ヘルプ

葩会茶会*口切や朱の色冴える壺飾 Tsubo Kazari

写真: 葩会茶会*口切や朱の色冴える壺飾 Tsubo Kazari

写真: 来年はトリ年!Year of the Rooster 写真: プーチンの顔に糞を塗る Thus Hated Putin

       ☆もみじ散る 京の二条の 茶会かな
京都二条で行われた葩(はなびら)会の茶会(立礼の茶事)の口切り茶事の壺荘(つぼかざり)。
Tsubo kazari (ornamental tea jar) at an informal tea gathering chakai ( tea gathering) held by Hanabira-kai in Kyoto.   2016/11/27

アルバム: 公開

お気に入り (23)

23人がお気に入りに入れています

コメント (10)

  • nekomama

    昔 お茶を習っていたけど忘れました。

    2016年12月18日 16:28 nekomama (39)

  • ちくら(chikura)

    nekomamaさん、早速のコメントありがとうございます。
    ここで口切茶事を行ったわけではありません。長緒を結ぶように勧められましたが、見本を見ただけで無理とわかったので遠慮しました。機会を見て再開されては如何ですか。

    2016年12月18日 20:18 ちくら(chikura) (0)

  • さといも

    何やら曰くがありそうなツボですね。

    2016年12月19日 20:43 さといも (3)

  • ちくら(chikura)

    さといもさん、コメントありがとうございます。
         *口切や南天の実の赤き頃 (夏目漱石)
    茶道では、新茶を入れて目張りしておいた茶壺の封を切ることを口切といい11月頃に行います。葩(はなびら)会でもすでに口切を済ました茶壺をこの日の茶会に披露しました。

    2016年12月19日 22:04 ちくら(chikura) (0)

  • ひげだいら

    勉強になります。
    知らない事ばかりです。

    2016年12月21日 09:57 ひげだいら (6)

  • ちくら(chikura)

    ひげだいらさん、コメントありがとうございます。
    同じく知らないことだらけです。茶会は、非日常的で新鮮な感じがしました。
    昨年11月末、滋賀県の「叶匠壽庵寿長生(すない)の郷」の会席料理の後で茶を振舞われました。1年ぶりでした。

    2016年12月21日 10:21 ちくら(chikura) (0)

  • 萩の郎女

    なかなか優雅な生活してますね。

    2016年12月24日 23:16 萩の郎女 (0)

  • ちくら(chikura)

    萩の郎女さん、コメントありがとうございます。
    優雅な生活とはほど遠い日々です。なにせ現役の頃、昼行燈などと呼ばれていたぐうたらですから。
         *短日の奢侈をさげすみ吝嗇も(飯田蛇笏)

    2016年12月25日 19:21 ちくら(chikura) (0)

  • 三つ峠

    俳句良いですね

    当地でもお茶壺道中なるものが有ります

    2017年1月4日 18:11 三つ峠 (12)

  • ちくら(chikura)

    三つ峠さん、コメントありがとうございます。
    大俳人飯田蛇笏は、三つ峠さんお住まいの山梨県出身でしたね。
    「お茶壺道中」とは、名前からして楽しそうですね。

    2017年1月4日 18:40 ちくら(chikura) (0)

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。