Help

Community Threads

イルミネーション撮影③

  • Photos: クリスマスツリー
  • Photos: 〇&☆
  • Photos: キャンドル
今回はイルミの玉ボケについて説明させていただきます。

まず光の玉ボケはピンボケ状態で撮影すると簡単に作ることができます。
ですから主役の光と背景の光の距離が離れているほうが玉ボケを使った写真が撮りやすいのです。
デジイチの場合はなるべく明るいレンズ(Fの数字が少ない)か望遠系のレンズを使い、開放(そのレンズでF値を最小)あたりで被写界深度を浅くして撮影することをオススメします。

コンデジの場合はマクロモードを使うと玉ボケが発生しやすいかもしれません。

後ろボケの作例です。
手前にピントがきて遠い背景がピンボケなので玉ボケになっています。

Silent Night

前ボケの作例です。
奥にピントがきてますので手前がピンボケになり玉ボケになっています。

Christmas White

被写体そのものが遠い、主役と背景の距離が近いと玉ボケが発生しにくくなります。

金色のトナカイ

通常の撮影でボケを発生させる場合と考え方は同じです。
シャッタースピードが遅いことだけは注意してください。
以上のことを理解していただき撮影を楽しんでくださいね。
10-29-2010 ino (30)
Comments
  • 懇切丁寧なご説明有り難うございます。
    三脚撮影はやはりチョッと出先でという訳にはいきませんね(*^-^)
    楽しいので頑張ってみま~す。
    12-13-2010 18:03 unsubscribed user
  • ino
    > ネモフィラ 様
    ありがとうございます。
    楽しい気持ちで楽しいイルミを撮影しましょう。
    12-13-2010 23:57 ino (30)