ヘルプ

灘だんじり祭り2016年5月NO.63

  • 219

写真: 灘だんじり祭り2016年5月NO.63

写真: 灘だんじり祭り2016年5月NO.62 写真: みけちゃん03

☆町内会地区の風物詩【灘だんじり祭り2016年5月8日】☆
  恒例の「灘のだんじり祭り」が開催されました
 地区の順にだんじりが隊列を組み、灘のまちを巡行しました
 引き手、囃子手が半鐘や鉦、太鼓を打ち鳴らしながら
 練り歩く勇姿を見ていると心躍りましたが
 この楽しい優雅と迫力を伝えることが出来たかなぁ
 カメラ構えていたら混雑して押されながらの撮影だったので
 手ぶれした駄作ばかりの仕上がりになり残念でした
 地車(だんじり)、又は山車(だし)は元々氏子が収穫物などを
 神様への供物として神社へ運ぶための車でした
 震災後、5月の第3日曜日に、彫刻をほどこし提灯で飾った地車が
 一堂に会し巡行するようになりました
 この地区はだんじり同士のぶつけ合いや喧嘩を非常に嫌うのは
 阪神間の温厚な土地柄のためなのでしょうか
 粋で艶やかな女性が花を添えてくれて嬉しいですねぇ
この祭りは、平成7年の阪神淡路大震災の1年後に
 地車を保有する6地区(篠原・都賀・上野・五毛・畑原・八幡)が
 協力して「灘地車保存会」を結成し、平成8年5月に区内を
 合同巡行したことがはじまりです
 犠牲者の鎮魂と被害者への思いを込め、
 「復興祈願祭」として巡行されました
 毎年5月に各地区のだんじりが、灘区内を練り歩き
 綱を曳く子どもたちの笑顔に、毎年元気付けられています

アルバム: 公開

お気に入り (0)

まだお気に入りに追加している人はいません。

コメント (0)

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。

よく見られている関連コンテンツ