Help

花筵2

Photos: 花筵2

Photos: ゴジラの雲 Photos: 親指姫2

再度 編集して 投稿です!

公園の向こうにボールがありますね!

子供の表情がよくなったようです。

一応 前日投稿の写真は残しておきます。

Albums: Public

Tag:

Favorite (4)

4 people have put in a favorite

Comments (8)

  • しっぽな

    凄いなぁ、花びらの筵!

    子供が居るから、なおいい!
    奥のボールも、子供たちが走り回ったのかな、と想像が膨らみます。

    トリミングは、私もやりたい放題よ(爆)
    あのリスだって、トリミングのお陰で少しだけでも迫力が出たのかなと思っています。
    私のコンデジズームでは、野生動物の接近写真は、ほぼ無理ですから。

    他にもいろいろやってます。
    加工作業は、自分の思いを込める作業でもあると思います。
    設定を工夫しても、カメラのレンズが、必ずしも見たままを捉えてくれるわけではありませんので、実際の風景を心に焼き付けて、パソコンで再現出来ないか、と挑戦するのです。
    そのために、その時の風景は一生懸命見ておきます。

    なかなか上手くできませんけれど・・・

    それでも、どんなに加工をしても、撮ったままの画像が最高と思える時は、
    やっぱり嬉しいですけどね。

    04-05-2013 15:18 しっぽな (3)

  • かず(スーパー多忙なぅ…)

    桜絨毯が凄いですね♪
    ウチの近所のはもうグチャグチャで写真の材料にはなりませぬ(^◇^;)

    04-05-2013 20:41 かず(スーパー多忙なぅ…) (19)

  • 雪のんの

    しっぽなさん
    助言 ありがとうございます。
    カメラって、表現の一手段なんですね。
    目でみたように写るとは限らない
    それに近づけてみたり、心の目も動員して、
    創作もあり  ですね!

    ピアノも、作曲家の時代のピアノの表現に固執しなくてもいい
    って、私の師匠は、よくいいます。(だよね?師匠)
    だって、そこに自分の個性を加味するのですから、
    人によって演奏は違うわけですから!
    なんて、墓穴を掘らないうちに やめておこう!

    04-05-2013 23:23 雪のんの (6)

  • 雪のんの

    かずさーん
    お帰りなさい!

    写真は、一期一会
    今日は、赤い蕊がいっぱい落ちていました。
    そして、小学生が遊んでいましたよ!

    04-05-2013 23:31 雪のんの (6)

  • 白石准

    ええと、呼ばれたので書きますが(爆)、作曲家の時代の楽器の表現は好奇心を持って想像したり、体験出来るときに体験した方が良いが、18世紀の音楽は18世紀の楽器で弾かねばならぬ、という主義の人達には気持ちは分かるが、僕のフィールドでは、「正統的な芸術」を表現するエヴァンゲリストではなく、「そこにある楽器」で「そこにいらっしゃる人」の為に弾く「芸人としての義務」があるから、現代のピアノで弾くなんて「時代考証を正しくして、芸術のあるべき姿を実践している人達」に本物ではないと思われても、そこで忘れがたき時間を作るように頑張るという意味で、固執する必要はない、と云っているので、全く昔の楽器への興味を持つ必要がないという意味ではないですよ(爆)

    04-09-2013 00:17 白石准 (40)

  • 雪のんの

    belokamenskyさん

    はーい!わかりました。

    音楽と、カメラ 共通することがいっぱいあります。
    楽しいです。

    04-09-2013 01:11 雪のんの (6)

  • なお

    桜の絨毯、子どもたちも楽しそう!

    04-12-2013 07:03 なお (32)

  • 雪のんの

    なおさん

    子供が入ると、雰囲気が変わりますね!

    04-12-2013 10:25 雪のんの (6)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.