Help

本田親正(兄) 墓碑文 日置市文化財

  • 57

Photos: 本田親正(兄) 墓碑文 日置市文化財

Photos: 本田親直(弟) 墓碑文 日置市文化財 Photos: 庚申碑 吉満神社 鹿児島市

墓石の傍らに、野外説明掲示板。
漢文の勉強も兼ねて訳を試みました。
文語調ですが、白文よりは読み易いかなと思います。
間違いもあるかも知れません。参考まで。

---原文---
(正面)
慶応四年戊辰
本田親正之墓
七月十日
(向左)
本田親正通称吉左衛門親至之嫡子也[01]
為人質直而好義毎言 国家有事之曰[02]
竭力致身宜不墜祖先之名矣慶応三年[03]
丁卯十一月我  少将公奉    [04]
王命率軍護   禁闕親正蒙先鋒 [05](注1)
命為外城三番隊伍長先  公一月赴[06]
京師徳川慶喜悖   王命據大坂城[07](注2)
叛焉刻期大擧逼京師   朝議遣薩[08]
(背面)
長之兵拒諸伏見鳥羽翌年正月三日有[09]
征討   命即攻撃奮戦囂麋四起殺[10](注3)
声震天賊軍終敗移營扼之我軍善戦以[11]
寡撃衆連戦四日皆捷焉賊褫魂捨銃釈[12]
甲而東走親正自鳥羽至八幡屡破賊其[13]
功不少矣尋奥羽諸藩率叛再奉 [14]
命赴越後與賊戦破数塁越國半定而筒[15]
場村之塁據險設柵固守不抜晝夜攻撃[16]
(向右)
數旬其苦可知也親正羅病在病院六月[17]
十四日炮声頓軣耳乃不忍在蓐扶杖来[18]
冒危地翌暁傷于丸七月十日歿年二十[19](注4)
六葬于小千谷慈眼寺嗚呼親正見危授[20](注5)
命不食平生言能縄其祖先之武以顯父[21](注6)
母之名千載之下芳名不朽既忠矣又孝[22]
矣明治元年戊辰十二月朔日瘞遺物於[23]
雪窓院招魂云 己巳八月西郷隆永誌[24]

---試訳---
[01]本田親正は通称吉左衛門。親至の嫡子なり。
[02]人為(ひととなり)は、毎言直を質し、義を好む。
国家のこれに事有りて曰く、力を竭(つく)し、
身を致して、宜しく祖先の名を墜しめず。
[03]慶応三年丁卯(1867)11月、我が少将の公(島津茂久
すなわち忠義)は王令を受け、禁闕(皇居)護衛の軍を率いる。
[05]親正 外城三番隊伍長と為すの命で先鋒を蒙(おお)う。
[06]忠義公は、1月(1868)に京師(京都)に赴く。
[07]徳川慶喜は王命に悖(そむ)く。
大阪城に(據)たてこもり、刻期(期日)に叛(さから)い、大挙京師(京都)に逼る。
[08]朝議は、薩長の兵を遣わし諸(これ)を拒む。
伏見鳥羽にて翌年(1868)正月3日、征討有り。
[10]即(ただ)ちに攻撃との命令。
麋(おおじか)の鳴くような大声が4度起き、殺声が天を震わす。
[11]賊軍は破れ終わり、営(とりで)を移してこれを押ゆ。
我軍は寡を以って衆に善戦す。
[12]連戦は四日間、皆捷(すばやい)。
賊は気が抜け、銃を捨て、鎧をぬぎ、東走。
[13]親正は鳥羽から八幡に至りたびたび賊を破る。その功少なからず。
[14]率(したがう)か叛(そむく)かを奥羽諸藩に尋(たず)ぬ。
[15]越後に赴くの命を受る。賊と戦い数塁を破り越國を定むこと半ば。
筒場村の塁は険しきに柵を設け守り固く抜けず。
[16]昼夜の攻撃は数十日。その苦しみ知るべきなり。
[17]親正は病に羅(かか)り、病院に在り。
六月十四日の事。炮声にわかに耳に轟き、寝ていることも忍びがたく。
杖をたよりに危地を冒し来たり。
[19]翌暁、銃で撃たれ負傷。七月十日没。年二十六。
[20]小千谷慈眼寺に葬らる。嗚呼(あぁ)親正は危険に際して命を投げ出す。
平生より嘘を言わず。
[21]祖先の武をよく受け継ぎ、千載の下に父母の名を顯(あきら)かにす。
[22]芳名は朽ちず。既に忠なり孝なり。
[23]明治元年戊辰(1868)十二月朔日。遺物を埋め、雪窓院で招魂を行う。
[24]己巳(1869)八月 西郷隆永(隆盛)誌す。

参考

・注記
注1)禁闕:皇居
注2)京師:京都
注3)囂:かまびすしい,麋:大鹿
注4)傷于丸:は「銃で撃たれ負傷」の意。西郷特有の表現か。
  本田親直の墓、西郷吉二郎の墓にもあり。
注5)見危授命:危険に際して命を投げ出す(論語)
注6)食言:嘘を言う。
  能:刻字では"能"の異体字 つくりが"去"を用いる。(京都 本能寺の表札も同様)
  縄:受け継ぐ。

・闕字(けつじ)
 敬意を表す空白(ここでは天皇四字、皇居・朝議三字、
藩主二文字、国家・上からの命令一字)

・歴史背景
慶応3年10月14日 大政奉還
慶応3年11月13日 薩摩藩主・島津茂久を奉じ、兵約3,000名を率いて鹿児島を発す。
慶応3年12月 9日 王政復古の大号令
慶応3年12月25日 江戸薩摩藩邸の焼討事件
慶応4年 1月 3日~ 1月 6日 鳥羽・伏見の戦い(戊辰戦争)
慶応4年 4月11日江戸城明渡し
慶応4年 5月~ 7月 北越戦争(戊辰戦争)

・本田親正の新潟 船岡公園にある墓
https://web.archive.org/web/http://boshinsoutairoku.bufsiz.jp/funaokakouen2.html
 上から30番目に「本田吉左衛門墓」。

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.