ヘルプ

4

写真: 4

写真: 1 写真: 3

プラネタリウムソフトステラナビゲーターによる製図です。

2040年9月8日 18時30分の西の空
※夕日の明るさをキャンセルしています

アルバム: 公開

お気に入り (1)

1人がお気に入りに入れています

コメント (2)

  • たまおじ

    あと24年ですか ちょっと厳しいな 孫に話しとかねば!?

    2016年1月15日 22:19 たまおじ (2)

  • martind35

    たまおじ様
    おはようございます。いつもありがとうございます。

    2033年前後にはしし座流星群がありますし、2035年には国内で皆既日食が見れます。私は意地でもそのどちらも見てやろうと思っているのですが、今回この2040年問題?を知って少なくともこれも見てやろうと思うことにしました。

    6000年後には木星が土星の前を通過する現象がありますし(日本では昼の現象になります)、12000年後のおり姫が北極星になったところも見てみたいのですが、さすがにこれらは無理でしょうかね?^^;。


    現実的なところでは、今年の8月28日前後に空で3番目に明るく輝いている金星と4番目に明るい木星が大接近するようです。

    夕焼けの中での現象になりそうですが、これからもこんな感じでコッソリと肉眼で楽しめる天体現象をアップするカモ知れませんので、また遊びに来てくださいね。

    2016年1月16日 09:14 martind35 (8)

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。