ヘルプ

キタサンブラック(4回東京9日 11R 第156回 天皇賞(秋)(GI)出走馬)

  • 3
  • 102

写真: キタサンブラック(4回東京9日 11R 第156回 天皇賞(秋)(GI)出走馬)

写真: サトノクラウン(4回東京9日 11R 第156回 天皇賞(秋)(GI)出走馬) 写真: グランシルク(4回中山2日 11R 第62回 京成杯オータムハンデキャップ(GIII)出走馬) (1)

撮影場所:東京競馬場(東京都府中市日吉町1番1号)

撮影日時:2017年(平成29年)10月29日(日)午後3時08分頃

撮影地の天気:雨

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-HX90V

その他:この馬の父は2004年(平成16年)の中山のフジテレビ賞スプリングステークス(GII)を勝ち同年の中山の皐月賞(GI)に出走するも16着に終わったブラックタイド、母はシュガーハート、父方祖父はは競走馬時代は米国で活躍し引退後に日本で種牡馬に登録されるも2002年(平成14年)に重篤の蹄葉炎を発症し黄泉の国に旅立った(殺処分(安楽死)の処置が取られた)のを理由に種牡馬登録を抹消されたサンデーサイレンス、父方祖母はウインドインハーヘア、母方祖父は1993年(平成5年)と1994年(平成6年)のスプリンターズステークス(GI)を勝ったサクラバクシンオー、母方祖母は1994年(平成6年)の室蘭特別(900万下)を勝ったオトメゴコロである。主な勝ち鞍は一昨年の中山のフジテレビ賞スプリングステークス(GII)、中山のセントライト記念(GII)、淀の菊花賞(GI)、昨年の淀の天皇賞(春)、京都大賞典(GII)、ジャパンカップ(GI)、今年の大阪杯(GI)、淀の天皇賞(春)(GI)、このレース(天皇賞(秋)(GI))である。次走の府中のジャパンカップ(GI)とその次の有馬記念(GI)で引退し、引退後は北海道勇払郡安平町に位置する社台スタリオンステーションに移動し、年明けの2018年(平成30年)2月からの種付けシーズンから同施設において種牡馬デビュー(初年度産駒のデビューは種牡馬デビューから3年後の2021年)する予定。
[http://estar.jp/_photo_view?w=24899863]
[http://im39a.estar.mbga.jp/0/393/508032393.5000.jpg]
[http://photohito.com/photo/7263914/]
[http://photohito.com/photo/orgshow/7263914/]

アルバム: 公開

お気に入り (3)

3人がお気に入りに入れています

コメント (0)

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。