Help

平民社が『平民新聞』を創刊 1903年11月15日

  • 4
  • 991

Photos: 平民社が『平民新聞』を創刊 1903年11月15日

Photos: 三軒茶屋で地下電話ケーブルが火災 1984年11月16日 Photos: 鎌倉で火災。鶴岡八幡宮が焼失する 1280年11月14日

世の中の日露戦争を開戦しようとする動きや圧力に屈し、それまで非戦論を主張していた
『萬朝報』は社論を開戦論へと転換した。同紙の記者であった幸徳秋水と堺利彦(枯川)は、
これに異議を唱え、非戦論の主張を貫くために朝報社を退社。
社会主義思想の宣伝と普及を行うため、「平民社」を設立し、約一か月後に『平民新聞』
を創刊した。

平民社は、当時、幸徳秋水の住んでいた(現JR大塚駅北口広場)の借家を住居兼新聞社と
し、社会主義運動の中心組織となって活動を開始した。

同社『平民新聞』は週刊新聞として発行され、1903年(明治36)11月15日発行の第1号から、
1905年(明治38)1月29日発行の第64号まで刊行されたが、日露戦争非戦の主張は、官憲に
目をつけられることとなり、戦争終結( 1905年(明治38年)9月5日)後の、10月9日に
解散、その後も当局の激しい弾圧の中、再興、解散を繰り返した。

【幸徳秋水】
1871年11月5日(明治4年)9月23日 - 1911年(明治44年)1月24日
明治時代のジャーナリスト、思想家、社会主義者、無政府主義者。
大逆事件(幸徳事件)で処刑された12名の1人

【幸徳事件】
明治天皇を爆裂弾での暗殺計画が発覚、この事件をきっかけにして、多くの社会主義者、
アナキストに対して取り調べや家宅捜索が行なわれた。いわゆる「大逆事件」のひとつ
だが、一般に「大逆事件」とは、この幸徳事件を指すことが多い。
1910年(明治43年)5月25日に多数の社会主義者・無政府主義者の逮捕・検挙が始まり、
1911年(明治44年)1月18日判決。1月24日に11名が、1月25日に1名が処刑された。

1960年代に復権の動きが起こり、関係資料が発見されて事件の全容が明らかになった。
現在では、社会主義者を根絶やしにする弾圧を、政府が主導、フレームアップ(政治的な
でっち上げ)した事件とされている。





写真は、現在の大塚駅北口付近
北口広場から線路沿いに池袋方面へ向かう道は、緩やかなスロープとなっている。
この道と線路に挟まれた空間には、かつて一世を風靡した結婚式場(角萬)があった。
現在は、小さな「写真だけの結婚式場」や、チャペルが存在している。
スロープから右に目を向けると、ラブホテルが数軒見えた。
10年ほど前は、駅前に風俗店も多く犇めいていたのだが、今はどうなのだろう。

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (4)

  • 歴史の説明があるシリーズ好きです

    興味深く拝見させて頂いてます

    11-15-2014 18:52 unsubscribed user

  • きしめん 百八

    思想・言論の弾圧は太平洋戦争の前ぐらいの頃には激しいものとなり、「主義者」を取り締まるようになったらしい。共産主義者はもとより、平和主義者、自由主義者に到るまで、とにかく自分の主義主張を持つものは監視の対象となった。(と、憲法学の授業で教わりました。)

    11-15-2014 19:36 きしめん 百八 (6)

  • 熊野牟 秀太

    >EDDIEさん
    いつもありがとうございます。

    このアルバムは自分自身の勉強のために始めました。
    半世紀以上生きていても、世の中には知らないことばかり。
    「今日は何の日?」 は、歴史上の出来事と、自分の足跡の
    接点を見つけていく面白さがあって続けています。
    「知る事」って楽しいですよね。

    11-16-2014 06:51 熊野牟 秀太 (16)

  • 熊野牟 秀太

    >きしめん百八さん

    当時の空気を感じることはできませんが、たぶん国民の大半が「戦争」
    という熱に浮かされていたのでしょう。この頃、植民地主義や帝国主義
    は、日本だけのものではなく、世界的な流行をしていた。そこに、
    「戦争」の先に未来が開けるという大きなベクトルが出来てしまい、個人
    的な主義・主張は異端と見做され、弾圧も正当化されてしまったのかも
    しれません。
    もちろん、異を唱える人もいるのでしょうが、多勢に無勢。

    そして日本人は、この「流行」に弱い。
    これは、国民性のようで、今も変わらずに続いている。
    乗り遅れを嫌い、大きな波の中に皆と一緒にいる事を心地良しとする。
    これは、近年のバブルや、政権交代時の、あの辺な熱も同類のような
    気がします。

    11-16-2014 06:52 熊野牟 秀太 (16)

To make comments on artworks, click Login. User registration here.