ヘルプ

白豪寺

  • 1573

写真: 白豪寺

写真: 白豪寺界隈 写真: 白豪寺

新薬師寺の南東、高円山(たかまどやま)の中腹にある寺で、境内からの眺めがよい。
 この寺の草創は古く、霊亀元年(715)、展示天皇の第七皇子志貴(施基)皇子の山荘を移して、勤操(ごんそう)が開いた寺といわれ、岩(石)淵寺千坊の一院であった。
 その後、院が京都に移されると寺も衰えたが、鎌倉時代、叡尊(えいそん)によって再興され、さらにその後道照が、 唐から持ち帰った一切経をこの寺に納めたので、それ以来、一切経寺とも呼ばれたという。

アルバム: 公開

お気に入り (0)

まだお気に入りに追加している人はいません。

コメント (0)

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。