ヘルプ

at Rehearsal-3

写真: at Rehearsal-3

写真: at Rehearsal-4 写真: 女流Pianistでは御法度の構図(爆)

1は、http://photozou.jp/photo/show/1934405/225255296
2は、http://photozou.jp/photo/show/1934405/225255292
です。
2以下、今回の6まで、自分で弾いて居るので、撮影は、上記の1でViolinを弾いて居る若者です。(現像は私ですが)
自分の顔は、鑑賞に堪えないので、Low-keyにしました。(^^)v(以下同文)
左隣に続く。

アルバム: 公開

お気に入り (18)

18人がお気に入りに入れています

コメント (6)

  • 裕2525

    光の美しいモノクローム 黒のしまった作品と思います。

    2015年10月25日 17:00 裕2525 (114)

  • RigelNightBug

    気迫の伝わる一枚ですね。

    2015年10月26日 02:45 RigelNightBug (1)

  • 白石准

    裕さん、ありがとうございます。まあ、此処は、舞台上ですから、そういう意味で、Low-keyにすると、上から差している照明の照らしている範囲と、少々くらい客席がまったく暗黒になるのが良いです。

    というか、実際に本番になって、お辞儀をしに舞台上に出ると、舞台からはもちろん私の姿がはっきり見えているのですが、前方からの照明が眩しくて、そういう状況ですと、まったく客席の人たちを観る事が不可能なことが多いのです。
    演奏後「私に気づいた?」とか「手を振ったんだけど」とか言われても、困っちゃうのですね(爆)

    2015年10月26日 10:00 白石准 (40)

  • 白石准

    RigelNightBugさん、特に、鼻歌気分で弾ける曲では無かったので、伴奏合わせが始まる直前、必死こいて練習している姿を、そのヴァイオリンを弾く若い共演者に撮って貰ったんです。

    曲は、ブラームスのヴァイオリンソナタの3番です。重厚で心を揺さぶる名曲です。

    2015年10月26日 10:01 白石准 (40)

  • suf-5

    作業空間ですが、どんな事をイメージされてるのかとか色々想いを巡らされるいい作品ですね^^

    2015年11月1日 05:53 suf-5 (1)

  • 白石准

    suf-5さん、ブラームスの手の平の上で楽しくもあり、難しさと格闘している緊張感あり、まあ音楽をする喜びは、他に代えられないという所でしょうか、、。

    写真に比べたら、音楽もダンスも芝居もサッカーも一人の価値感では出来ませんから、強烈な自分の世界観を実現しようとしても、思い通りに行かないところもあれば、未知の価値感に自分が高揚させられることもあって、自分の価値感だけで、最後まで作るアマチュアの写真撮り(プロは違うとおもうが)の行動とそこが決定的に違うと思いますね。

    2015年11月1日 09:13 白石准 (40)

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。