Help

ホワイトフーガ(1回東京8日 11R 第33回 フェブラリーステークス(GI)出走馬)

  • 1
  • 348

Photos: ホワイトフーガ(1回東京8日 11R 第33回 フェブラリーステークス(GI)出走馬)

Photos: 東京競馬場場内テレビ(東芝製 レグザ) Photos: グレープブランデー(1回東京8日 11R 第33回 フェブラリーステークス(GI)出走馬)

撮影場所:東京競馬場(東京都府中市日吉町1番1号)

撮影日時:2016年(平成28年)2月21日(日)午後3時15分頃

撮影地の天気:晴

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-HX60V

その他:この馬のパパは2001年(平成13年)のNHKマイルカップ(GI)とジャパンカップダート(GI)を勝ったクロフネ、ママはデビューから引退まで南関東地方競馬で活躍したマリーンウィナー、パパのパパは海外競馬で活躍し引退後に種牡馬として日本にやって来たフレンチデピュティ、パパのママはブルーアヴェニュー、ママのパパは1994年(平成6年)の中山の第46回朝日杯3歳ステークス(GI)(現在の朝日杯フューチュリティステークス)を優勝するも、1995年(平成7年)、全治1年以上の屈腱炎発症を理由に皐月賞を回避、そのまま引退し種牡馬登録され、その後腰痛を理由として2010年(平成22年)の種付けを最後に種牡馬を事実上引退(種牡馬登録は抹消されていない)し、第60回有馬記念(GI)翌日に不慮の事故で黄泉の国に旅立ったフジキセキ、ママのママはドバイソプラノである。主な勝鞍は2015年(平成27年)の川崎の関東オークス(GII)と大井の第5回JBCレディスクラシック(GI)、2016年(平成28年)の大井のTCK女王盃(GIII)である。この競走(第33回フェブラリーステークス(GI))は10着である。次走はまだ決まっておらず現在は放牧中。
[http://db.netkeiba.com/race/201605010811/]
[http://db.netkeiba.com/horse/2012105752/]

Albums: Public

Favorite (1)

1 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.