Help

中世末期の鍵盤音楽、歌とともに

  • 79

Photos: 中世末期の鍵盤音楽、歌とともに

Photos: 『トゥルネーのミサ』、アルス・ノーヴァ、中世の女子修道院 Photos: イタリア北部、芸術音楽の夜明け~14~15世紀、イタリアのアルス・ノーヴァ音楽~

アンサンブル・タスト・ソロ(古楽器使用)
 バルバラ・ザニケッリ(ソプラノ)
 ダヴィド・カタルーニャ(ハンマー式クラヴィシンバルム)
 ギリェルモ・ペレス(オルガネット(ポルタティーフオルガン)、プレクトラム式クラヴィシンバルム)
 アンジェリーク・モイヨン、ラインヒルト・ヴァルデク(ハープ)
 パウ・マルコス(弓奏ヴィエル) 

1) うるわしき婦人よ    ヨハンネス・チコーニア(1370頃~1412)
2) わたしは讃えてやみません    ジル・バンショワ(1400頃~1460)
3) バンショワの「わたしは讃えてやみません」     ※ ※
4) わたしのやさしい恋人(作者不詳)     ※
5) レペティツィオ〔繰り返し〕(作者不詳)     ※
6) 大きな喜びゆえに、わたしは    バルトローメオ・ブオーロ(1430頃活躍)
7) バンショワの「奴隷にさえもなるだろう」     ※
8) デュファイの「あなたの、美しい瞳のまなざしゆえに」     ※
9) デュファイの「わたしの顔が蒼ざめているのは」     ※
10) ある貴き生まれの少女(作者不詳)    ロッハム歌集より
11) バンショワの「苦しい悲しみは計り知れず」     ※
12) ベディンガムの「おお美しき薔薇」     ※
13) ダンスタブルの「なぜなら恋をしているから」     ※
14) デュファイの「ポルトガルの調べ」     ※

※ 『ブクスハイム・オルガン曲集』より

(詳細&お求めはこちら→http://bit.ly/1VgiIOP)

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.