Help

2018_0324_160637 鯖街道口 大文字山を背景に

Photos: 2018_0324_160637 鯖街道口 大文字山を背景に

Photos: 2018_0324_161316 抜け駆け Photos: 2017_1125_165047_出町柳の鴨川デルタ

京都府は日本海側で海に接していますが古来の「京の都」には海はなく、外海で採れる魚介類は日本海側の若狭湾から山を越えて運ばれました。
特に福井県の小浜から琵琶湖北部の山地を超えて京都に至るいくつかの街道は鯖の行商人が多かったので鯖街道と呼ばれます。若狭街道、鞍馬街道、雲ケ畑街道などいくつかのルートがありますがどのルートも京都市内の起点はここ出町柳になります。

そういった経緯で今でも出町柳周辺には鯖寿司の名店が多くあります。

Favorite (9)

9 people have put in a favorite

Comments (12)

  • 鯖街道は”ちりとてちん”で知りました~♪

    03-25-2018 08:52 unsubscribed user

  • キューチャン

    toraさん
    ☆とコメントありがとうございます。
    福井県は北陸地方に属しますが若狭湾沿いだけは「福井県嶺南地方」として近畿地方の天気予報でもカバーされています。
    山向こうとは言え距離は意外と近く行商人は丸一日で京都まで
    鯖を届けたといいます。

    03-25-2018 18:31 キューチャン (33)

  • キューチャン

    B707B787さん
    ☆ありがとうございます。

    03-25-2018 18:33 キューチャン (33)

  • キューチャン

    トキゾウさん
    ☆ありがとうございます。

    03-25-2018 18:35 キューチャン (33)

  • みなみたっち(休み休み)

    京都なのに「鯖寿司」が多いのでなんでかな?と思っていました。

    03-25-2018 21:10 みなみたっち(休み休み) (75)

  • キューチャン

    westhisaさん
    ☆ありがとうございます。

    03-26-2018 01:12 キューチャン (33)

  • キューチャン

    みなみたっちさん
    ☆とコメントありがとうございます。
    私なんかはごく近年までは鯖寿司は全国的なものと思っていましたがどちらかというと西日本のものなのですね。
    昔ははるばる日本海から運ばれる高級食材であったでしょうけれど今はノルウェー産とかいっぱいあるので気軽に食べられる食材ですしね。
    ウチのおふくろは京都人で背の青い魚を食べるとじんましんが出るアレルギー体質の気があるくせに鯖寿司が大好物で,見てると「河豚は喰いたし命は惜しし」に匹敵します。痒くなるかも、といいながら懲りずに鯖寿司を食ってます。
    また、嫁のルーツの丹波篠山も穀類は有名だが海の幸には恵まれない土地柄で、やはり京都と同様保存食の一種である鯖寿司を売っている昔ながらの名店がいくつもあります。

    03-26-2018 01:45 キューチャン (33)

  • トクさん

    鯖は大の苦手です。過去に数回のジンマシンに襲われましたもので・・
    いづうの鯖寿司や柿の葉寿司はダメです。
    落語のネタにある、「饅頭怖い」じゃないですが、鯖寿司を送り付けないで下さいね!

    03-26-2018 13:27 トクさん (21)

  • キューチャン

    トクさん
    ☆とコメントありがとうございます。
    鯖は体質に合う合わないあるみたいですね。うちの母が鯖アレルギーがあるみたいです。生まれつきアレルギーだとあまり鯖も好きにならないでしょうけど元々好物だったのにある年齢から急にアレルギーが出ると不幸ですね。
    他人事みたいなことを言ってますが自分の親がそうなので自分もなったらどうしようかと思います。鯖寿司は好きなのにねぇ。(>_<)

    03-27-2018 00:22 キューチャン (33)

  • 中古のふ

    僕は鯖アレルギーはないけど、青背の魚、特に鯖寿司は苦手でした、最近まで(^^ゞ
    この頃、味覚が変わったのか、食べられる、と云うか、好きになりつつあります。
    しかし、青背も含めて、お魚は庶民の中でも貧しい部類の層のワタクシにはお高い(T_T)

    04-10-2019 13:43 中古のふ (10)

  • キューチャン

    中古のふさん
    ☆とコメントありがとうございます。
    僕らが子供の頃はまだ肉類=高級食材という図式が強かったですがとうの昔ばなしです。随分と昔と感覚が変わっていますね。
    お酒もそうで昔は洋酒=上等、焼酎=安酒みたいな図式もあって長年おふくろには「安酒は体に悪いから飲まんとき!」と強く言われたものですが何のことはない税金のからくりだけで体への良し悪しとは関係ないのが解ったのは酒税法が大改正されたときでした。洋酒でも安いものは安いし、焼酎は高いものは高い、となりました。しかも高いものはえてして口当たりもよくついつい飲み過ぎて体に優しいとも思えない・・・

    04-11-2019 01:25 キューチャン (33)

  • キューチャン

    カズさん
    ☆ありがとうございます。

    05-02-2020 18:27 キューチャン (33)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.