Help

JR北海道・日高本線、勇払駅

  • 1
  • 699

Photos: JR北海道・日高本線、勇払駅

Photos: JR北海道・日高本線、鵡川駅 Photos: JR北海道・日高本線、様似駅

勇払(ゆうふつ)駅

大正2年、三井物産の専用馬車軌道を改修した苫小牧軽便鉄道の駅として開業。

当時は軌間762mmの軽便鉄道だった。
昭和2年に国有化、昭和4年、改軌。

昭和37年、苫小牧西港建設工事のため、浜厚真-苫小牧間の経路変更、現在地へ移転。
従来の駅は、海岸線に近い所にあった。

元々は王子製紙の原料輸送目的の鉄道だったが、戦時中に日本製紙の苫小牧工場が進出し、出入りする貨物が多かった駅

駅舎は昭和37年の移転時に建てられた、鉄筋コンクリートブロック造。
ひろい駅務室が規模の大きな駅だったのを思わせるが、現在は無人駅。
駅舎から遠く離れたホーム、無駄に長い地下道は、かってヤードがあった証。

駅名の由来はアイヌ語の「イ・プッ(その入り口)」から。
勇払原野の勇払川・安平川の河口の意味か。

Albums: Public

Favorite (1)

1 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.