Help

3_焼く、冷やす、磨く

  • 50

Photos: 3_焼く、冷やす、磨く

Photos: 2_カーボン繊維を 金型に入れる Photos: 4_出来た 粗のスティックの検査

温度145℃、気圧10バールの高温高圧下で硬化させ、さらに数時間の冷却期間を経てから、粗のスティックは 初めて日の光を浴び、研磨されます。

(溶剤は 劣化の元となる成分ですが、ARCUSでは これがもともと少ないうえに 成型の過程で ほとんどが消散してしまい、同時に 高いカーボン純度を達成しています。 一挙両得な、独特の製法です。)

After curing at temperatures of 145°C and under 10 bar pressure, followed by a cooling period of several hours, the raw sticks see the light of day and undergo sanding for the first time.

Albums: Public

Favorite (0)

No one has added this photo to his favorite.

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.