ヘルプ

我が家の疲労回復メニュー

写真: 我が家の疲労回復メニュー

写真: ミントの花 写真: 隠して下さい

毎年秋に行われるダンスの大会の練習が始まりました。
昨年は疲労がたまって、両足の肉離れも起こしたり、
かなり過酷な状況での参加となりました。
体調を維持管理していくことの重要性をひしと感じました。
昨年の教訓を生かし、肉離れ対策としては、
練習後のストレッチを欠かさず、練習以外でも、
肉離れをおこしやすい場所の柔軟性を高める練習を意識的に行ってきました。
それに加え、激しい練習の疲労をとるために、
鶏のむね肉を常備し、毎日食べています。
鶏むね肉には、イミダペプチドという疲労を速やかに分解する成分が多く含まれていると、
ここ最近注目の食材です。
一日に100グラム程度を二週間とり続けると効果を実感できるそうですが、
実際に食べてみて、筋肉をはじめ全身の疲労の残り具合が違うと感じています。

問題は鶏のむね肉を毎日食べるということで、飽きてしまうという心配があります。
茹でてハムを作り、サラダや棒々鶏にしたり、薄くスライスしてしゃぶしゃぶ、
小麦粉と卵でピカタ、親子丼、オムライスの具材など、
調理の仕方を工夫しているので、今のところは飽きずに食べ続けられています。
今日の料理は薄く削ぎ切りにした鶏むね肉にお酒につけ、片栗粉をまぶして、
お湯でさっと茹でたものです。
鶏のむね肉は、茹ですぎると固くなるので、さっと茹でます。
冷蔵庫で二三日は保存出来ます。
温め直しても、しっとりと柔らかいのも持続します。
また、冷たいままでも美味しいです。
冷やし中華や素麺等にに乗せたりしても美味しいですよ。

アルバム: 公開

お気に入り (18)

18人がお気に入りに入れています

コメント (10)

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。