ヘルプ

珠玉のヒンドゥー彫刻 Sophisticated sculptures

写真: 珠玉のヒンドゥー彫刻 Sophisticated sculptures

写真: 所変われば~ジョージア Camel pack 写真: サモワールとティーポット~イラン Samovar & teapot

南インドのマイソール郊外ソームナートプル(ソーマナータプラ)のケ―シャヴァ寺院の珠玉のヒンドゥ―彫刻。2017/02/05
Sophisticated sculptures at Keshava Temple in Somanathapura located 35 km from the historic Mysore,India.

アルバム: 公開

お気に入り (26)

26人がお気に入りに入れています

コメント (18)

  • nekomama

    高貴な方達なのかしら・・・
    全員女性なのね。

    2017年10月13日 15:12 nekomama (39)

  • ちくら(chikura)

    nekomamaさん、早速のコメントありがとうございます。
    この五柱は、ヒンドゥーの神々であらせられて、胸の形から考えて女神様のようです。

    2017年10月13日 15:21 ちくら(chikura) (0)

  • BlackTiger

    ボリューム感満点の彫刻がインパクトありますね。
    マイソール・・~ 早口言葉みたいで難しい~^^;

    2017年10月13日 15:40 BlackTiger (211)

  • kaga

    とても繊細な美しい彫刻ですね。

    2017年10月13日 18:08 kaga (0)

  • samuo

    見事な彫刻ですね!

    日本では木の彫刻が多いような気がしますが
    石の彫刻つくるのは大変そうですね。

    2017年10月13日 20:34 samuo (20)

  • ちくら(chikura)

    BlackTigerさん、コメントありがとうございます。
    こういう彫刻が外壁にずらりと並んで壮観ですが、中にはかなり傷んでいるものもあります。
    インドの地名や寺院名は発音が難しくて覚えにくいです。

    2017年10月13日 21:35 ちくら(chikura) (0)

  • ちくら(chikura)

    kagaさん、コメントありがとうございます。
    kagaさんは目利きですね。ここの彫刻はとても洗練されていて芸術性が高いように思われました。外壁を埋め尽くす夥しい数の彫刻から被写体を探し出すのが大変です。

    2017年10月13日 21:40 ちくら(chikura) (0)

  • ちくら(chikura)

    samuoさん、コメントありがとうございます。
    ここはとても気に入って、彫刻を見ながら堂を何周か回りました。丁寧に見たらきりがありません。
    インドは石像ですね。ですから長持ちしますが、石によっては風化しやすい材質があるようです。
    エローラを代表するカイラーサナータ寺院は、100年かかって岩山から鑿で削り出した寺院ですから、それに比べれば、ここなど屁でもないような規模です。

    2017年10月13日 21:50 ちくら(chikura) (0)

  • パール

    ちくらさん、今晩は、ヒンドゥー彫刻とても細かく繊細な彫刻ですね~。石の彫刻ですから年数もかかっているでしょうね。洋服の飾りも、とても美しいです。

    2017年10月13日 22:38 パール (7)

  • 萩の郎女

    ヒンドゥーの彫刻を拝見すると、宗教の影響力は良くも悪くも計り知れないものがあるのだろうと想像します。

    2017年10月13日 23:20 萩の郎女 (0)

  • ちくら(chikura)

    パールさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
    今日は小雨がぱらついて、ちょっと寒いくらいでした。
    洗練された彫刻ですね。寺院の創建は1268年です。750年前、日本の鎌倉時代です。
    冠・瓔珞・腰飾り、いずれも凝ったデザインですね。

    2017年10月13日 23:36 ちくら(chikura) (0)

  • ちくら(chikura)

    萩の郎女さん、コメントありがとうございます。
    無信心な老鼠には、信仰心がよく理解できません。ちょうど今NHKの「ニュースチェック11」で放映している真っ赤な「カープ仏壇」も然りです(笑)

    2017年10月13日 23:46 ちくら(chikura) (0)

  • パール

    ちくらさん、今晩は、750年も前の彫刻その時代の有名な人達の作品なんでしょうね 修復も繰り返されたと思いますが、、綺麗に保たれていますね。
    ちくらさん、美しさに圧倒された事でしょうね


     ( 外を歩けば、キンモクセイの香りがいいですね~。)

    2017年10月14日 19:16 パール (7)

  • ちくら(chikura)

    パールさん、こんばんは。再コメントありがとうございます。
    当時の優れた職人達の匠の技ですね。きっと宮大工のようなグループがあったのでしょう。
    後世芸術家が個性を発揮した作品と違って、注文主の要求を叶えた作品ですが、だからと言って芸術家より劣っているというわけではありません。こうした作品が何よりの証拠です。

              *木犀の香に思い出すひと一人

    2017年10月14日 22:13 ちくら(chikura) (0)

  • ブンブン

    見事な彫刻ですね^^
    掘るのには時間が掛かったでしょうね・・・

    2017年10月16日 22:52 ブンブン (3)

  • ちくら(chikura)

    ブンブンさん、コメントありがとうございます。
    石は欠けやすいので、集中力が欠かせないでしょう。根気のいる作業です。こういう優れた彫刻を彫る匠があちこちいたわけですから、インドはすごい国ですね。

    2017年10月16日 23:41 ちくら(chikura) (0)

  • ばばっち

    すごい凝った作品ですねぇ
    職人さんの気合がつたわりますっ

    2017年10月28日 21:20 ばばっち (3)

  • ちくら(chikura)

    ばばっちさん、コメントありがとうございます。
    優れた匠の技を見せられた思いです。奈良にお住まいですから、仏教彫刻をご覧になる機会が多いと思われますが、これだけの物はなかなかないですね。

    2017年11月3日 11:51 ちくら(chikura) (0)

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。