ヘルプ

イタリアの様式、ナポリの鍵盤 ~17世紀イタリア、バロック初期のチェンバロのための音楽~

  • 139

写真: イタリアの様式、ナポリの鍵盤 ~17世紀イタリア、バロック初期のチェンバロのための音楽~

写真: マリーニとカステッロ~さまざまな作品集〔Ricercarの名手たち4:ジャン・チュベリー〕 写真: イタリアの金管合奏、ルネサンスからバロックへ~コルネットとサックバットの世界~

ハビエル・ヌニェス(チェンバロ)
 使用楽器:ティテュス・クライネン2011年製作(スペイン・サラゴサ地方サビニャン)
  G.B.ジュスティ1681年製作のイタリア型モデルによる

+ファミ・アルカイ(コラシオーネ)
 サラ・アグエダ(ダブルハープ)
 ペドロ・エステバン(打楽器)

アントニオ・ヴァレンテ(生歿年不詳、1565~1580頃活躍)
1) ファンタジア
2) パッソ・エ・メッツォの主声部とラ・ロマネスカ(ヌニェス編)

ジャン[ジョヴァンニ]・ド・マック(1550頃~1614)
3) カプリッチョ

ルッツァスコ・ルッツァスキ(1545頃~1607頃)
4) 第2旋法によるリチェルカーレ

エルコーレ・パスクィーニ(1550頃~1620頃)
5) ルッジェーリの調べ
6) この別れにさいして、なお(原曲:シプリアン・ド・ロル)

ジョヴァンニ・マーリア・トラバーチ(1575頃~1647)
7) 酔狂な協和音

ジャン[ジョヴァンニ]・ド・マック
8) 第2ストラヴァガンツェ

ジローラモ・フレスコバルディ(1583~1643)
9) ドゥレッツェの技法によるカプリッチョ

ジョヴァンニ・マーリア・トラバーチ
10) 5声の第4ガリアルダ:スペイン風に

アスカニオ・マヨーネ(1565頃~1627)
11) 第5トッカータ

ジョヴァンニ・マーリア・トラバーチ
12) わたしは若い盛りのむすめ

ジョヴァンニ・サルヴァトーレ(1620頃~1680頃)
13) 第2のフランス風カンツォーナ

グレゴリオ・ストロッツィ(1617頃~1687頃)
14) 低音部のみによるソナタ ~チェンバロ、ハープまたはリュートのための

ベルナルド・ストラーチェ(生歿年不詳、1664年前後に活躍)/ヌニェス編
15) ラ・モニカの調べ(お母さま、わたしを修道女にしないで)

作曲者不詳(イタリア人、17世紀)/ヌニェス編
16) コラシオーネの調べ


(詳細&お求めはこちら→http://bit.ly/1np8NMi)

アルバム: 公開

お気に入り (0)

まだお気に入りに追加している人はいません。

コメント (0)

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。