Help

アーモンドアイ(5回東京8日 11R 第38回 ジャパンカップ(GI)出走馬)

  • 6
  • 77

Photos: アーモンドアイ(5回東京8日 11R 第38回 ジャパンカップ(GI)出走馬)

Photos: ブラストワンピース(5回中山8日 11R 第63回グランプリ 有馬記念(GI)出走馬) Photos: レイデオロ(4回東京9日 11R 第158回_天皇賞(秋)(GI)出走馬)

撮影場所:東京競馬場(東京都府中市日吉町1番1号)

撮影日時:2018年(平成30年)11月25日(日)午後3時00分頃

撮影地の天気:晴

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-HX90V

その他:この馬のパパは古馬になった後で2012年(平成24年)の中山のスプリンターズステークス(GI)や2013年(平成25年)の安田記念(GI)等を岩田康誠騎手騎乗で勝つなどGIを6勝し2014年1月に引退・種牡馬入りしたロードカナロア、ママは2006年(平成18年)の淀のエリザベス女王杯(GI)を優勝したフサイチパンドラ、パパのパパは2004年(平成16年)のNHKマイルカップと日本ダービーの2つのG?を優勝するも、天皇賞(秋)直前に右前浅屈腱炎を発症し同競走を回避、引退を余儀無くされたキングカメハメハ、パパのママは2001年(平成13年)の中京のマラヤンレーシングアソシエーショントロフィー(900万下)を勝ちデビューから引退までの通算成績24戦5勝のレディブラッサム、ママのパパは競走馬時代は米国で調教され1989年(平成元年)のケンタッキーダービーをはじめ重賞を7勝するなどの活躍し引退後に日本で種牡馬に登録されるも2002年(平成14年)に黄泉の国に旅立ち種牡馬登録を抹消されたサンデーサイレンス、ママのママは一度競走馬に登録されるもある事情でデビューを断念・日本で繁殖入りしたロッタレースである。主な勝鞍は2018年(平成30年)の淀のシンザン記念(GIII)、仁川の桜花賞(GI)、府中の優駿牝馬(オークス)(GI))、淀の秋華賞(GI)、このレース(第38回 ジャパンカップ(GI))である。次走は海外遠征で、ドバイターフまたはドバイシーマクラシックを予定しており、日本ではインターネットおよびUMACAのみで馬券が購入できる。

Albums: Public

Favorite (6)

6 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.