシコシコとした強めの食感がしばらく続く。また、小麦らしい風味と控えめな甘味も口中に穏やかに広がり、これは美味しい麺だ。つけダレは鶏と魚介出汁の醤油味。よくある味に思えるが、鶏も魚介も存在の主張は控えめだが旨味はしっかり。さらに、みじん切りのタマネギと刻みネギがたっぷりと浮いていて、出汁感と醤油風味をマスキングしている。それでも、麺を啜ると節系のほのかな香りが鼻に抜ける。最近のしっかりor濃厚とは異なる、優しく穏やかな純和風のような味わい。塩加減もちょうどよいからだろう、物足りなさは皆無でこれははまる。つけダレには短冊or拍子木状のチャーシューが沈んでいる。赤身部分は軟らかく肉の旨味が十分に残っているし、脂身はトロッと軟らかく甘味ことからすると肩ロースか。デフォではちょっと少なかったように感じたので、さらに+100円の特製でもよかったかも。味玉は黄身までほどよく味が染みていたものの、濃厚な黄身は半熟でゼリー状になっておらず、つけダレに溶け出すのが唯一の不満だった。
 スープ割りも出来るようだったが、そのまま飲める程度に薄まっていたので割らずに完飲。頑張って京成高砂まで足を運んだ甲斐があった。

・お気に入り度:○+

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.