ヘルプ

ы [編集]哲学 →...

  • 316

写真: ы  [編集]哲学 →...

写真: Й  [編集]脚注 →... 写真: ккк → ккк  ...

ы


[編集]哲学 → [editing]philosophy

強いAI(StrongAI)とは、人工知能が人間の意識に相当するものを持ちうるとする考え方である。 → Thestrong AI(Strong AI)isaway of thinking to be able to havethething that artificial intelligence is equivalent to human consciousness.

強いAIと弱いAI(逆の立場)の論争はまだAI哲学者の間でホットな話題である。 → Thedebate of strong AI and weak AI(reverse viewpoint)isthetopic that is still hot among AI philosophers.

これは精神哲学と心身問題の哲学を巻き込む。 → This rolls up mental philosophy and philosophy oftheissue of mind and body.

特筆すべき事例として、ロジャー・ペンローズの著書『皇帝の新しい心』と、ジョン・サールの「中国語の部屋」という思考実験は、真の意識が形式論理システムによって実現できないと主張する。 → Asanotable example, abook of Roger Penrose insists that"thenew heart oftheemperor" andthetheory called"theroom of Chinese" of John Searle cannot realize true consciousness byaformal logic system.

一方ダグラス・ホフスタッターの著書『ゲーデル、エッシャー、バッハ』やダニエル・デネットの著書『解明される意識』では、機能主義に好意的な主張を展開している。 → On the other hand, abook of "ゲーデル,Escher,Bach" and Daniel Dennett "is elucidated consciousness",andabook of Douglas ホフスタッター presentsafavorable claim in functionalism.

多くの強力なAI支持者は、人工意識は人工知能の長期の努力目標と考えている。 → Much strong AI supporters regardtheartificial consciousness asalong-term challenge oftheartificial intelligence.

また、「何が実現されれば人工知能が作られたといえるのか」という基準から逆算することによって、「知能とはそもそも何か」といった命題も立てられている。 → In addition, theproposition that "in the first place what is withtheintelligence" is put up byastandard "what can tell that artificial intelligence was made if come true" by counting it backward.

これは、人間を基準として世の中を認識する、人間の可能性と限界を検証するという哲学的意味をも併せ持つ。 → Ihave both human possibility and philosophical meanings to inspectalimit that this is based onahuman being and recognizestheworld.

更に、古来「肉体」と「精神」は区別し得るものという考え方が根強かったが、その考え方に対する反論として「意識は肉体によって規定されるのではないか」といったものがあった。 → Furthermore, theway of thinking calledthething thatIcould distinguish"thebody" and"themind" from ancient times was deep-rooted,but there wasathing, "theconsciousness might be prescribed asanargument fortheway of thinking bythebody".

「人間とは異なる肉体を持つコンピュータに持たせることができる意識は果たして人間とコミュニケーションが可能な意識なのか」といった認識論的な立論もなされている。 → Theepistemology-like argument whether "istheconsciousness that communication is possible withahuman being as fortheconsciousness that can keep it toacomputer havingthebody which is different fromahuman being as expected" is done.

この観点から見れば、すでに現在コンピュータや機械類が意識を持っていたとしても、人間と機械類との間では相互にそれを認識できない可能性があることも指摘されている。 → Seeing from this point of view, Ihave already had thatImay not recognize it mutually pointed out betweentheinstrumentation withahuman being even ifacomputer and instrumentation had consciousness now.


[編集]SF作品における人工知能 → [editing] theartificial intelligence intheSF work

詳細は「フィクションにおける人工知能」を参照 ことSF作品における人工知能の役割は、映画「2001年宇宙の旅」に登場するHAL9000に代表されるような、時には人間のよき友人となり、時には人類の敵にさえ成り得る存在として描かれる。 → It is sometimes picturedthesometimes human good friend personality that "artificial intelligence inthefiction" is represented to HAL 9000 thatamovie appears on"thetrip to 2001 space" as fortherole oftheartificial intelligence intheSF work, also known asthereference as forthedetails in evenanenemy ofthehuman astheexistence that it can be.

これら作品内で登場する人工知能は完全に人間の替わりとして動作できるものであるが、あくまでプログラムで動作しているにすぎず、人間のような感情を表立って表現するものは稀である。 → Theartificial intelligence coming up in these works can completely work asahuman substitute,butIwork byaprogram to the last,andthething whichIbecome public,and expressesthefeelings likethehuman being is rare.

ただし感情表出の表現方法をプログラムに組み込めば、人工知能があたかも感情を持っているように人間に錯覚させることは可能である。 → ButIcan letahuman being get an illusion so that artificial intelligence has feelings ifIincorporateanexpression method oftheexpressiveness inaprogram.

また、あくまで機械にプログラムするというイメージからか、有機体(バイオテクノロジー等を利用した人工生命体。 → In addition,fromanimage programing toamachine to the last,organic(anartificial living entity using biotechnology.)

映画「エイリアン」や「ブレードランナー」に登場する)などは人工知能とは呼ばれていないことが多い。 → )appearing for movie "alien" and "Blade Runner" is not often calledtheartificial intelligence.

近年ではソニーピクチャーズ製作のSF映画「ステルス」に人工知能を搭載した架空の戦闘機が登場している。 → In late yearstheaerial fighter which put artificial intelligence onanSF film "stealth bomber" oftheSony Pictures production comes up.

このステルス戦闘機“エディ(E.D.I.)”は当初は従順かつ正確に任務を遂行するための自動戦闘システムの一部に過ぎなかったが、ある些細な事件をきっかけに自我を持つようになり、ついには自らの意思で指揮系統を離脱し暴走を始めてしまう。 → This Stealth fighter "Eddie"(E.D.I.)was only some automatic battle systems to accomplishaduty obediently and exactly at first,butIcome to have self triggered by a certain trifle matter andIleaveachain of command for at last own intention and begin reckless driving.

人間に対するコンピュータの反乱という点ではHAL9000と同様だが、「不具合が原因で命令に応じない」HAL9000に対し、暴走後のエディは「人間からの命令を無価値なものとして却下し、拒絶する」というエゴイズムにも似た(偶発的に発生したものではあるが)思考ルーチンを有する事が最大の特徴といえる。 → But it may be said that it isthegreatest characteristic to havethethought routine that resembledtheegoism "thatIrejecttheorder fromahuman being asavalueless thing,and Eddie afterthereckless driving refuses"(thething which grew accidentally)for HAL 9000 which "does not acceptanorder for malfunction" like HAL 9000 atthepoint calledtherevolt ofthecomputer forthehuman being.

また、2008年のアメリカ映画「イーグル・アイ」に登場するAIは、合衆国憲法を文字通りの意味で解釈し、現行政府が憲法を逸脱した存在と判断したため、反逆を起こした。 → In addition, Iwoke up treason because it wasaliteral meaning and interpreted Federal Constitution,andtheact government judgedtheAI which came up toanAmerican film "eagle eye" of 2008 withtheexistence that deviated fromaconstitution.

これは、「当初与えられた指示の通りに行動しているものの、それを拡大解釈しかねない」というコンピュータへの認識を表している。 → This expressestherecognition toacomputer "to have possibilities to give a broad interpretation of it althoughIact according to instructions given at first".

これに似た例としては神林長平のSF小説「戦闘妖精・雪風」における、傍から見れば暴走しているように見える人工知能が、実際は人間に組み込まれた「敵を倒せ」という存在意義にしたがって行動しているだけであり、それの効率的な遂行に邪魔な障害(すなわち人間)を排除しているだけであった…という物がある。 → Actually, Ionly acted according tothesignificance of existence "to defeatanenemy" incorporated inahuman being,andtheartificial intelligence thatanSF novel of Chohei Kanbayashi seemed to take charge foranexample like this seeing fromtheside in"abattle fairy, thewindblown snow" only removedanobstacle(i.e., ahuman being)to interfere for its effective accomplishment

またジェイムズ・P・ホーガンは「未来の二つの顔」において、反逆は論理的に起こりうるが単に学習不足による一過性の問題であると主張した。 → There isaという thing.

ほかには映画ターミネーターシリーズに「スカイネット」が、ゴルゴ13シリーズに「ジーザス」が登場する → In addition, thetreason was possible logically,but insisted ontheJamesPhogan in "two future faces" when it wasatransient problem bythelack of merely learning.

→ "Jesus" appears for 13 Gorgon series "sky net" forthemovie terminator series elsewhere.

http://twitter.com/earom8Ealeana

アルバム: 公開

お気に入り (0)

まだお気に入りに追加している人はいません。

コメント (0)

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。