Help

チリ地震の津波が日本に到達 1960年5月24日

  • 2
  • 631

Photos: チリ地震の津波が日本に到達 1960年5月24日

Photos: ロバート・キャパが地雷に触れて爆死 1954年5月25日 Photos: 東京スカイツリー展望台が開業 2012年5月22日

【チリ大地震(1960年)】
1960年5月23日午前4時すぎ(日本時間)、チリ中部の都市バルディビア近海を震源とするマグ
ニチュード9.5という観測史上最大の超巨大地震が発生した。(現地時間:5月22日15時11分)
最大震度は、日本の気象庁震度階級で「震度6」相当とされている。


【津波】
これによって生じた大きな津波は、平均時速750kmの高速で太平洋を横断し,22時間半後の
午前3時ごろ、太平洋の真向かいにある日本列島沿岸に達した。
日本はチリから見て地球の真裏近くにあり、津波が収斂(しゅうれん)しやすい位置関係であ
ったため、他の太平洋沿岸地域と比べ被害が大きくなった。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
収斂:
複数の物が互いに異なる性質・指標などを持っている状況から変更・移行を起こし、同質化・
同等化・相似化(互いの性質等の差を無くす方向)に進み、散布的に位置していた複数の物
を一箇所に集める(集まっていく)こと。
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

5月24日未明、最大で6.1mの津波が三陸海岸沿岸を中心に襲来、日本の各地に被害をもたら
した。気象庁は、この津波をチリ地震津波(ちリじしんつなみ)と命名した。


【津波による被害】
被害の発生は北海道から沖縄に至る太平洋岸のほぼ全域に及んだ。
被害が大きかったのは、北海道,青森,岩手,宮城,千葉,三重,和歌山,高知,鹿児島の
道県および沖縄。
死者が特に多かったのは三陸リアス海岸の湾奥に位置する岩手県大船渡市と宮城県志津川町
だった。
津波の周期は50分ほどと長く,大船渡湾では、この長周期波と共振して波動が増幅され被害
が大きくなった。

津波は、日本への到着7時間前にハワイ島へ到達し死者61人などの被害を引き起こしていた。
その情報は米軍を通じて伝えられていたが,警報が出されたのは津波が日本に到達し、各地
から潮位の異常変化が報告されてきてからのことだった。これを契機として太平洋津波シス
テムに日本も組み入れられ,遠地津波に備える体制がつくられた。


【1960年のチリ地震津波災害(50年目の現地調査・2010年2月)より】

死者・行方不明:142名
負傷者:855名
建物被害:46,000棟
罹災者:147,898名
罹災世帯:31,120世帯
船舶被害:2,428隻
木材流失:19,290件
道路損壊:45箇所
橋梁流失:14箇所
堤防決壊 :34箇所












写真は、塩屋埼灯台近く(福島県いわき市平薄磯)
2011年3月11日に発生した東日本大震災での、津波に流され土台だけが残された民家跡で、
震災からは間もなく二年になろうとしている頃。
近くの学校の校庭には、まだ処理しきれていない瓦礫が山のように積まれていた。

復旧工事のため一時中止となっていた塩屋埼灯台の参観は、2014年2月22日に再開している。

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (2)

  • きしめん 百八

    三陸海岸は津波に襲われやすい場所で、3・11津波以前にも「ここまで津波が来た」という標識が各所に立てられていて、「え~っ!こんなとこまで!」と思うような内陸で見た時はビックリすると同時に、「高い防潮堤が出来てるから、今は大丈夫だろ」と思ったものです。震災の翌月に訪れた折には、その高い防潮堤が倒れて砕けていました。

    05-24-2015 23:16 きしめん 百八 (5)

  • 熊野牟 秀太

    あの震災の直後、ネットに配信された、津波から逃げ惑う車の列や破壊されてゆく街の様子の動画を見て涙がでました。あの人々は皆「まさか」と思っていたのでしょうね。この現場での撮影も、あの悲惨な状況にあった現場と同じ場所に立っているとは思えないほど「のどか」に感じる静けさがありました。

    05-25-2015 00:55 熊野牟 秀太 (16)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.